認知度が低い会社の対策方法 (1)

認知度が低い会社の対策方法 認知度を上げるためにすべきこととは?

認知度が低い会社の対策方法 (1)

認知度が低いことに悩んでいる会社は少なくないでしょう。

「宣伝をしてもいまひとつ反響が得られない」、「名前は知られているのに売り上げにつながらない」このような悩みを持っている会社は、まず認知度についての理解を深めましょう。

その上で、効率のいい方法を試していく必要があります。

今回は、認知度の概要やメリット、効率的な方法や注意点を解説します。

 

認知度とは

認知度というのは、会社の事業内容や商品の中身などが世間の人々に理解されている状態のことです。

会社名や商品名だけが知られているだけの状態では、認知度が高いとは言えません。名前から一歩踏み込んで、中身まで深く認識される必要があるのです。

たとえば、会社名を聞いた人が「その会社は○○という商品を販売していて、他の会社よりもデザイン性に優れている」などの認識を持っている状態は、認知度が高いと言えるでしょう。

 

知名度との違いは?

認知度と似た言葉として、知名度があります。同じような意味と捉えている方もいるでしょう。

しかし、実際には異なる意味を持っています。知名度とは、会社や商品の名前が世間の人々に知られている状態のことを言います。中身や特徴などは知られていません。

会社名を聞いた人が「会社の名前は知っているが、どのような商品を扱っているのかは知らない」という状態は、知名度があると言えるでしょう。

 

知名度も重要

消費者に商品やサービスを購入してもらうためには、認知度を上げることが重要です。魅力や特性を知ってもらえなければ、購入にはつながりにくいからです。

しかし、知名度も重要もです。そもそも消費者が会社や商品の名前を知らなければ、購入を検討してもらうこともできません。

認知度と知名度は別物だと考え、各々をきちんと向上させるために活動を行う必要があるでしょう。

 

認知度向上のメリット

まず、会社や商品の中身まで理解してもらうためには認知度の向上が大切です。

では、認知度を向上させることによって、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

ここからは、主なメリットを3つご紹介します。

 

ブランディング効果が期待できる

認知度を向上させることによって、消費者は会社や商品へのイメージを持つようになります。そのイメージが、会社が考えているものと共通しているとブランディング効果を生むことが期待できます。

ブランディングに成功すれば、さらに認知度が上がることが考えられ市場で独自のポジションを確立することにもつながります。

その結果、売り上げがアップする可能性もあります。

 

ファンが増える

認知度が向上すれば、商品やサービスを利用してくれる人が増えます。顧客が増えれば口コミなどが広がって、さらに新規の顧客を獲得できるでしょう。

認知度があるということは、名前だけでなく会社や商品の魅力まで知ってもらえている状態です。

したがって、会社自体に魅力を感じたり、共感してくれたりするファンが増える可能性があるのです。リピーターの増加も期待できます。

 

話題性のアップにつながる

認知度を向上するためには、あらゆる方法で情報を発信する必要があります。たとえば、インターネットやSNSでの情報発信が考えられるでしょう。

そうすることで会社や商品に関する情報が拡散され、テレビや雑誌などのメディアから取材依頼が来る可能性もあります。

その結果、もともとターゲットとしていなかった顧客層にも情報が広く知れ渡るようになります。

 

効率よく認知度を上げる方法5選

では、認知度が低くて悩んでいる会社はどのようにして認知度を上げればいいのでしょうか。

多数の方法があるため、会社の規模や予算などに合う方法を試してみてください。

ここでは、以下に認知度を上げる方法を5つご紹介します。

 

オウンドメディアの活用

オウンドメディアとは、自社サイトやブログ、パンフレット、カタログなどのことを指します。たとえば、自社サイトを開設することで多くのインターネットユーザーに情報を届けられるでしょう。

現代の消費者は多くの情報をインターネットから得ているため、自社サイトの立ち上げは必須だと言えます。

ただし、オウンドメディアは、すぐに高い効果が得られるとは限りません。定期的な更新や他メディアからの誘導などが必要で、長期的に成長させるものです。

また、その種類によってターゲット層が違うため、どのメディアを活用するかの見極めが大切です。

 

SNSの活用

新たなコミュニケーションツールとして定着し始めているSNS。個人での利用だけでなく、会社もアカウントを開設して活用しています。

SNSで注目される投稿をすれば、一気に拡散されて不特定多数の人に情報が届く可能性があります。基本的には無料で利用できるため、効率が良い方法だと言えるでしょう。

あまり費用をかけられない場合は、SNSの活用から始めてみてください。ただし、SNSで注意すべきなのが炎上です。

一度の炎上によって、会社の信頼性が失墜することもあるためールなどを決めた上で運用しましょう。

 

プレスリリースの発行

プレスリリースとは、マスコミに対して商品やサービスを知らせる文書のことを指します。

プレスリリースによってマスコミの興味を惹くことに成功すれば、取材を受ける可能性もあり幅広い層に認知されることが期待できるでしょう。

ただし、マスコミには非常に多くのプレスリリースが届いているため、関心を持ってもらうための工夫が必要です。

注目されるような内容のものを発行しましょう。

 

メルマガ配信

メールマガジンを定期的に配信することで、情報を確実に届けられます。

定期的な配信によって認知度の向上を狙えるでしょう。ただし、配信頻度や内容によってはしつこい印象を与えてしまうこともあるため、慎重に考えて配信を行ってください。

 

書籍の発行

会社で書籍を作って発行するという方法も、認知度向上の効果が期待できます。

企業出版を行うことで、見込み顧客に対して幅広い情報を伝えられるでしょう。不特定多数ではなく、ピンポイントにターゲットを絞ることで無駄を最小限に抑えられます。

書籍の発行には他にもさまざまなメリットがあります。

本という形に残る媒体でアピールすることで、社会からの信用を得やすくなると言えます。会社の歴史などを記載すれば、自社への就職を考えている学生へのアピールにもなるでしょう。

 

認知度向上における注意点

認知度を向上させるのは簡単ではなく、注意すべきポイントもあります。

認知度向上のための活動が無駄にならないように、以下の注意点を意識しながら認知度アップを目指しましょう。

 

競合他社と方法を変える

自社よりも認知度の高い競合他社が存在する場合は、まずその会社が行っている認知度向上のための活動を分析しましょう。

基本的に、他社とはアプローチ方法を変えることがおすすめです。全く同じ方法で戦うのは難しく効率が悪いでしょう。

自社独自の方法を生み出したり、別の視点から会社をアピールしたりすることが大切です。

 

短期間での成果を期待しない

認知度は、急激に上がるものではありません。

派手なセールや広告などによって一気に広く宣伝することは可能ですが、瞬間的な効果しか得られず必ずしもそれらの方法で認知度が上がるとは言えません。

認知度を上げるためには、顧客が自社や商品などを吟味する時間が必要なのです。

すぐに成果が出ることを期待せず、地道に活動を続けてください。また、長期的な目で見てしっかりと計画を立てることが大切です。

 

まとめ

認知度が低いことで悩んでいる場合、まずは自社・他社の認知度、自社の魅力などを分析しましょう。そうすることで、認知度向上の目的や自社に適している方法などがわかってきます。

また、1つの方法だけを試すのではなく、複数の方法を実践して効果を測定してみるのもおすすめだと言えます。

短期間での達成を目指すのではなく、長期的に認知度を上げることを目標にすることも重要です。

 

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG