自費出版の注意点とリスク|知らないと後悔

自費出版で本を出版してみたいけれど、どうしたら良いのか分からない。

1度で良いから自分の本を出版してみたい。そう考えている方も少なくないのではないでしょうか。

特に小説やエッセイを書きだめている方ならば更にその思いは強い筈。

商業出版の場合には著名な作家でなければ出版は難しいかも知れませんが、自費出版なら本を作り、出版できます。

今回は、自費出版の注意点とリスクについて紹介します。

 

自費出版で本を作る時に注意しておきたいこと

自費出版をするにあたって注意しておくべきことは、高クオリティーを求めるあまり予算を大きくオーバーしやすいという点です。

見積もりを出してもらう際は、自分が準備できる限度額を設定してから、検討してもらいましょう。

他にも、収益に期待し過ぎてしまい思ったような実りが得られない場合があると予想しておく必要があることや、業者への依頼、契約内容を把握しておくことなどがあります。

収益が得られる前提だと思った実りが得られない場合も

自費出版で作成した本は、発行部数や求められる水準に達していないなどの理由から書店に置いてもらえない場合が多くあります。

理由は、書店に並べるには1000冊ほどの発行部数が必要であるためです。

また、宣伝や広告するにも自費で行わなければならず、書店に置いてもらえたとしても、出版にかかった費用を超えるだけの収益が出る可能性は低いと割り切っておきましょう。

ただし、昨今ではネットショッピングが盛んになっていますので、SNSやフリマアプリなど、さまざまな方法を使用して宣伝活動し、更に本を販売することも可能です。

ネットをうまく活用できれば、コストも削減でき、収益、p上げられるでしょう。

業者への依頼は「自費出版専門」だとより安心

出版社の中には、自費出版部門などが設けられていたり、自費出版専門であったり、サポートしてくれる出版社が増えつつあります。

自費出版を考えているのなら、そういったサポートのある出版社に依頼するのが相談なども出来るので良いでしょう。

しかし、自費出版専門の業者を選ぶ際には値段のみで決めてしまわずに、実際に相談して見積もりを出してもらうことがトラブルを回避するためにも重要です。

納得がいくまでしっかり、じっくりと考えることをオススメします。

業者との打ち合わせを行い、契約内容を把握しておく

出版を依頼する業者が決まったら、契約を交わすために打ち合わせをすることになります。

初めて本を出版する場合ですと、分からないことも多くあるかと思います。

契約を交わす前の段階の打ち合わせで、疑問に思うことや不安に思うことなど、自費出版に関する問題点は全て解決するようにしましょう。

さらに、何か要望がある場合にも契約を交わす前に伝えておくようにします。

契約後になると手遅れになっている場合があるためです。

また、業者と契約を交わす際には、しっかりと契約内容を確認し、ここでも分からないことがある場合にはどんどん質問し、問題を解決させておくことが大事です。

 

自費出版の前のトラブル対策  |手順ごとに

自費出版では、編集から流通、宣伝までの全ての費用を自費で行うことになりますので、自身の出版目的に合っている出版社かどうか、適切な予算の提案してくれるかどうか、担当者が信頼のおける人物なのかどうかなどをチェックする必要があります。

他にもチェックする項目がありますので、手順ごとに紹介します。

打ち合わせ

まずは出版社に相談したり、打ち合わせをしたりします。

その方法は対面や電話、メールなどさまざまです。

打ち合わせの際には、企画書や作品への感想などを求めることに気持ちが流れがちになりますが、契約を交わす前の段階である打ち合わせの間に、出版に関する疑問や不安をすべて解消させることが最も重要ですので、少しでも納得いかない部分や分からない部分がある場合は、忘れずに質問しておきましょう。

また、出版社に対しての要望もこの段階でしっかりと伝えておくことで、契約内容の理解や取り交わしがスムーズになります。

見積もり

本の価格は、同じページ数であったとしても、モノクロなのかカラーなのか、本の形状やサイズ、紙の種類やカバーの種類などによって価格が大きく変化します。

原稿の複雑さによっても手間が違ってきますので、一律の価格にする難しさがあるのです。

価格によるトラブルを回避するためには、どこかに変更や修正があった際、その都度見積もりを出してもらうことが、価格に関するトラブルの回避に繋がるでしょう。

申込み

いよいよ申し込みです。

出版費用の支払いは、全額前払いの出版社や、半金ずつの出版社、申込時に着手金10万円、残りは校了時に支払う出版社などさまざまです。

初めて本を出版する場合では、本の権利や在庫についての契約内容が盲点となってしまいがちになります。

自費で制作した本なのに、後々「本の権利は出版社にあります」とか、「売れ残った本は買い取ってもらいます」なんてことを訴えられては一大事です。

本の権利や在庫については曖昧にしておかずに、しっかりと内容を確認しておきましょう。

原稿提出~初校提出まで

イラストや写真などの画像データや原稿など、原稿一式を出版社に提出すると、契約内容やオプションなどによって、コーディネーターが誤字や脱字のチェックや文章の流れについてアドバイスしてくれます。

著者の希望に沿って本の仕様を固めていくのですが、なかなか言葉だけでイメージを伝えるのは難しい部分もあると思います。

そんな場合には、イメージに合った参考書籍なども一緒に提出しればスムーズにイメージを伝えられるでしょう。

美容院で写真を見せ、「こんな髪型にしてください」と伝える感じです。

原稿が整ったら、いよいよデザイナーが表紙や本文ページの制作を開始させます。

完成するまでには、おおよそ4週間かかります。

本の完成に向けた校正・修正

ここまで出来上がれば、後は本の完成に向けて納得のいくまで校正作業を繰り返すだけです。

希望した通りのデザインに仕上がっているのか、イメージ通りなのか、誤字や脱字、英数字の表記は一致しているのか、イラストや写真にズレはないか、見え方はどうかなど、細部にまで目を通して気を付け、しっかりとチェックしましょう。

この校正や修正の時には、原稿の修正をめぐって著者と編集者の衝突が多くなるタイミングでもあります。

お互いが真剣に良い本を作ろうとしているからこそ起こる衝突ですので、こうしたトラブルは避けがたく、ある程度ならば仕方のないことでしょう。

自分と編集者のどちらの意見を取り入れようかと頭を悩ませる機会も多いでしょう。

そんな時には、知人や家族などにも相談しながら、客観的な判断することを心がけましょう。

ここでのトラブルは、修正回数が決まっている場合や、有料の場合があるという所です。

校了後の印刷部数決め~残金支払いまで

「これで出来上がった、もう完璧だ」と納得が出来たら遂に校了となり、次の段階である印刷部数の決定となります。

印刷部数は、出版する本の目的によって変わりますので、必要部数に違いはないのか確認しましょう。

このタイミングで校了後に料金の支払いがある出版社の場合には残金を支払い、いよいよ最終段階の印刷です。

ここでの注意点は、部数が固定されていたり、前払い一括支払いの会社の場合だと、仕上がった本の出来栄えを見てから部数変更しようと思っても、出来ないという所です。

 

自費出版で本を作る前に必ず覚えておこう

自費出版で本を作成する時、費用にばかり着目するのではなく、自分がどのような本を作りたいのか、信頼できる出版社なのか、契約内容や本の権利、在庫に関することなど、注意するポイントが沢山あります。

本が完成するまでの道のりは長いので、出版社とのコミュニケーションは重要です。

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG