自費出版した本を本屋に置いてもらう方法

自分で書きあげた本をたくさんの人に読んで欲しい、そんな思いで自費出版する人も少なくないのではないでしょうか。

自叙伝や体験談であっても、本を一冊仕上げるためには膨大な時間を費やします。

苦労して書いた本を、本屋に置いてもらいと願う人も多いでしょう。自分の書いた本を少しでも多くの人の目に触れてもらいたい方は、本屋での適切なアピール方法や注意点を事前に知っておくことがおすすめです。

そもそも自費出版とは

「自費出版」とは、著者が費用を負担して出版する方法のことです。

出版方法にはもう一つ、出版社が著者に依頼をかけて執筆してもらう「商業出版」があります。後者の場合、出版にかかる費用は出版社負担となります。

本を制作する段階から負担額の多い自費出版ですが、本を出版した後を含め、全体的な利益も決して多いとは言えません。

自費出版の印税は数%~10%ほどで、特別大きなヒットが得られない限り、元を取るのは極めて難しいと言えます。

とはいえ企画に縛られず、自分の好きな内容を好きなように執筆できるのが自費出版の醍醐味。複数の中から好きな販売方法を選べるのもメリットです。

自費出版した書籍の販売方法

自費出版した書籍は、大きく分けて以下の5つの販売方法があります。

・委託販売

自費出版で本を販売するうえで、最も定番の方法です。

出版社に販売希望部数を伝え、製本から本屋への持ち込みまでお願いします。出版社が本屋への流通を行ってくれるからといって、必ずしも店頭に並ぶわけではありません。

本を置いてくれるかは書店の判断に委ねられます。ある程度大手の本屋に流してもらう方が置いてもらえる確率は高くなります。

・注文販売

注文販売とは、本屋からの「本を置かせてほしい」という要望を受け、印刷して出荷する方法です。

依頼を受けるほど名が知れているか、よっぽど話題性がなければなかなか実現しません。

はじめて本を出版する人にとってかけ離れた話に聞こえるかと思いますが、著書活動を続けていこうと考えているのであれば、知っておくと損はありません。

・書店に持ち込む

出版社を通さず、自らが本屋に趣き、本を置いてもらえるよう営業する方法もあります。

大手の本屋では難しいものの、小さな個人経営の本屋に目星をつけてあたってみてはいかがでしょうか。直接交渉することで、自分の熱量を伝えやすいメリットがあります。

また、もし本を置いてくれることになった後も、自分で売れ行きをチェックしやすいのもポイントです。

・イベント販売

その名のとおり、イベントで販売するというのも1つの手です。年に2回開催される同人誌即売会「コミックマーケット」での販売がおすすめです。このイベントでは著者が購入者の顔を見て、手売りができるのがメリットです。

本屋での販売だけに凝り固まらず、まずは自分の書いた本をイベントでアピールしてみてはいかがでしょうか。

・Amazonで販売

今話題なのが、大手ECサイトであるAmazonでの販売です。Amazonでは、50部ほどの少ない部数からでも取り扱ってくれます。また、紙媒体に限らず電子書籍としての販売も可能なため、手軽に販売しやすいメリットがあります。

スマートフォンで手軽に読める電子書籍派の読者も増えており、今狙い目の販売方法です。

 

自費出版が本屋に並びにくい理由

出版社に行ってもらう委託販売にせよ自分で売り込みに行くにせよ、自費出版の本はなかなか店頭に並べてもらえません。その理由としては、

「売れるのが見込めないから」「出版社や取次会社など、流通方法がある程度決まっているから」

などが挙げられます。読者の心に響くのか不明な本は、なかなか店頭に置きづらいもの。書店のイメージにも関わるため、自費出版の本を店頭に並べるということは本屋側もリスクを負うことに繋がるのです。

しかし考え方を変えてみると、

「読者からのニーズが高い内容の本」「出版社や取次会社との繋がりが薄い、地方都市の書店」

これらであれば、置いてもらえる可能性がぐんとアップします。まずリサーチして読者ニーズを掴むこと、そして売り込む本屋の地域性を考慮することを心掛けましょう。

 

自費出版した本を本屋に置いてもらう方法

本屋に持ち込む場合、熱量の他にも工夫すべき点はたくさんあります。本の魅力を正しくプレゼンできるように準備することや、手作りのPOPなどを持参して熱意を伝えることが大切。

そして著者自身の人間性をアピールするのも、忘れてはいけない大事なポイントです。

本の魅力を伝える

最も基本的なことですが、本の魅力を正確に伝えることが重要です。見ず知らずの人物がいきなり「本を置いてください!」とお願いしても、置いてもらえる見込みはほとんどありません。本の魅力を最大限に伝えるため、事前準備を念入りにすることをおすすめします。

まずは自分の本と改めて向き合い、分析することが必要です。どの辺がアピールポイントか、どのような読者ニーズを踏まえているのか、よく考えてみてください。

客観的に詳しくプレゼンできるとベストです。「この本が売れると思う理由」を正しく伝えられると、本屋の方の心を掴みやすくなります。

POPを作ってアピールする

言葉だけでなく、手作りのPOPを持参するのもおすすめです。まずは事前に、本屋に飾られているPOPをチェックして、どんなデザインにするのか計画を練りましょう。あまり派手になりすぎず、大きさも名刺サイズほどが一般的です。

本の特徴を捉えたキャッチコピーや絵を交えつつ、各書店のカラーに合ったPOP作りを心掛けることも大切。

その本屋に従来あるPOPに沿って作ると、実際にこの本が店頭に並んだ時のイメージも沸きやすくなるのでおすすめです。

「本」ではなく「自身」をアピールする

本の内容や魅力だけでなく、著者自身をアピールするのも大切なことです。

いくら魅力的な本であっても、書き手の人間性が伝わらないと書店側も不安なもの。自分がどんな人間であるのかを伝えるため、自己紹介やポートフォリオの準備を行っておきましょう。

また、空き時間に見てもらえやすいSNSやブログを伝えるのもおすすめ。

「普段の自分」も見えやすいツールのため、あなた自身を知ってもらうのにピッタリです。

ある程度の「本のクオリティ」は必要

少しシビアなことを言うようですが、ある程度の本のクオリティは必要不可欠です。特に委託販売では尚のこと。

本単体が判断基準となりやすいため、妥協できないポイントとなります。本を店頭に並べてもらうためには、表紙のデザインやタイトル含め、総合でのクオリティが求められます。

今一度、厳しい目で自分の本を見つめ直してみましょう。

 

本屋に置いてもらうまでにかかる費用

自費出版する方が気になるのが費用ではないでしょうか。出版社に任せておけば大丈夫、というわけではありません。なかには必要以上の経費を要求してくる、問題の出版社も存在するため注意が必要です。

本を出版するのにかかる正しい費用を把握しておくと、悪徳な出版社に引っかかるのを防げるうえ、一部の費用を削減できるかもしれません。

以下を参考にし、正しい費用を知っておきましょう。

例)1冊を1,500円とした際の、おおまかな費用の割合は以下の通り

・著者印税 1割

・出版社収益(出版経費、本の保管料含む) 4割 ※

・書店及び取次の収益 4割

・書籍配送料 1割

※自費出版の場合は著者印税に含まれる

 

本屋に置いてもらう際の注意点

いざ本屋に置いてもらうとなった時、注意しなければならない点があります。出版には、独自のルールや用語がたくさん存在します。打ち合わせや契約の内容がよく分からないというケースも多いでしょう。

十分に理解できないまま出版社との契約を進めてしまうと、費用面などトラブルに繋がりかねません。

また、「店頭に並ぶ」と聞いていたのに部数が少なく、実際のところは書店にないのと同等の扱いを受けることもあります。

「そんなはずではなかった」という事態を未然に防ぐため、少しでも不安な点があればすぐに確認することをおすすめします。

契約に詳しい知人や友人がいる場合、相談を持ちかけるのも良いでしょう。

 

まとめ

夢や憧れがたくさん詰まった自費出版には、リスクも少なくありません。

まずはクオリティの保証された内容に仕上げ、効果的な方法で本を最大限にアピールしましょう。

同時に、依頼先の出版社をきっちりと見極めることも大切です。これらを追求すれば、自費出版で自分の本が店頭に並ぶことも夢ではありません。

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG