自費出版は売れない? 自費出版した書籍を売る方法を解説

自費出版は売れない? 自費出版した書籍を売る方法を解説

自費出版は売れない? 自費出版した書籍を売る方法を解説

自費出版では、出版社が出版費用を負担する商業出版と異なり、著者自身が出版にかかる費用を負担します。

しかし、多額の費用をかけて自費出版をしたにも関わらず、売れなかったという話を聞くこともあります。

せっかくお金をかけて作った本が売れなかったらもったいないし、悲しいですよね。

この記事では、

・自費出版した書籍が売れないというのは本当なのか
・その原因はなんなのか
・自費出版した書籍を売るための方法

についてご紹介します。

自費出版は売れないはほんと?商業出版との違い

自費出版が商業出版と比べ売れにくいというのは残念ながら本当です。
なぜ自費出版は売れにくいのか、その理由を考えていきます。

本当に売れる本は商業出版される

ネット化が加速し、紙の本が売れにくい時代になってきています。

読者に本を売ることで収益化する商業出版は、これからますます難しくなってくるでしょう。

とはいえ確実にベストセラーとなる本であれば、出版社は自費出版ではなく商業出版を提案してくるはずです。

商業出版は自費出版に比べて印税が低くなります。また商業出版の場合は、自費出版よりも編集者や出版社の意向が本の内容に反映されやすくなります。

大量に売れる見込みがある本であれば、さらに売れる内容に編集し、印税も低い商業出版として販売した方が出版社は儲かるのです。

自費出版は著者がお客様

近年、多くの出版社では、読者に販売することで収益化する商業出版ではなく、著者から本の制作費として多額の費用を得ることができる自費出版に力を入れ始めました。

自費出版の場合は、本が売れる売れないに関わらず出版社に収益が発生する為、出版社が満足させるべきお客様は「読者」ではなく「著者」になります。

なかには著者の自己満足だけを追求し、全く売れない本を制作する出版社もあるほどです。

制作過程でさらに商業出版との差が開く

商業出版ではそもそも売れる見込みがある企画に出版社や編集者の意向が加わることで、さらに売れやすい魅力的な内容になって出版されます。

それに対し自費出版では、たとえ企画自体は良かったとしても著者の思い通りの編集が行われることにより、読者にとっては魅力がない内容となってしまう可能性も否定できません。

自費出版で書籍が売れないときに考えられる原因

自費出版として制作した書籍が売れない具体的な原因とは何なのか、考えられる原因をご紹介します。

出版社が書籍の販促をしていない

自費出版では、どこまでどれくらいの期間販促を行うかは出版社や契約によって様々です。

書籍を制作するところまでで契約が終了の場合や、書店に置くなどの書籍の販促は別料金の場合もあります。

また書店に流通させる契約であっても、短期間のみ書店に並べられた後はすぐに回収されたり、全く目立たない場所に置かれるケースも少なくありません。

自費出版を契約する場合は、書籍を売るために何をどこまでどれくらいの期間行うのかなど、疑問点は事前に出版社に確認しておきましょう。

読者にとって魅力がない自己満足の本になっている

自費出版の場合、「読者にとって読む価値がある本になっているかどうか?」を客観的に判断することがとても重要です。

商業出版とは異なり、自費出版では著者の意向が最も尊重されます
自費出版を契約させる為だけに、企画や本の内容に関わらず褒めてくる編集者もいるでしょう。

自費出版において、自分の思い通りの本を作れることは大きな魅力の一つであり、自己満足のための本を作ること自体は何の問題もありません。

しかし本を売りたい場合は、自己満足ではなく読者にとって魅力があるか、どんな価値を提供できるかをしっかりと考えましょう。

また褒めるだけではなく、本当に魅力的な本を一緒に作ってくれる出版社を選ぶことが重要です。

著者が書籍の販促をしていない

自費出版において、著者は出版社に費用を支払うことで宣伝や販売を代行してもらえます。しかし商業出版とは異なり、本が売れたときのメリットが一番大きいのは著者自身です。

出版社にとって、自費出版の本の売れ行きと出版社の収益は全く関係ない場合もあります。

書店に本を並べるなどの販促を出版社に代行してもらっていたとしても、著者自身による販促活動を怠っていると、お金は沢山かけたのにほとんど本が売れないという事態も起こり得ます。

出版社にだけ頼るのではなく、著者自身でも積極的に書籍の販促活動を行いましょう。

自費出版で出した書籍を売る方法

自費出版した本を著者自身が売るためにはどうしたら良いのか、どなたでもできる方法を具体的にご紹介します。

知人に紹介する

まずは身近な知人や友人などに、本を出版したことをお知らせしましょう。

誰でも本を出版できる時代になったとはいえ、まだまだ多くの人は出版経験がありません。

特に年配の方からすると、本を出版したというのはとてもすごいことのように聞こえるでしょう。

著者から直接お知らせすることで、親しい人や興味がある人ならきっと買ってくれるはずです。

SNSで拡散する

SNSを使って友人やフォロワーなど多くの人に本の宣伝を行いましょう。

話題のニュースを引用したり、関連するアカウントにコメントして宣伝するなど、直接は繋がりがない人へも届ける工夫もしてみましょう。

上手く拡散されれば、友人やフォロワーだけでなく、知らない人に届き本を買ってもらえる可能性があります。

アマゾンで本が販売されている場合、販売数が多かったり良いレビューがたくさん付くなどの高評価を得られれば、アマゾン上での露出も高まり自動的に売れる可能性もアップします。

自身で買って手売りする

出版社を通して自費出版した場合、在庫は出版社が管理しており著者の手元には書籍がない場合もあります。そういった場合、友人や知人に欲しいと言われても直接売ることはできません。

出版社によってや契約の内容によっても異なりますが、自費出版した本を著者価格で買い取れる場合もあります。

著者自身がお店を経営していたり講演会など人を集める機会がある場合、そこで直接売るのも効果的です。

まとめ

こちらで紹介したように自費出版は多額の費用を支払っているにも関わらず、商業出版に比べて売れない可能性がてあります。

多くの出版社では自費出版においては、「読者に本を売ること」ではなく、「著者に本を作ってもらうこと」に重きを置いているのです。

自費出版でも売れる本を作りたいと強く望む場合には、読者にとって価値のある本を著者と一緒に制作し、販売まで積極的に行う出版社を選ぶことがとても大切です。

また、出版社に頼るだけではなく、本を売るために著者自身でも色々と試してみましょう!

当サイト、マーケティング出版plusを運営しているラーニングスの書店展開マーケティング出版サービスでは、「本を作る」ことと「本を売る」ことのセットでサービスをご提案いたします。

あなたの仕事にもプラスになり、読者にとっても役立つ本を目指して一緒に本を作りませんか?

あなたのビジネスをさらに加速させ、より良い本を多くの読者に届けるための自費出版をお探しの方は、是非、ラーニングスまでお気軽にご相談ください!

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG