Brand Development Strategy Searching Design Poster

ブランド化のメリット|出版が安定したブランド戦略!?

Brand Development Strategy Searching Design Poster

 

企業にはブランド戦略が必要といわれますが、なぜなのかご存じでしょうか。
企業が事業を安定化させ、収益を拡大するにはブランド化が欠かせないのです。
本記事では、ブランディングの必要性やメリット、進めるときのポイントなどを解説します。
また、本の出版が安定したブランド戦略といわれる理由についても、併せて解説しましょう。

 

ブランディングの必要性

他社との差別化を図り、安定した事業を継続するためにブランディングが必要です。
ブランド化が実現すれば新規顧客の獲得はもちろん、既存客をファンにすることも可能です。
新たな顧客を開拓しつつ、顧客離れを起こさせないためにも、ブランディングは必須といえるでしょう。

 

ブランド化のメリット

ブランド化するメリットとしては、知名度の向上が挙げられます。
また、価格競争を回避できる、リピーターを獲得できる、優秀な人材を獲得できるといったメリットもあります。
詳しく見ていきましょう。

 

知名度や認知度の向上

ブランド化に成功すれば、知名度や認知度が向上します。
ブランド化ができれば他社との差別化ができるため、「〇〇といえばA社」といった具合に、消費者へイメージを植えつけられるのです。

多くの方に自社のサービス、商品を知ってもらい、魅力を認知してもらえれば、利益拡大にもつながります。
現代は誰もがネットを利用する時代であり、SNSによる情報の拡散も期待できます。
知名度や認知度が向上するにつれ、SNSで話題に上ることも増え、さらに多くの方に知ってもらえる好循環が生まれるのです。

 

価格競争に巻き込まれない

ブランド価値を高められれば、価格競争に巻き込まれることを回避できます。
価格競争に巻き込まれてしまうのは、他社の商品やサービスとの差別化がきちんとできていないからです。
差別化ができており、ブランド化に成功していれば、消費者は価格ではなくブランドに惹かれるため、価格に関係なく自社の商品を選んでくれます。

価格競争に勝てるのは、資金力豊かな大企業だけです。
規模の小さな企業が価格競争に巻き込まれてしまうと、体力がもたず十中八九負けてしまうでしょう。
仮にそのときはうまくいったとしても、利益の低下は免れません。

ブランディングにさえ成功していれば価格ではなく商品やサービスの質で勝負できるため、このような事態に巻き込まれずに済むのです。

 

リピーターの獲得

ブランディングができていれば、お客様は商品やサービスに愛着を抱いてくれます。
つまり、商品やサービス、ひいては会社のファンになってくれているのです。
このような方たちは、何度も商品やサービスを購入してくれる、リピーターになってくれます。

企業が安定した利益を生み出すには、リピーターの獲得が欠かせません。
新規顧客を増やすことも大切ですが、それ以上にリピーターを増やしたほうが、プロモーション費用の削減にもつながります。
リピート率が高くなれば、新規顧客を獲得するのに費やした宣伝広告費などの回収も容易です。

 

優秀な人材の確保

多くの人が、魅力的な会社に就職したいと考えるのはごく普通です。
ブランディングに成功し、自社や商品、サービスの魅力を確立できていれば、「この会社で働きたい」と考える人材が集まりやすくなるのです。

企業が発展するうえで優秀な人材の獲得は必須といえるでしょう。
どんなに素晴らしい商品、サービスを扱っていたとしても、扱う人間が優秀でないと収益の拡大は見込めません。

ブランディングができていれば、会社に愛着をもつ人材を集められます。
このような人材は、自社の成長に貢献してくれるのはもちろん、他社からの引き抜きにも応じません。
このような人材を集められるのも、ブランド化のメリットです。

 

ブランド化を進めるときのポイント

ブランド化を進めるにあたり、大切なポイントを以下にまとめました。
大切なのは、ターゲティングと自社の強みを明確にすること、訴求方法を選定することです。
詳しく見ていきましょう。

 

ターゲティングをしっかりと

「誰に売りたいのか」を明確にしましょう。同じ女性でも20代と50代とでは、需要が大きく異なります。売りたいターゲットを明確にしないと、戦略的なアプローチもできません。ターゲットとするユーザーを明確にすることで、商品やサービスの改善もできます。

 

自社の強みを明確に

ターゲットを明確にするためにも自社の強みをはっきりさせなくてはなりません。
自社の強みを明確にすれば、ターゲットの見極めができます。

たとえば、無農薬の野菜のみを扱っているのなら、それも強みのひとつです。
このケースでは、ターゲットとなるのは健康志向の方たちだと考えられます。
これでターゲットは明確になったため、より深堀りした戦略を組み立て、実行できます。

 

訴求方法の選定

ターゲットへのアプローチ方法をきちんと選定しなくてはなりません。
20代女性と50代女性とでは、適切なアプローチ方法が異なるからです。
ターゲットが明確になっていても、訴求方法が誤っているとブランド戦略に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

たとえば、50代女性ならポスティングや新聞折込チラシなどで効果的なアプローチができますが、20代女性の場合はSNSのほうが効果的です。
ターゲットユーザーの属性により、最適な訴求方法を見極めましょう。

 

ブランド化に出版が最適な理由

ブランド化に書籍を利用する企業も増えてきました。
本は信頼性が高く、ストーリーで自社の魅力を伝えられるメリットがあります。
幅広い年齢層にアプローチできるのも、大きなメリットといえるでしょう。

 

本は信頼性が高い

多くの方は、誰でも本を出版できることを知りません。
そのため、本を出版しているだけで、企業の信頼性を高められます。
また、特定の分野における専門家としての立ち位置を築けるメリットもあります。
専門家として情報を発信できるため、さらに信頼性を高められるのです。

 

ストーリーで伝えられる

どうしてその商品を開発したのか、なぜそのサービスを創出したのかなど、熱い思いをストーリーで伝えられます。
漠然とした事実を伝えられるよりも、ストーリー仕立てのほうが人の心には響きます。

ストーリーで自社の魅力をしっかり伝えることにより、ファンを増やせる可能性が高くなるのです。
こうしたことが可能になるのは、本ならではのよさといえるでしょう。

 

幅広い年齢層に有効

SNSも有効な情報発信の手段ですが、主な利用者層は10~30代です。
一方、本は年齢に関係なく、多くの方が手にとるため、幅広い年齢層の方にアプローチできるのです。
その結果、今までとは異なる属性のファンが誕生する可能性もあります。
知名度や認知度を向上させ、効果的なブランディングが可能です。

 

まとめ

事業と収益の安定化を図るには、ブランド化が欠かせません。企業として成長を続けるためにも、ブランド化を進めましょう。さまざまなブランド化の手法がありますが、おすすめなのは本の出版です。
企業の規模に関係なく書籍は出版できるため、この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

【無料】出版サービス資料

出版マーケティングサービス資料
一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版にかかる費用や弊社のサービスについてより詳しく理解していただくために、資料を用意しました。

資料では弊社やお客様が実際に出版に取り組んで

・気が付いたら自分の本が出版できていた
・一緒にビジネスをやりませんかというお誘いを受けた
・興味を持ってくださる方が集まった
・仕事が広がった

といったように出版マーケティングの効果を実感していただいたサービスを紹介しています。

過去に出版した書籍の試し読みPDFも用意しておりますので、ぜひ貴社のビジネスの発展のためにお役立てください。
Brand Development Strategy Searching Design Poster
最新情報をチェックしよう!