pixta_21261895_M

商業出版とは|自費出版との違い

pixta_21261895_M

商業出版は、数ある出版形態の中でも長年主流とされてきた方法です。

本を売り上げ利益を得ることが主な目的となっており、発行した本は書店やネット通販を通して全国的に展開される場合がほとんどです。宣伝効果を求めて商業出版を試みる企業も少なくありません。

基本的に出版社側が費用のすべてを負担する商業出版と自費出版の違いや、それぞれの形式が持つ特徴を知ることで自分の出したい本がどんな出版形式に適しているかを把握しましょう。

 

商業出版とは?

商業出版とは、出版社が企画を立案し、著者が原稿を執筆して書籍を製作する最も一般的な出版形式です。

書店で売られる本の大半がこの方式で出版されており、長年にわたって主流とされてきた形式のため、商業をつけずに単に「出版」と呼ばれることもあります。印刷を終え製本された書籍は店頭に並び、全国の書店やネット上で展開されます。

商業出版の主な目的は本の売上と印税です。出版や制作に関するコストは主に出版社が負担するため、発行した本が売れ残り在庫が出た場合には出版社が赤字を抱える可能性が出てきます。そのため、読者が今どんな本を読みたいと思っているかを理解して「売れる本」を作ることが何よりも優先されます。

商業出版では企画の発案は主に編集者が行い、出版社が発売日を決定して著者が原稿を執筆します。

発行した本がベストセラーになった場合は、出版社はもちろん著者も売上に応じて印税収入を得ることになります。商業出版では、発行部数や書店での展開は出版社の主導で判断されることがほとんどです。

出版された本は全国の書店に大々的に展開されるほか、出版社の公式サイトや大手通販サイトを利用したネット通販などで広く販売されます。

 

商業出版の特徴は「利益を出す、売れる本を出すこと」

商業出版の最大の特徴は売上による利益を目的としていることです。出版社は本の製作に要される費用を負担するだけでなく、広告宣伝や買い取りに対してもコストを負うことになります。刊行した本の売上が芳しくない場合は書店からの返品が行われ、最終的には絶版という判断が下されます。

出版社が利益を出すためには本の部数を売り上げることが重要であり、最終的には売れる本を出版することがゴールとされます。そのため著者の意向よりも市場のニーズが優先される傾向があると言えます。読者に指示される内容を目指すため内容の面で制約を受ける場合もありますが、商業出版には著者側にも大きなメリットがあります。

 

商業出版のメリット

商業出版を選ぶ一番のメリットは、著者が費用を負担することなく本を出版できることです。出版社側がすべての費用を負担してくれるため、著者は無料で本を出版した上で原稿に対しての報酬をもらうことができます。

ネームバリューの高い出版社から本を刊行することでその分野の専門家として認知されるという利点もあります。企業が書籍を製作する場合、多くの書店に本が並ぶ商業出版は集客アップにつながるほか、効果的なブランディングの手段になり得るでしょう。

企業にまつわる情報を本という形でまとめる作業は、その企業固有の強みが何であるかを改めて発見する手助けになります。

また、本が売れることで印税での収入を得られるのも商業出版の大きなメリットです。

 

商業出版のデメリット

一方、商業出版を選ぶうえでのデメリットは、本を製作するにあたって完全に著者の意向が反映されるとは限らない点です。

商業出版はあくまでも売れる本を製作して利益を出すことが前提であるため、魅力的なコンテンツと言えるかどうかが厳しく判断されます。そのため出版のための企画を通すのは容易ではなく、読者のニーズに合わせて何度も修正が入ることによって著者が想定した通りの内容とは遠ざかってしまう可能性があります。

出版社が利益を出すためには当然ながら面白い本を作ることが重要であり、内容には一定の質が要求されます。そのため著者と編集者の間で執筆や校正といった作業を入念に行う必要があり、完成までに膨大な時間と労力が要されます。

また、商業出版された書籍は全国の書店に並べられ、多くの読者が広く手に取る本になります。そのため、もしもクオリティの低い本を出した場合は企業や商品のブランドイメージ低下につながる危険性もあります。

発行した書籍が大規模に展開される商業出版は効果的な宣伝手段ですが、その分大きな影響力を及ぼしかねないということを正しく理解しておく必要があるでしょう。

 

自費出版との違いとは?

商業出版は代表的な出版の方式ですが、これ以外の出版形態と言えば、よく知られているものに自費出版があります。

商業出版と自費出版の最もわかりやすい差異は、本を出版する際の費用を負担するのが誰かという点です。商業出版では主に出版社側が費用を負担するのに対し、自費出版では著者自身がすべての費用を負担します。

 

自費出版とは?

自費出版とは、文字通り自ら費用を負担して本を出版する方法を指します。企業が本を出版する場合は、出版社に直接依頼して本を作ってもらう形になります。出版社に企画を持ち込み、流通に関する作業や製本を代行してもらうことで誰でも本を作ることが可能となっているのが自費出版の大きな特徴です。

著者自ら企画を立案し原稿の執筆を行うだけでなく、装丁についても著者本人が決定することができるなど、内容の自由度が非常に高いのが自費出版のメリットです。

最低限の手直しはあっても編集者による大きな修正が行われることは少ないため、基本的には書いた文章がほぼそのままの形で出版されることになります。著者の思い通りの内容で本を出版できるのは自費出版特有の利点と言えます。レイアウトや発行部数などの要素を希望通りに決めることができるのは、商業出版とは大きく異なる特徴です。

一方で、個人がすべての費用を負担するため発行部数が限られるという側面もあり、商業出版と比較して本が書店に並ぶ機会は少なくなります。流通規模の小ささは自費出版を利用する場合のデメリットと言えます。

 

大きな違いは「費用を誰がもつか」

商業出版と自費出版の最大の違いは、出版に関する費用を誰が持つかという点です。制作のみならず宣伝についても出版社が費用を負担する商業出版に対して、自費出版では制作費や人件費などのコストを著者がすべて自力で支払うことになります。

商業出版では、著者が出版に関して費用を支払うことはほとんどありません。出版社によっては、在庫が残った場合の買い取り費用や広告宣伝に関する費用を著者側が持つ場合もありますが、これはまれなケースと言えるでしょう。

一般的には無料で本を出版できるほか、原稿料という形で報酬を受け取ることができます。本の売上の一部は印税として支払われるため、著者側が大きな利益を得られる可能性もあります。

一方、自費出版は誰でも自由に本を出版できる代わりにすべての費用を著者が負担する方式です。制作費用はもちろん、本を作る際は編集者への人件費も必要となります。

また、発行した本の在庫が発生した場合には、商業出版と異なり著者本人が在庫を買い取らなくてはいけません。商業出版では出版社が在庫を管理することになりますが、自費出版では著者自ら在庫を買い取って個人的に保管するケースが一般的です。

 

まとめ

発行部数が限定される自費出版に比べ、店頭やネット上で読者の目に触れる機会が多い商業出版は非常に大きな影響力を持っています。

読者からの評判を重視するため内容面の自由度こそ高くありませんが、出版社がコストを負って宣伝を行ってくれる商業出版は著者側に大きなメリットのある方法です。

出版を考えている場合は、それぞれの出版形式が持つメリットとデメリットを正しく理解し、自分の希望に適した方法を選ぶことが大切です。

【無料】出版サービス資料

出版マーケティングサービス資料
一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版にかかる費用や弊社のサービスについてより詳しく理解していただくために、資料を用意しました。

資料では弊社やお客様が実際に出版に取り組んで

・気が付いたら自分の本が出版できていた
・一緒にビジネスをやりませんかというお誘いを受けた
・興味を持ってくださる方が集まった
・仕事が広がった

といったように出版マーケティングの効果を実感していただいたサービスを紹介しています。

過去に出版した書籍の試し読みPDFも用意しておりますので、ぜひ貴社のビジネスの発展のためにお役立てください。
pixta_21261895_M
最新情報をチェックしよう!