自分・商品・企業ごとに認知度を上げる方法は違う

認知度を上げる!具体的な方法を7つご紹介

認知度を上げる 具体的な方法

認知度を上げることには多くのメリットが存在します。
そのため、多くの人や企業が、認知度を上げる方法を実践しています。

本記事では

  • 認知度を上げるメリット
  • 認知度を上げるための具体的な方法
  • 認知度を上げる際の注意点

などを紹介します。

認知度を上げる方法は商品や企業ごとに違ってくることも合わせて、理解していきましょう。

 

 

 

認知度とは? 知名度との違い

一般的に、世間で知られている程度のことを「認知度」と呼びます。

似た言葉に「知名度」というものがありますが、こちらは名前の世間への浸透具合を表現するときに用いる言葉です。

知名度と認知度はいずれもマーケティングにとって重要な要素であり、この2つのバランスが大切です。

たとえば、A社の知名度は高く認知度が低い場合、多くの方がA社の名前は知っているものの、何をしている企業かを知りません。

一方、A社の認知度が高い場合、多くの方はA社の名前はもちろん、事業内容や代表的な商品、サービスについても理解しています。

つまり、企業の認知度が高いとは、名前が広く知られているだけでなく、具体的にどのような企業なのか知られているということです。

 

「認知度」と「知名度」の違いについては、こちらの記事で詳しくまとめています↓

関連記事

ビジネスにおいて、知名度向上や認知拡大は大きな課題です。 認知されていることはマーケティングをする上で重要な役割を持ちます。 認知について語るとき、知名度向上や認知拡大のように、複数の呼び方があることに気づくかもしれません。[…]

 

認知度を上げるメリット

認知度を上げるメリットは、以下の効果が期待できるという点です。

  • 集客や売上の拡大
  • SNSなどを中心に話題が広がる可能性があり、費用対効果の高いマーケティングも可能となる
  • 優秀な人材の獲得が可能になる

 

集客や売上のアップ

たとえば、ブランディングにより認知度を高めることができれば、集客がしやすくなる効果が期待できます。
商品やサービスの魅力を多くの方が認知している状況を作り出せば、最小限のプロモーションで集客が可能です。

Webサイトへ誘導しやすくなるメリットもあります。

認知度が上がれば、ネットでの検索順位も上昇します。

自然と自社のホームページや運営しているオウンドメディアなどのWebサイトが上位表示されやすくなり、アクセス増となります。

そこから販売や実店舗への集客に結び付けられ、売上と収益拡大にもつながります。

また、アクセス分析ツールを使用することで、自社や自社のサービスに興味を抱いてホームページなどを閲覧しているユーザーの年齢層や性別なども分析することができます。

このターゲットの属性を分析できるという点も、ネットでの検索順位が上がることのメリットです。

口コミで話題が広がる

一般的に、人が話題にするのは認知しているものについてです。
自社の商品やサービスの魅力を多くの人が認知すれば、口コミで話題がどんどん広がる可能性があります。

現代はネット社会であり、わずかな情報が広く拡散されるケースも珍しくありません。
認知度が高くなれば、SNSで取り上げられるケースも増え、またたく間に情報が拡散される可能性もあるのです。

情報がどんどん拡散され、さらに認知度がアップし、売上に結び付くという好循環が生まれます。

 

優秀な人材を確保できる

企業が発展を続けるには、優秀な人材の獲得が欠かせません。
優秀な人材を獲得するためにも、企業は認知度を高める必要があります。

あなたが就職活動をしていると仮定した場合、よくわからない企業と、事業内容を理解している企業、どちらを選びますか?

おそらく、多くの方は後者を選ぶのではないでしょうか。
自社の理念や事業、扱っている商品などを正しく認知してもらえば、優秀な人材の獲得に結び付きます。

関連記事

近年、求職者と企業が求める人材のミスマッチが起きないようにするために、採用活動にもブランディングを取り入れる企業が増えてきています。これから採用で企業ブランディングを行う予定がある、あるいは検討中という人事担当者の方は、一度採用ブラ[…]

35

 

認知度を上げる際に押さえておきたいポイント

認知度を上げたいと考えたら、具体的な行動に移る前に「3C分析」などのマーケティングのワークフレームを用いて、自社や商品、サービスの強みを明確にし戦略を立てることが大切です。

3C分析とは、マーケティング戦略を決める際に使われる分析手法のひとつです。

以下の3つの要素の頭文字から、「3C分析」と呼ばれています。

3C分析

 

  • Customer:市場・顧客
  • Competitor:競合
  • Company:自社

 

3C分析などのフレームワークを使えば、知識が少ない人でも論理的に経営戦略を考えることができます。

また、消費者にできるだけ早くその商品やサービスにしかない強みを届けることで、消費者はその商材を選びやすくなります。

その商品が顧客にとって重要な価値商品を持っていると示すことを、「バリュープロポジション」とも言います。

まずは消費者に理解してもらえるような「唯一の価値」や「強み」を洗い出し、戦略を立てたうえで具体的な行動へと進みましょう

 

3C分析を含めたマーケティングのワークフレームについてはこちらの記事が参考になります↓

関連記事

これからマーケティングを学ぼうと考えているときに覚えておきたいのは、これまでマーケティングを成功させてきた事例を参考にすることです。 だれでも知っている身近な成功例であれば参考にしやすいですし、失敗する可能性を低くすることもで[…]

39

WEBを活用して認知度を上げる方法

認知度を上げる方法はいくつもあります。

人や企業、商品によってとるべき戦略は変わってきますが、まずはWEBを利用して認知度を上げる方法を5つピックアップしました。

自分・自社にマッチした方法で認知度アップを実現しましょう。

プレスリリース

マスコミに情報をリリースし、記事などにしてもらうことです。
マスコミに取り上げてもらえれば、新聞や雑誌などに記事が公開され、多くの人の目にとまります。
費用もかからないため、費用対効果が高いのも魅力です。

ただ、マスコミに情報を公開したとしても、確実に取り上げてもらえるとは限りません。
マスコミのもとには、日々たくさんのプレスリリースが届いています。その中から選ばれ取り上げてもらうには、魅力的なプレスリリースである必要があります。

マスコミに取り上げられやすいプレスリリースについては、ネット上のさまざまなサイトに掲載されています。そうした情報も参考に、惹きつけられるようなプレスリリースを発行しましょう。

 

オンライン広告

ネット社会が加速し続けている現代では、オンライン上への広告掲載が高い効果を期待できます。

オンライン広告を活用する方法には、チラシや新聞広告などでのオフライン広告と違ってエリアを問わず見てもらえることや、SNSで拡散してもらえることもあるというメリットがあります。

ただし、オフライン広告の掲載にももちろん費用がかかりますので、費用対効果を考えて戦略的に利用することが大切です。

SNS

TwitterやFacebookなど、SNSを駆使して情報を発信する手法です。

現在では、多くの企業が公式SNSを活用しており、さまざまな情報を発信しています。個人や規模の小さな企業でもすぐに実践でき、なおかつ高い効果も期待できます。

SNSの魅力は、無料で利用できることです。
情報の内容によっては、拡散されてあっという間に多くの人の目に触れる可能性もあります。
ただ、使い方を誤ってしまうと、悪い噂や評判が広く拡散されてしまい、取り返しのつかない事態を引き起こすおそれがあります。

最近はYouTubeを活用した宣伝方法も、注目を集めています。

特に若い世代はYouTubeなどの動画サイトを見る傾向が強いため、若年層をターゲットにした商材であれば大きな宣伝効果を期待できます。

YouTubeも炎上騒動が多い媒体なので、十分に配慮をして使用しましょう。

ホームページ

企業であれば、事業内容や理念、取り扱っている商品やサービスなど、さまざまな情報を発信できます。
無料でホームページを作成できるサービスもあるため、費用はそこまでかかりません。

ホームページで認知度アップを目指すなら、アクセス数を増やすことが大切です。
上位表示されるための施策をし、SNSで情報を拡散するなどの手立ても必要です。

 

 

WEB以外の媒体で認知度を上げる方法

つづいて、WEB以外の媒体を用いて認知度を上げる、具体的な方法を2つご紹介します。

有料広告

新聞広告や雑誌広告、電車の中吊り広告、看板広告などが代表的です。

新聞への折込チラシやポスティングなども、有料広告の一種です。
不特定多数の人の目にとまるため、有効な認知度アップの手法といえるでしょう。

デメリットとしては、費用が高くなるケースが多いことです。場合によっては、思った以上の効果が見込めない可能性もあります。
まずはエリアを絞り、少しずつ様子を見て進めていくと良いかもしれません。

テレビCM・ラジオCM

テレビCMのメリットは、子供から高齢者まで幅広い世代に見てもらえるという点です。

特に年齢層が高くなるほど視聴時間は伸びる傾向があるため、高齢者をターゲットにするならテレビCMは大きな効果が期待できます。

一方ラジオで流れるCMのメリットは、特定のエリアにいるターゲットを訴求できるという点や、音だけの収録となるため制作コストを抑えられるという点があります。

 

出版

近年注目を集めている手法のひとつが、本の出版です。
個人や企業の考え方、理念、魅力などを集約でき、幅広い年齢層の人に読んでもらえる魅力があります。

プロの作家や著名人でなくても、本の出版は可能です。
本は信頼性の高い媒体でもあるため、個人や企業、商品への信頼度を高める効果も期待できるでしょう。
自費出版では費用こそかかりますが、それ以上のメリットを得られます。

関連記事

自分の本を出版したい!と思った時、気になってくるのは「どれくらい費用がかかるか?」という点ではないでしょうか。 また、副業として本を出版したいと考えた際は、「出版費用は経費として計上できるか?」「確定申告はどうなるか?」なども[…]

本を出版 費用 経費

当メディアを運営するラーニングス株式会社は、企業のブランディングやマーケティングを加速させる「企業出版」を専門とした出版社です。

企業の出版に興味があるという方向けに、無料個別相談も行っていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料個別相談はこちら

 

実践する際のポイント

認知度を上げる方法を実践するときには、ターゲットを絞ることが重要です。
また、一つの方法に固執することなく、いろいろな方法を組み合わせながら実践しましょう。
結果をきちんと測定し、分析して次に活かすことも大切です。

 

ターゲットを絞る

「とにかくたくさんの人に知ってもらいたい」と考える気持ちは理解できますが、その考えは失敗のもとです。
誰に知ってもらいたいのか、ターゲットを明確にしたうえで実践しましょう。

自社のメインとなるユーザー層が20代の女性だった場合、20代女性に響くアプローチをしなくてはなりません。
20代の女性であれば、新聞や雑誌広告などよりSNSを活用したアプローチが効果的と考えられます。

 

一つの方法に固執しない

ポスティングしかしない、SNSしか使わない、ではなく、いろいろな方法を組み合わせてみましょう。
一つの方法に固執するメリットはありません。
もしかすると、その方法がマッチしていない可能性もあります。
いろいろな手法を用いているうちに、最適な方法も見えてきます。

 

結果を測定する

実践したらそれで終わりではなく、きちんと結果を測定しましょう。レスポンスを確認しつつ、改善しながら次に活かします。

計画と実行、評価、改善とPDCAを回すことにより、効果的な認知度アップの施策が可能です。

 

認知拡大を目的にしない

認知度拡大の目的は、「顧客に自社商品やサービスを購入してもらったり利用してもらうこと」ですが、認知拡大施策を続けているうちに、その目的が「認知度を上げること」に変わってしまうことがよくあります。

認知度拡大の具体的な行動をとる前に打ち立てたマーケティング戦略を常に意識し、本来の目的を忘れないようにしましょう。

商品・サービスの質を重視する

認知度拡大が成功して消費者が商材を購入してくれても、その質が悪いとリピートにつながらず、ネットで悪い口コミを書かれてしまうこともあります。

この記事でもご紹介してきたように、認知拡大施策には時間やコストがかかります。

それらを無駄にしないためにも、商品やサービスの質にはこだわり磨き続けましょう。

 

まとめ

認知度が上がれば、集客や収益の拡大を実現でき、優秀な人材の獲得も可能です。

ここではいくつかの手法をご紹介しましたが、なかにはすぐにでも取り組める方法もあります。

実践しながら、自分や自社にもっともマッチした方法を見つけ出し、認知度アップを実現しましょう。

 

投稿者プロフィール

下村(むーさん)
下村(むーさん)
大学卒業後に出版社に就職して漫画の編集に携わる。
その後、さらに別の出版社を経てラーニングス株式会社に入社。
編集業務に従事している。

社内では『むーさん』の愛称で親しまれ、お父さん的なポジションを務めている。

プライベートでは野球観戦が趣味(広島ファン)で二児の父。
>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG