Vector brochure template with cityscape at night

カスタム出版とは? 自費出版との違い

Vector brochure template with cityscape at night

 

カスタム出版という言葉は、あまり聞き馴染みのない方も多いのではないでしょうか。

カスタム出版とは、企業が出版社に依頼して、自社の歴史や強みなどをまとめた本を出すことを言います。
会社について広く知ってもらうなどの様々な目的があり、出版社が企画編集する企業出版とは異なる特徴があります。

ここではカスタム出版を利用する目的や自費出版との違い、実用例などを解説します。

 

カスタム出版と自費出版の共通点・相違点

カスタム出版と自費出版はどちらも本を出す出版という点では同じですが、詳細については異なる点があります。
以下に、両者の間での共通点と相違点を紹介します。

 

費用負担はどちらも本を出したい側

自費出版の大きな特徴に、作者が出版の費用を負担する点があります。
これはカスタム出版も同様で、出版したい企業側が本を発行するために必要な費用を全て負担します。

 

流通範囲の広さが異なる

自費出版では本を広く流通させるかは作者次第であり、その規模も全国に限らずエリア限定の場合もあります。
同人誌のように、書店で流通させるためのISBNコードを取らずに発行する本も自費出版に含まれます。

その点、カスタム出版は企業の出した書籍を多くの人に見てもらう目的があり、広く流通させることを目指しています。
これは企業がブランディングやマーケティングのために自社に関する書籍を出版するからであり、読み手が企業のファンや見込み客になることを目的としています。

 

 

カスタム出版の実用例と費用目安

カスタム出版を扱う出版社では企業出版も行っているケースが多く、そこで得たノウハウをカスタム出版に活用しています。
以下に、企業がカスタム出版を行う際の具体的な例と費用の目安を挙げていきます。

 

ブランディングや宣伝に活用

企業が扱う事業モデルやノウハウを紹介したいとき、書籍にすると伝わりやすくなります。

創業者やトップの考え・哲学・ビジネスの手法などを本にすると多くの人に知ってもらえるだけでなく、その考えなどに共感したファンがつき顧客の獲得にもつながります。
商品やサービスの宣伝としても効果的で、出版社側が客観的な視点で書いた商品・サービスの説明は読み手に伝わりやすく、根強いファンの獲得も期待できるでしょう。

発行した本は社内で活用する手段もあり、例えば経営理念や戦略、企業ビジョンがまとまっていると、社員研修などで意識の共有と統一に役立ちます。
節目の年にはそれまでの企業の歴史をまとめた社史を発行し、周年事業として株主などへ配布できるほかた、社内でのコミュニケーションにも活用できます。

 

カスタム出版の費用目安

出版する本の装丁やサイズ、ページ数などにより費用は大きく変わりますし、依頼する出版社ごとに設定する金額は異なります。

あくまで一例としてあげると、四六判の200ページ弱の本を1000部発行した場合、おおよそ200万円弱の金額になります。
ひと回り大きいA5判になると200万円を超えてくることもありますが、本文にカラーページを入れるなど詳細な条件で金額は変化するため、事前に具体的な見積りを依頼すると良いでしょう。

 

 

カスタム出版の流れ

企業でカスタム出版することになったとき、まずは発行の目的や予算、期日をはっきりさせましょう。

出版社の公式ホームページを見ると、カスタム出版を受け付けている会社の多くがそれまでの実績を掲載しています。
あらかじめ複数の出版社をチェックして、どの会社へ依頼するか目星を付けておくとスムーズです。

 

見積りを比較検討する

本の形式はさまざまですが、何となくでも完成イメージがあるのであれば、まずは出版社にそれを伝えましょう。
例えば、「周年誌をつくることになった」以外何も決まっていなくても、出版社の実績を参考にするとちょうど良いものが見つかるかもしれません。

そのため、初めからひとつの出版社に決めてしまわず、相談は複数の出版社へ持ちかけることがおすすめです。
公式ホームページに連絡手段が掲載されているため、その方法に従って連絡を入れると見積りの相談ができるでしょう。

いくつか気になる出版社へ相談して見積りを出してもらい、必要な時期に間に合うかや予算に見合っているかなどの点から社内で検討し、依頼先を決めます。

 

依頼先と相談

出版先を決めたら編集担当と目的を共有し、内容やスケジュールを決めていきます。
事前打ち合わせには、編集担当のほかにライターなども同席して取材を受ける場合があります。

事業内容や理念の紹介など専門的な知識が必要な本であれば、出版社とつながりのある専門家との相談、イラストを入れたい場合はイラストレーターとの相談も必要に応じて行います。

 

契約後制作が始まる

相談の段階で費用が発生することはまずなく、見積内容を元に契約をして初めてカスタム出版の制作が始まります。
大きな金額の契約のため、内容を十分確認してから契約をしましょう。

編集制作が終わった段階と入稿・校正が終わった段階でチェックをしたのち、印刷製本されてできあがった書籍が手元へ届くという流れが一般的です。

 

 

カスタム出版を扱う出版社

専門情報誌やビジネス情報誌を扱う出版社から、児童書やエッセイを取り扱う出版社まで、あらゆる会社がカスタム出版を受け付けています。
企業のカラーに合った内容に仕上げてくれる出版社に相談し、企業のブランディングなどに役立つ本を作り上げましょう。
以下では、数あるカスタム出版が可能な出版社の中から、その一部を紹介します。

 

扶桑社

扶桑社は先進的で話題性のあるコンテンツを出版する企業で、週刊誌から皇室の話題を扱う雑誌まで幅広い取扱いがあります。
ジャンルや形態を問わず、膨大な情報の中から選りすぐって形にして売る人材とノウハウを備えているため、さまざまなジャンルの企業のカスタム出版を叶えてくれます。

紙の本の出版だけでなく電子書籍の形式にも対応しており、全国の書店への流通も可能。
公式ホームページにはカスタム出版の問い合わせフォームが用意してあり、相談することができます。

 

日経BP

専門情報を扱う書籍やムックなどのほか電子書籍も多数発行している出版社で、多彩な専門情報コンテンツが特徴です。
そして各分野に詳しい専門記者や編集者が在籍するほか、日経BP総研には企業の活動支援を目的とするより高度な専門知識を持った専門家が集まっています。
この点から、企業のカスタム出版には強い会社と言えるでしょう。

さらに長年の取材をもとにつくられた、社外の専門家・キーパーソンとのつながりがあることも強みです。

 

ポプラ社

絵本や児童書の出版で広く知られるポプラ社ですが、現在は実用書や小説など大人向けの書籍も幅広く扱っています。
そのため絵本や児童書のような優しい雰囲気のカスタム出版をしたいときに、最適な出版社です。
例えば、企業のイメージキャラクターを起用して絵本を作り広く宣伝したいとき、人気商品のキャラクターを使ったプレゼント絵本を作りたいときなどにおすすめです。

 

 

まとめ

カスタム出版は出版する側が費用負担する点で自費出版と同じですが、企業がブランディングなどを目的に行う出版の方法です。
制作目的や必要部数などにより費用は変化しますが、詳細は依頼先の出版社と相談すると分かりやすいです。

これからどんな目的でカスタム出版をするのかを具体的にし、イメージを自社内でまとめた上で出版社と相談すると理想の本づくりができます。
また、実績やノウハウの蓄積がある出版社を選ぶと、イメージを膨らませやすくなるでしょう。

 

【無料】出版サービス資料

出版マーケティングサービス資料
一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版にかかる費用や弊社のサービスについてより詳しく理解していただくために、資料を用意しました。

資料では弊社やお客様が実際に出版に取り組んで

・気が付いたら自分の本が出版できていた
・一緒にビジネスをやりませんかというお誘いを受けた
・興味を持ってくださる方が集まった
・仕事が広がった

といったように出版マーケティングの効果を実感していただいたサービスを紹介しています。

過去に出版した書籍の試し読みPDFも用意しておりますので、ぜひ貴社のビジネスの発展のためにお役立てください。
Vector brochure template with cityscape at night
最新情報をチェックしよう!