自費出版で電子書籍を出版する工程と費用

自費出版で電子書籍を出版する工程と費用

自費出版で電子書籍を出版する工程と費用

プロの作家や有名な著者でない限り、自分の本を出すことは難しいイメージがありましたが、電子書籍の誕生により、誰でも自分の本を簡単に出すことが可能となりました。

しかし電子書籍にはネット上での書籍ならではのメリット・デメリットがあります。

また、出版するまでの手順も紙媒体とは異なった工程が必要とされます。

「人生に一度、自分の本を一冊でも出してみたい」と電子書籍での自費出版を考えている方は、是非チェックしておきましょう。

 

電子書籍を自費出版するメリット

重たい紙の本を持ち歩かずに済み、スマホやタブレットが一つあればいつでも気軽に読める電子書籍。

読書が好きな人にとっては大変便利なツールとなり、電子書籍市場規模は年々増加しています。

電子書籍は、本を読む人のみならず、自費出版で本を出したい人にとってもメリットがたくさんあります。

 

印刷費用がかからない

電子書籍はデジタルコンテンツでしか存在しません。

紙の書籍のように販売本数分の印刷を行う必要がないため、印刷代にかかる費用は0円です。

もし個人で紙の本を自費出版するとなれば、印刷代の他にも編集や製本などの作業工程代を入れると何百万円もかかるとも言われています。

電子書籍の場合には印刷にかかる費用などを削減できるため、個人でも気軽に出版できる仕組みとなっています。

 

 

在庫を抱える必要がないため、管理が楽

電子書籍は、物理的な在庫は存在せず、デジタルデータの管理で済むため在庫を抱える心配がありません。

紙の本の場合、印刷した分の冊数の売れ行きが悪ければ、本屋など店頭で売れ残った本は返却される可能性があります。

その場合、売れ残った分の冊数の在庫を全て自分自身で抱えなければいけなかったりもします。

また、予想以上に本の売れ行きが良かった場合でも、冊数不足で在庫切れを起こしてしまい機会損失に繋がる可能性もあります。

電子書籍はデジタルデータのため在庫切れをおこす心配もなく、何冊でも販売可能です。

一度出版すれば半永久的に売ることができると言ってもいいでしょう。

 

このように、電子書籍での自費出版は品切れや絶版、在庫を抱えるということに悩む必要がありません。

 

メリットだけではなく、デメリットも合わせて覚えておこう

紙媒体の本より電子書籍の方がメリットが大きいのではないかと考えるかもしれませんが、もちろんデメリットも存在します。

電子書籍での出版を考えているなら、メリットとデメリットをしっかりと比較しておきましょう。

 

デメリットの1つめには、「市場規模が小さい」のが挙げられます。

 

販売できる場所がデジタル世界のネット上に限られるため、基本的にインターネットを介してのみの販売となります。

店頭でしか本を買わないユーザーには売ることが難しくなります。

 

2つめは、「装丁や紙質にこだわることができない」ことです。

紙の本のように、表紙にエンボス加工を施したり、手触りの良い紙質にしてみたりは当然できません。

物理的な形として残せない電子書籍は、「装丁や紙質」にこだわりを持たせたオリジナリティーのある本を出すことができません。

自分が書き上げた本を手に取って、「本を出したんだ」という物書きとしての充足感を実感しにくいという面があります。

 

電子書籍作成の主な工程について

 

電子書籍ができるまでの大まかな工程を確認していきましょう。

 

 

【手順1】原稿の執筆をテキストファイルにて作成

文章がメインの電子書籍を作りたければ、テキストファイルでのデータが必要となります。

まずはテキストエディタなどで、電子書籍を作るための原稿データを作成します。

本のテーマや目的を決め、それに沿った内容を執筆していきましょう。

 

全ての文章を書き上げたら次はマークダウン記法で、

・見出し

・段落

・画像orリンク

・字下げ

などを指定していきます。

 

マークダウン記法とは

テキストエディタなどで、見出し・太字・リンクなどを簡単に装飾できる記法のことをいいます。

指定方法さえ覚えれば、誰でも簡単に使える大変便利な記法です。

 

電子書籍では、「見出し・段落・字下げ・画像orリンク」の4つを指定すれば十分です。

執筆が完了している方は、書きあげたファイルをアップロードするだけで済みます。

 

【手順2】デザインや本の内容に合わせた調整作業

電子書籍を自費出版する際に注意しなければいけないのが、本に挿入するイラストや、テキストフォントを決める作業が必要なことです。

出版社を介して本を出す場合と違い、本の表紙や中のデザインまで全て自分自身で案を練り、用意しなければいけません。

PowerPoint・Illustrator・Photoshopなどのソフトを使用して、イラストや画像を作成することが得意な方は自分自身で作成しましょう。

自分自身でイラストや画像の作成が難しい場合は、クラウドソーシングなどを介して、デザイナーやイラストレーターに作成を依頼しても良いでしょう。

 

 

【手順3】校正・校閲の作業

執筆した文章を、校正・校閲し、誤字脱字のチェックや間違い探しをする編集作業に入ります。

「校正」「校閲」はどちらも誤りを正すことですが、作業の目的が違います。

混同しやすいため、両者の違いを頭に入れておきましょう。

 

校正とは

文章内の文字を1字ずつチェックし、文字・文章の誤字や脱字などの誤りを正すことをいいます。

また、作成段階のコンテンツと原本である原稿を比べたり照らし合わせ、誤植を見つけたら正していきます。

 

校閲とは

表記ゆれをはじめ、文章の内容に事実関係の誤りがないか、矛盾が生じていないか、不快または不適切な表現はないかなどを隅から隅までチェックしていく作業です。

 

  • 文章や構成の中で矛盾が起きていないか?
  • 表現の誤りがないか?
  • 書かれているデータや地理が実際に正しいのか?

などの事実確認など、校正と違って徹底的に読んで幅広く確認していく作業となります。

 

校正・校閲の作業は書籍を出版する上で欠かすことができません。

この作業工程を怠ると、不適切な表現や誤字脱字が多い書籍を世の中に出して信頼を失ったり、最悪の場合だと金銭が絡むトラブルに陥る可能性もあります。

 

誤字や脱字、表記ゆれはもちろん、書かれている内容のエビデンスがはっきりしている書籍を出す意識を持つ必要があります。

 

【手順4】価格の設定~電子書籍サービスへの公開申請

販売価格・ロイヤリティは以下の2パターンから選べます。

  • 70%のロイヤリティを貰う
  • 35%のロイヤリティを貰う

 

「70%のロイヤリティを貰う」で設定した場合、1000円で販売すれば、手元に入る利益は

700円ということになります。

 

ただし「70%のロイヤリティを貰う」には以下のような制約があります。

  • 90日間は他サイトで販売できない
  • 販売価格が2.99ドル〜9.99ドル内である必要がある

 

販売価格が1ドル以下の場合は、「35%のロイヤリティを貰う」しか選ぶことができません。

 

販売価格・ロイヤリティの設定が完了したら、出版審査に進みます。

無事に審査を通過したら、48時間以内に出版開始されます。

 

 

電子書籍にかかる費用について

  • 個人で書籍を紙媒体で出版する場合。約200万円が基本
  • kindleで作成する場合、自力で原稿ファイル作成、登録を行えば初期費用はかからない
  • 代行の場合でもMAX10万円くらいとお得

 

電子書籍の出版にかかる費用は、原稿ファイルの作成〜電子書籍登録までの工程を全て自分自身で行えば0円です。

本の表紙や挿入イラストなどをイラストレーターなどに発注した場合はその費用がかかりますが、数万円程度で収まることがほとんどでしょう。

 

原稿作成以外の作業工程を電子書籍代行業者に依頼した場合もその分の費用がかかりますが、数万~10万円程度が相場です。

 

紙媒体の書籍を出版すれば自費でも約200万円が相場です。

紙媒体と比べると電子書籍は、費用がかかっても上限で約10万円程度で済むため、自費出版したいと考えている方にとっては非常にチャレンジしやすいと言えます。

 

まとめ

印刷代などのコストがかからず在庫を抱える心配がない電子書籍は、自費出版のハードルを下げるきっかけとなりました。

ですが、電子書籍にはデジタル上での販売となるため、販売規模が限られてしまうなどのデメリットもあります。

代行業者に依頼しても10万円程度と格安で済ませることができるので、自分の本を一度出してみたいと考えている方は電子書籍に挑戦してみてはいかがでしょうか。

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG