電子書籍の出版費用|本の出版費用とここまで違う

電子書籍の出版費用|本の出版費用とここまで違う

電子書籍の出版費用|本の出版費用とここまで違う

個人が本を出版するとなると、以前は多くの費用をかけて印刷し本を出す「自費出版」しか手段がありませんでした。
ところが現在は、電子書籍での出版にすることで比較的手の届きやすい金額で本を出せるようになりました。スマホやタブレットが普及し電子書籍の利用者が多くなったおかげです。

電子書籍は登録して一度オンライン上に掲載されると、世界中の人の目に触れるチャンスがあります。
例えば写真集のように誰にでもわかる本であれば、世界中のファンを獲得する可能性が出てきます。

ここでは、電子書籍の出版費用や、電子書籍を出版するために必要なことなどを解説します。

 

 

電子書籍なら出版費用無料も

自分ひとりで本の原稿を仕上げることができ、インターネットにつながるパソコンさえあれば、ほぼ無料で電子書籍の出版ができます。
その一方で、完全原稿があっても印刷がされていなければ、印刷会社に依頼しなければならないため、高い費用がかかります。
当然、紙の本を出版するには印刷が必要だからです。

その点、電子書籍はデータの状態でインターネット上で販売できるため、本の形にする(印刷・製本する)費用がかかりません。
さらに、本としての現物が存在しないため、在庫を保管する場所や在庫管理費がかからず、ここでも費用を削れます。

また出版社から紙の本を発行すると、サイズや装丁、部数など条件にもよりますが、一般的に約100万円~の資金が必要です。

本の在庫を売切れなければ赤字になることもあります。

逆に反響が大きく自費出版した分が完売してしまえば、それ以上の売上はありません。再度出版する方法もありますが、また在庫を抱えることに不安を抱くこともあるでしょう。

電子書籍であれば、欲しい人がどれだけいてもダウンロードできるため、売上が伸びるのを止めることがないというメリットも持っています。

 

 

電子書籍の個人出版は儲かる可能性がある

印刷して本を出す場合、売上から印刷代を差し引いての利益となりますが、電子書籍の場合はそれがないため高い利益率を期待できます。
例えば出版社を通して電子書籍を出す場合、出版社によっては定価の70%を受け取れる契約になっているところもあります。
また、出版社の制作サポートを受けずにオンライン書店へ出した場合、80%の印税が入るというサイトも存在します。

実際に一般の主婦が電子書籍を発行して大儲けしたという事例もあるほどで、個人でも登録まで漕ぎつけることができれば、利益の大きな出版方法になるでしょう。

 

 

電子書籍の出版に必要なこと

紙の本の出版でなくても、本を出すためには準備することがたくさんあります。
以下に、電子書籍の出版を全て自分で行う場合に必要なことや費用を紹介していきます。

 

原稿の作成

電子書籍の出版にあたり、もっとも費用のかかるところは原稿の作成です。
パソコン購入時に入っているWordだけを使って原稿のすべての工程を仕上げるのであれば、費用はほぼ無料にすることもできなくはありません。
しかし、例え電子書籍であっても本にとっての表紙の印象はかなり重要なため、表紙の作成には手間や費用をかけた方が売上は伸びるでしょう。

見栄えのする写真やイメージに合ったデザインの表紙にしたいとき、自ら写真を撮ってPhotoshopで画像加工して原稿にできれば最低限の制作費用で済むでしょう。
それらの技術やソフトがない場合には、プロに依頼します。

希望するデザインのレベルや出来栄えにもよりますが、オリジナルデザインの表紙であれば5000円位からが相場です。
また、小説などの文章を電子書籍にしたいとき、執筆代行や校正を頼みたくなるかもしれません。
その場合は文字数や内容、校正の細かさなどによっても費用は変化し、要望が多いほど高くなる傾向にあります。

 

ISBNコードの取得

できあがった本を書店に流通させる場合はISBNコードの取得が必要です。このコードがついていれば書籍としてオンライン書店に並ぶチャンスがあります。
ISBNコードの取得は料金がかかりますが、コード一つの場合、1万円以下で取得可能です。
費用の他に登録手続きが必要で、出版者名・所在地・管理者情報を提供しますが、ここでの登録は本名を使います。
たとえペンネームで出版していても登録で本名が出てしまうため、名前を出したくなければISBNコード取得を法人で行うと良いでしょう。

 

原稿のアップロード

原稿の作成にパソコンを使っており、情報収集や素材集めなどでインターネットを活用していれば、ほぼ問題なく原稿のアップロードもできるはずです。
登録先にもよりますが、PDFなど、指定の形式でデータを用意するためのソフトは必要です。
無料から有料まであらゆるソフトが存在するので、自分に合った使いやすいものを利用しましょう。

 

 

出版社に依頼しても電子書籍なら安い

一般の個人が初めてする自費出版では、どれだけ売れるかは未知数です。
自分の記念として何冊か印刷できれば良く予算も十分ある人は別として、いくら出版した本を完売させたいと願っても、売れ残る可能性はあります。

そこで、予算を抑えて本をつくりたいが、読みたいと思ってくれる人たちには行き渡って欲しいという場合にも在庫の心配がない電子書籍は最適です。

自分で本の体裁を整えたり電子書籍の登録を行ったりすることが難しければ、出版社の力を借りる方法もあります。

 

出版社から電子書籍を発行する

電子書籍を自費出版するサポートを行う出版社もいくつかありますが、その際の契約内容は紙の本を出すときと似たものになります。
「本を電子書籍で出すと決めたけど、まだ形やサイズなどは決めていない」などという場合は、出版社に相談することで理想の本作りができるかもしれません。

ただし、一から全て相談してサポートをしてもらうとが当然費用も高くつくため、できるだけ自分で行うことで費用を抑えることができます。
とはいえ、デザイン料を節約するために知識・経験がない状態から全て勉強して形にするというような場合には時間がかかるうえ、良い見栄えになる保証もありません。
多少費用がかかってもプロに依頼できるところは頼んで、自分自身は執筆や他の部分に力を注いだ方が、より充実した電子書籍になると言えます。

また出版社によっては電子書籍の見積りだけでなく、印刷して本にした場合の見積りも併せて出してくれる場合があります。
同じ条件で大きく金額が変わるところを目の当たりにすると、電子書籍の費用の安さを実感するでしょう。

 

電子書籍出版代行サービスの利用

電子書籍を自分で発行すると費用は抑えられるものの、煩雑な手続きもすべて自分で行う必要が出てきます。
そのため電子書籍出版を代行するビジネスまで登場しているほどなので、手続き関係が苦手な人でもプロに依頼することで出版に漕ぎつけることができます。

代行サービス料は会社にもよりますが数万円ほどで、紙の本にしたくなった場合の原稿作成サポートが含まれたプランもあります。
電子書籍の反応が良く、紙でも出版したくなった際には嬉しいサービスです。

 

 

まとめ

費用を抑え在庫を抱える心配のない本の出版方法として、電子書籍は魅力的と言えます。
電子書籍は現在市場が拡大している途中なので、ライバルの少ないところは個人出版をして売上を伸ばせる可能性があります。

成長中の市場で状況が常に変化しているため、最新情報のチェックを怠らないようにしましょう。
状況に応じた電子書籍の出版を行えば、少ない費用で高い売上を出すことを期待できます。

 

[simple-author-box]

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG