ブランド戦略のシナリオ設計で大切な点とは

現代社会において、ブランド戦略のあり方は以前と変わってきています。

世界中の人々の価値観が目まぐるしく変化しているこの時代に、今までと同じようなブランド戦略でいいのか、また、必要以上に守りに入ってしまうようなシナリオ設計でいいのか、改めて考えることが大切です。

今回は、現代のブランド戦略のシナリオに何が必要かについてお伝えしていきます。

 

ブランド戦略とブランディングの違い

ブランド戦略のシナリオを設計するためには、ブランド戦略とブランディングの違いについて理解しておく必要があります。

言葉の意味を理解することで、シナリオ設計の理解度に違いがでます。

ここではブランド設計とブランディングの違いをお伝えします。

ブランド戦略とは

ブランド戦略とは、多くの方に自分たちのブランドを知ってもらい、その価値を広めるために必要なブランディングを行う戦略のことをいいます。

ブランド戦略に関わる全ての方が共通の理解をしておくことは、ブランド戦略にとって大切なことです。

このブランド戦略が明確でないと自分たちの考えに沿ったブランディングはできません。

ブランディングとは

自分たちが広めたい、価値を高めたいものを多くの方たちのニーズに合わせてマーケティングすることをブランディングといいます。

お客様のニーズに合わせていくためにも世の中の状況を正確に知り、強固なブランド戦略を考える必要があります。

そのブランド戦略を考えたうえで行われるのがブランディングです。

 

ブランド戦略にはどのようなシナリオが必要なのか

では、ブランド戦略を行うためにはどのような考え方をする必要があるのでしょうか。

従来と同じ方法や、変わらない考え方でよいのでしょうか。

世の中のニーズに合わせたブランド戦略のシナリオがない場合、ブランディングは失敗してしまいます。

現代において、ブランディングにはその商品が選ばれ続けるようなシナリオが必要になるのです。

では、そのためのシナリオ設計を考えてみましょう。

誰のために行うかを明確にする

成功するブランディングのためには、年齢や性別にこだわらないという考え方よりも、明確な顧客イメージを持つ必要があります。

つまり、自社がどのような相手にブランディングしたいのか深く考える必要があるということです。

そのためには、多くの情報をリサーチする必要があります。

また、顧客が満足するかどうかだけではなく、その商品の価値に対する影響がどの程度あるのかを知る必要があることを忘れてはなりません。

情報収集はこれからのブランディングの道筋になるため、慎重に時間をかけることが大切です。

どのようなポジションであるか分析する

ほかのブランドとの差別化を図るためにも、競合するブランドの中で自社のブランドがどのような位置にいるべきかを考えることが大切です。

そのためには、競合するブランドの情報や商品について詳しく知る必要があります。

また、環境分析を行い、自社の現在の立ち位置を知ることも大切です。

環境分析を行うことで、より自社ブランドのブランディングイメージを固めることができます。

コンセプトを明確にする

自社ブランドがどのようなイメージを持っているのか、また自社ブランドの価値観がどういったものなのかなどを把握して、コンセプトを明確にする必要があります。

そして、何より大切なことは、自社の理念がそのコンセプトを反映してなくてはならないということです。

ただの思いつきや流行りを反映しただけのコンセプトでは、お客様から選ばれ続けることは難しく、また、ブランドのイメージも崩れてしまいます。

コンセプトを明確にすることで、他のブランドと差別化できる商品を生み出すことができ、ブランディングを成功させることができます。

ブランドのイメージを可視化する

ブランディングが成功している商品のほとんどには、ロゴやキャッチコピーが使われています。

ロゴやキャッチコピーを見たり聞いたりするだけで、お客様がその商品を思い出すことができるようになれば、ブランド戦略は成功といえるでしょう。

そのためにも、商品のイメージを象徴したロゴやキャッチコピーを作ることはとても大切です。

このようなロゴやキャッチコピーを「抽象的ブランドメディア」といいます。

また、これらを使用したさまざまな商品や、CM、広告のことを「可視化的ブランドメディア」と呼びます。

ブランドのイメージを強めるためには、ロゴやキャッチコピーがお客様にどのような印象を持たれているのかをリサーチすることが大切です。

このような積み重ねがブランド力を高めていくことにつながります。

どのように広めていくのか

現代社会は情報にあふれています。

また、情報を発信する媒体も数多くあり、お客様はその中から必要な情報を選択しています。

そのため、ブランディングでは、お客様により効果的に情報を発信できる方法を選ぶことが大切になります。

やみくもにSNSで発信するのではなく、自社のサービスや商品を利用する顧客層に合わせた発信方法を選択しましょう。

そのためには、チームでしっかりと話し合うことが大切です。

PDCAサイクルを使う

企業のブランディングは、サービスや商品を一度売り出したら終了ではありません。

ブランド戦略のシナリオ設計がうまくいっているかをPDCAサイクルで確認する必要があります。

その時に大切なことは、振り返って修正するということです。

さまざまな広告媒体を使うことで予想外のことが起きる可能性もあります。

企業のブランド戦略のシナリオが間違った方向に進んでしまった場合、その都度、修正をしていくことが必要です。

 

これからの時代のブランド戦略

これからは、アフターコロナの時代に求められるブランド戦略が必要になってきます。

では、どのようなブランド戦略が必要になってくるのでしょうか。

長期的なシナリオ設計を作る

この機会をチャンスと捉え、長期的な「攻め」のシナリオ設計を作る必要があります。

長期に渡ってブランド戦略を行うためには、今以上にブランドを確立する必要があります。

ブランドコンセプトを曖昧にせずに強固にすることで、一貫性を持った魅力的なブランドへと成長させることができます。

これからの時代に合ったブランディングを行うためにも、再度ブランドコンセプトを見直してみてはいかがでしょうか。

オンライン化をするためのシナリオ設計

これからのブランド戦略にはオンライン化は欠かせない要素の1つです。

ただし、オンライン化をしただけではブランドの価値を保つことはできません。

オンライン化することで、より企業のブランド価値を高める意識が大切です。

オンライン化するときには、自社のブランドについて再度考えて、よりブランド価値を高めることができるような取り組みを行いましょう。

そうすることで、新規顧客の獲得やリピーター増加につなげることができます。

 

ブランド戦略に大切なシナリオ設定

今回は、ブランド戦略に重要なシナリオ設定について解説しました。

これからのブランディングでは「守り」の姿勢を持ちながら「攻め」に転じられる臨機応変な姿勢が必要になります。

チャンスを逃さないためにも、情報収集して、社会情勢を知ることが大切です。

ただし、それよりも大切なことはシナリオ設定です。

多くの方に自社のブランドの価値を伝えるためにも、シナリオ設定が非常に重要であることを覚えておき、ブランド戦略に活かしていきましょう。

投稿者プロフィール

久保木 彩子
久保木 彩子
新卒で羽田空港で働いた後、卒業旅行で興味を持ったバンコクへ移住しホテル勤務。
2年半のバンコク生活を終えて帰国した後、Webライターとして活動中。

【一言あいさつ】
将来は自分の書いた文章で、たくさんの人をHAPPYにできる人になりたいです!!
好きなことは絵を描くこと、代々木公園をお散歩すること、散歩している犬を触ることです♡

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG