Branding Advertising Commercial Trademark Marketing Concept

差別化戦略の成功例と、差別化の手段としての「出版」

Branding Advertising Commercial Trademark Marketing Concept

競合他社を出し抜くためには「差別化」が重要です。
この記事では実際に成功した「差別化」の例と、今おすすめしたい「差別化」の方法について紹介していきます。

 

差別化に成功した有名企業とは?

多くの企業がひしめき合うこの日本では、いかに「差別化」を図るかが重要になります。
この項では差別化に成功した企業の具体例をいくつかまとめました。

 

上質・高級感を演出することで高い利益を実現した「スターバックス」

コーヒーチェーンの中でも値段が高く設定されている「スターバックス」。
スターバックスは、コーヒーの品質と店舗のインテリアとエクステリアにこだわりました。その結果、スターバックスに品質の高さと高級感のあるイメージを定着させることに成功したのです。
今ではスターバックスでコーヒーを飲むという「行為」そのものに価値を見出している消費者も多くいます。

 

ターゲット層の拡大により活路を見出す「ワークマン」

作業服などのワークウェア販売大手のワークマン。
ターゲット層を拡大する前はネット販売に押され気味でしたが、アウトドアウェアを手掛けることにより、新規客を獲得することができました。
ワークマンがアウトドアウェアに参入するまでは、アウトドアウェアは高品質で高価格なのが一般的でしたが、ワークマンは高い品質を維持したまま低価格で商品を販売
気軽にアウトドアを楽しみたい方から高い評価を得ています。

 

メニューの豊富さと居心地の良さを追求した「モスバーガー」

ハンバーガーショップの大手である「マクドナルド」に対抗するため、「モスバーガー」はメニュー数を増やし、なおかつ店内の居心地の良さを追求しました。
マクドナルドはこれと逆に、メニューを絞り込むことによりオペレーションを簡素化、そして回転率の高い内装により、薄利多売の形態を取っていました。
モスバーガーはその逆を行くことにより、差別化戦略に成功したのです。

 

店内環境を充実させることに注力した「ファミリーマート」

コンビニ大手の一角である「ファミリーマート」。
ここまで同社が成長した理由は「店内環境の整備」にあります。
コンビニ最大手のセブンイレブンに対して商品開発で対抗しようとしても分が悪いと考え、イートインスペースを積極的に設けるなどして店内環境を充実させることに力を入れました。
セブンイレブンには少なかったイートインスペースを広く設けることにより、多くのお客さんがファミリーマートを利用するようになったのです。

 

「出版」により3,000万円の依頼を受注した例も

特殊な工法で地道に仕事を受注してきたとある会社は、販路拡大のためブランディング出版に乗り出しました。
その反響は非常に大きく、全国から依頼が舞い込むようになり、なかには3,000万円の大型契約も。
技術力は確かなものがあるものの認知度と信頼度の低さが課題でしたが、ブランディング出版を行うことによって、この2つの問題を一気にクリアすることができました。
一時的なメディア広告では反響は短時間の間に限られますが、こちらの会社は長期的な視点で取り組むことにより、ブランディング出版という方法を選択しました。

 

どの業種でもトライできる差別化戦略「出版」

先ほど紹介した差別化の事例は、ある程度すでに成功していた企業を例に挙げました。
大胆な差別化戦略はある程度のリソース(資金・人材)があってこそ行えるものです。起業をしてから日が浅い企業にはそこまでの差別化戦略を取ることは難しいでしょう。

そんなときにぜひ挑戦してもらいたいのが「出版」という差別化戦略です。

 

差別化戦略として「出版」を選ぶメリット

差別化戦略として「出版」を選ぶメリットはいくつかあります。

まず挙げられるメリットは、「自社やサービスについて深く知ってもらうことができる」ということ。
出版は差別化戦略の中でも知名度を上げるための手段ですが、ただ知名度を上げるだけの宣伝は、ある程度すでにサービスが洗練されている企業にとっては魅力的ですが、創業からそこまで日が経っていないのであれば、まずは自社のことを深い部分まで知ってもらうことのほうが重要というわけです。

 

次に挙げられるメリットとしては、「本を出版」することによって、事業に対して誠実に取り組んでいるイメージを与えることができるという点でしょう。
一般的に、本を出版することは非常に骨が折れる作業で、実際に出版しようと決めてすぐにできるものではありません。
それにも関わらず本を出版することができれば、事業に対する熱意をアピールすることになるでしょう。
また、本を出せるほど精通している分野があるということのアピールにもなります。

 

費用対効果が高いというのもブランディング出版のメリットの一つです。
テレビCMなどのメディア広告は契約期間が終了してしまえば宣伝も終わってしまいますが、ブランディング出版をすれば、本がこの世の中に存在している限り広告効果が生まれます。
また、一度本を出版することができればその情報がデータベースに登録されるので、企業名+キーワードを関連付けしやすくなるというメリットがあります。

テレビCMをはじめとしたメディア広告はどうしても費用が高額になってしまいがちです。
限られたリソースの中で差別化戦略を考えるのであれば、出版は魅力的な選択肢のひとつなのです。

 

 

文章を書くことが苦手でもブランディング出版は可能?

ブランディング出版は差別化戦略として有効なことをご紹介しました。

しかし、中には「文章を書くことが苦手だからブランディング出版は絶対ムリ!」と考える方もいるかもしれません。
そんなとき、ぜひ利用検討をおすすめするのが「ブランディング出版に特化しているマーケティング会社、出版社」です。

 

ブランディング出版をサポートしてくれる会社とは?

差別化戦略として出版をしたいけれど、自分は文章を書くのが苦手だし、どうしたものか……。そのような方に利用をおすすめしたいのがブランディング出版をサポートしてくれる会社です。

ブランディング出版をサポートしてくれる会社は、優秀なライターや編集者とのコネクションがあるため、原稿の執筆をまるまる依頼することができます。
ある程度内容を指定すればそれに沿ってライターが執筆し、編集者が形を整えてくれます。上がってきた原稿をチェックして修正してもらいたい箇所を指示して再び執筆してもらう。
このフローを何回か繰り返せば立派な著書が出来上がるわけです。

執筆を代行してもらうだけであれば、出版=ゴール、サービス終了となるわけですが、ブランディング出版に特化したマーケティング会社や出版社の仕事はそれだけでは終わりません。
しっかりと書店に流通させるのはもちろんのこと、出版後のアクションについてもアドバイスを受けることができます。

 

サポート会社はどう選べばいい?

実際にブランディング出版をサポートしてもらおうと考えている方のために、サポート会社の選び方について簡単に紹介します。

まず、「費用が明示されていること」。
出版は多くの人が関わっているため、それだけ費用がかかるものです。
最初に提示された予算をオーバーしてしまうことも危惧されるので、費用面については注意しなければいけません。

次に、「著者の意思を尊重してくれること」。
サポート会社によっては著者側の意見は二の次で、我田引水とばかりに自分たちの都合を押し付ける会社もあります。
こちらの要望に対して柔軟に対応してくれる会社を選びましょう。

 

 

まとめ

差別化の手段にはさまざまな物がありますが、費用対効果を重視するなら出版という方法がおすすめです。
文章を書くのが苦手だとしても、執筆をサポート・代行してくれる会社があるので心配はいりません。

【無料】出版サービス資料

出版マーケティングサービス資料
一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版にかかる費用や弊社のサービスについてより詳しく理解していただくために、資料を用意しました。

資料では弊社やお客様が実際に出版に取り組んで

・気が付いたら自分の本が出版できていた
・一緒にビジネスをやりませんかというお誘いを受けた
・興味を持ってくださる方が集まった
・仕事が広がった

といったように出版マーケティングの効果を実感していただいたサービスを紹介しています。

過去に出版した書籍の試し読みPDFも用意しておりますので、ぜひ貴社のビジネスの発展のためにお役立てください。
Branding Advertising Commercial Trademark Marketing Concept
最新情報をチェックしよう!