39

マーケティングはかんたん! だれでも知っている身近な成功例から学ぼう

39

これからマーケティングを学ぼうと考えているときに覚えておきたいのは、これまでマーケティングを成功させてきた事例を参考にすることです。だれでも知っている成功例であれば参考にしやすいですし、失敗する可能性を低くすることもできるでしょう。

ここでは、だれでも知っている身近な成功例から、マーケティングを学ぶことについて解説します。

だれでも知っている身近な成功例を一挙ご紹介!

私たちが普段から耳にしたり利用したりしているお店やブランドなどは、さまざまなマーケティング戦略によって利益を出しています。むしろマーケティング戦略が成功しているからこそ、だれもが知っているお店やブランドになっていると言えるでしょう。ここでは、だれでも知っている身近な成功例をご紹介します。

初詣

一年の始まりでもある初詣は、立派なマーケティング戦略の一つであったことをご存知でしょうか。初詣のマーケティングは、明治時代中期にできたものです。しかもマーケティング戦略を行っていたのは神社ではなく電鉄会社であり、鉄道が普及した頃から移動できるところが増えたことを活かそうとしました。

これによって自宅から神社まで電車で自由に行けることから、結果的に神社に参拝客が多く訪れるようになったようです。

恵方巻

毎年節分に恵方巻が販売されているのは何故でしょうか。もともと日本で節分に恵方巻を食べるという文化は存在しませんでした。これも当時恵方巻を流行らせようとした海苔業界と流通小売業界のマーケティング戦略であり、文化を作って流行させたのです。

それ以来、日本で節分に恵方巻を食べるという文化が浸透したため、マーケティング戦略の効果と言えるでしょう。

バレンタインデーにチョコレートを贈る

バレンタインデーにチョコレートを贈るというのは、何十年も時間をかけてマーケティングを行った結果、成功していることをご存知でしょうか。バレンタインデーそのものはあっても、もともとチョコレートを贈る文化はありませんでした。

このマーケティングは1936年に始まっています。それだけ前に始まっていても、このマーケティング戦略がようやく実を結んだのはそれから30年以上経ってからです。

土用の丑の日にウナギを食べる

今でこそ夏の土用の丑の日にウナギを食べるという風習がありますが、もともとそういった風習はありませんでした。こちらも諸説ありますが、一番有名なのは江戸時代に平賀源内という方がとある張り紙をしたのがきっかけだそうです。

その張り紙には『本日丑の日』と書かれており、同時に「丑の日にちなんで『う』が付く食べ物を食べれば夏負けしない」という風習が生まれました。当時はウナギ屋が、ウナギが売れないことを悩んでいたときに平賀源内がこの名案によってウナギを大繁盛させたため、他のウナギ屋も真似をして大繁盛させたそうです。

スターバックス

今でこそスターバックスは代表的なカフェとして名を馳せていますが、それは当時他のカフェと差別化を図るためにマーケティング戦略を行った結果です。

当時からカフェは基本的に禁煙と喫煙で分煙されていますが、スターバックスは完全に禁煙となっているので、喫煙しない人にとって非常に居心地の良いカフェです。内装や外装にもこだわりがあり、おしゃれな空間の中で時間を過ごせるところがスターバックスのアイデンティティだと言えるでしょう。

次第に完全禁煙、そして非常におしゃれな空間が価値を出していることから、マーケティング戦略として知られることになりました。

ユニクロ

ユニクロは全ての年齢層をターゲットにしたマーケティング戦略を続けています。ターゲットを限定しないやり方は、競合他社との差別化ができないのではないかと思われるかもしれませんが、ユニクロは低価格かつ高品質が約束されているのが最大のポイントです。

特に高品質を約束しているのが最も差別化されている点であり『エコテック規格100』を取得していることが一般社団法人ニッケン品質評価センターのホームページに記載されています。

エコテック規格100とは世界的に統一された試験・認証システムで、この規格を取得しているということは人体に与える可能性がある有害物質による影響や被害がないことを示しています。

だからこそ、ユニクロは高品質なのに低価格の商品が購入できるブランドとして世に知れ渡っているのです。

マーケティング戦略を成功させるためのポイントとは?

上述したように、マーケティングを成功させた事例は数多くありますが、マーケティングを成功させるためにはさまざまなポイントがあります。ポイントを抑えることで、マーケティング戦略を成功させることができるかもしれません。

それでは、マーケティング戦略を成功させるためのさまざまなポイントについてご説明します。

マーケティングのターゲットを明確化する

マーケティングを成功させるためには、商品を売るターゲットを明確化させることです。年齢や性別、趣味や仕事など対象となるターゲット層は千差万別なので、これから販売する商品はどの層をターゲットにしているのかを明確にする必要があります。

ターゲット層が明確になっていれば、それ以外の層に売り出すコストが発生することがなくなりますし、中長期的に売上が伸びる可能性があるでしょう。

ただ、売り出す商品によってはニーズの多様化に対応する必要性があるため、ターゲット層を絞り過ぎないように気を付ける必要があります。

消費者が得られるメリットをハッキリさせる

商品を売り出す際に、消費者にとってどんなメリットがあるのかをハッキリさせる必要があります。どんなに良い商品だと謳っていても、それが消費者にとってどんなメリットがあるのか分からないと購入まで繋がらないでしょう。

事前に魅力的なキャッチコピーでアピールしたり、商品の魅力を端的に説明できるようにしたりするのがおすすめです。

競合他社との差別化を図る

そして、マーケティングを行ううえで最も重要なのは、競合他社との差別化を図ることです。自分では良い商品だと思っていても、競合他社が既に似たような商品を販売している場合、単なる模倣商品となってしまいます。

これではマーケティングに失敗してしまうので、競合他社との差別化を図るためにも似たような商品を販売していないか、くまなくチェックしましょう。似たような商品を販売していなければ、大々的にアピールして商品を売り出すチャンスと言えます。

マーケティングを成功させるには、だれでも知っている成功例をチェックしよう!

だれもが知っているお店やブランドは、世間に知れ渡るようになるまで効果があるマーケティングを打ち出しているというのは珍しい話ではありません。初詣さえ、マーケティングを活用されていることもあったため、認知度を高めて結果的に利益に繋がるようであればどんな方法でも良いと言えるでしょう。

マーケティング戦略を考えるときは、競合他社との差別化を図り、消費者にどんなメリットがあるのか、ターゲット層を絞ることが得策です。

投稿者プロフィール

下村(むーさん)
下村(むーさん)
大学卒業後に出版社に就職して漫画の編集に携わる。
その後、さらに別の出版社を経てラーニングス株式会社に入社。
編集業務に従事している。

社内では『むーさん』の愛称で親しまれ、お父さん的なポジションを務めている。

プライベートでは野球観戦が趣味(広島ファン)で二児の父。

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG