marketing wording stack on books

差別化マーケティングとは? 差別化には今だから出版がおすすめ

marketing wording stack on books

マーケティングにはさまざまな手法がありますが、近年注目を集めている差別化マーケティングをご存じでしょうか。
現在では、さまざまな業界において、差別化マーケティングを取り入れる個人・企業が増えています。
本記事では、差別化マーケティングの概要やメリット、本の出版が差別化に最適な理由などを解説します。

差別化マーケティングとは

他社の商品やサービスとの違いを明確に打ち出し、優位性を獲得する手法を差別化マーケティングと呼びます。
実際の戦略では、違いを打ち出すだけでなく、積極的なプロモーションを展開しユーザーへアプローチします。

現代は情報が過剰にあふれ、スマホやパソコンを用いて誰もが簡単にさまざまな情報を入手できる時代となりました。
情報が多すぎるゆえに、消費者は自分に合うサービスや商品選びに迷ってしまう、といったことが珍しくありません。

差別化マーケティングが注目されているのは、こうした時代背景があるからです。
他社との違いを明確にすれば、消費者が判断しやすくなり、サービスや商品の購入に結び付きます。
企業が今後の時代を生き抜くには、差別化マーケティングの実践は必須といえるでしょう。

差別化マーケティングのメリット

すでに多くの企業や個人が差別化マーケティングを実践しているのは、明らかなメリットがあるからです。
具体的には、価格競争の回避、新規参入の抑制、収益の拡大の3つのメリットが挙げられます。
詳しく見ていきましょう。

価格競争をなくせる

たとえば、野菜を販売するA社、B社、C社の3社があるとしましょう。
それぞれの会社は、ほぼ同列の価格で野菜を販売しています。
しかし、あるときA社だけ大幅に野菜の価格を値下げしたとすると、どうでしょう。
当然、多くの消費者はA社の野菜を購入しようと考えます。

それに伴い、B社やC社の売上は減少してしまうため、必然的に値下げをしなくてはなりません。
再び価格が同列となっても、またA社が値下げすればB、C社ともに対応しなければならず、どんどん悪循環に陥ります。

このような事態に陥らないためにも、差別化が必要です。
たとえば、同じ野菜であっても、「生産者の顔やメッセージをつける」「野菜の安全性を数値で示す」といった差別化を行うとどうでしょう。
他社より高くても、価格以上の価値を感じてもらえるため、価格競争に巻き込まれることを回避できる可能性が高まります。

新規参入の抑制

既存企業が徹底した差別化を実施していた場合、新規参入をもくろむ企業は簡単に入ってこれません。
徹底した差別化を行っている企業へ対抗するには、自社も同じように差別化を進める必要があるからです。

差別化を実現するには、コストも時間もかかります。
膨大な費用と時間を費やし、それでも自社がその世界で優位に立てるかどうかはわからないのです。
新規参入するのはリスクが高いと判断される可能性が高くなり、自社のシェアを守れます。

収益の拡大

差別化が実現できていれば、消費者は価格以上の価値を見出してくれます。
そのため、競合他社との戦いに勝つことができ、集客や収益の拡大を実現できる可能性が高くなるのです。

他社と差別化した商品や、サービスのブランディングに成功すれば、認知度のアップにもつながります。
多くの消費者の目にとまるようになり、マーケティングをしやすくなるメリットもあります。

ブランド化した商品やサービスは、付加価値があるため他社との価格競争にも巻き込まれません。
うまく差別化によるブランディングを進めれば、自社の独り勝ち状態になることも夢ではないのです。

本の出版が差別化に効果的な理由

差別化マーケティングの一環として、本の出版が注目されています。
理由としては、実践している人や企業が少ないこと、本を出版できることを知らない人が多いといったことが挙げられます。
詳しく解説しましょう。

実践している人・企業が少ない

差別化マーケティングの一環として、本の出版を行っている企業はあります。
しかし、全体で見ると数はそれほど多くなく、一部の人や企業しか実践できていません。

後述しますが、本の出版はさまざまなメリットをもたらします。
多くの人や企業は、そのことに気づいていません。
そのため、一部の人や企業における独占状態となっているのです。

まだまだ実践している人や企業が少ないからこそ、差別化が可能なのです。
今後、多くの企業が本を出版するメリットに気づいてしまうと、手遅れになる可能性があります。
実践している企業が少ない今こそ、本の出版を考えてみてはいかがでしょうか。

本を出版できることを知らない

本を出版できるのは、プロの作家や権威のある人、企業だけと思い込んでいる方が少なくありません。
多くの方は自分が本を出版できるということを知らないのです。

実は、本を出版するのは素人でも可能です。
プロの作家やエッセイスト、権威のある人だけでなく、その気になれば誰でも本は出版できます。
まずはそのことを理解しましょう。
多くの人が本を出版できることを知らない今だからこそ、チャンスです。

 

差別化において本を出版するメリット

本を出版するメリットとしては、信頼性や認知度の向上、優秀な人材の確保などが挙げられます。
ほかにもメリットはありますが、代表的なのはこの3つでしょう。
以下、それぞれのメリットについて詳しく解説しましょう。

信頼性の向上

「本に書いてあることは正しい」と考える人は少なくありません。
多くの人々にとって、本は信頼性の高い媒体なのです。
企業の歴史や経営者の考え、商品の魅力などを本にして出版すれば、それだけで信頼性をアップさせる効果が期待できます。

商品やサービスの信頼性が向上すれば、売上や収益にも反映されるでしょう。
信頼性を向上させられるだけでなく、収益の拡大も実現してくれるのです。

認知度の向上

本を出版すれば、書店に著書が並びます。
書店には、さまざまな年代の方が訪れるため幅広い年齢層の方へアピールできるのです。
性別や年代を問わず多くの人の目にとまり、認知度がアップします。

本の購入にいたらずとも、書店に並ぶだけで認知度が上がることは期待できます。
不特定多数の方にアプローチできるため、これまでとは違った層を顧客に取り込むことも可能と言えます。

優秀な人材の確保

ブラック企業が社会問題となっている昨今では、多くの方がイメージの良い企業へ就職したいと考えています。
本を出版している事実があれば、それだけで信頼性アップにつながり、採用活動でも有利に働きます。

企業が成長を続けるうえで、優秀な人材の確保は欠かせません。
優れた人材を獲得し、企業が成長していくためにも、自社の魅力や他社との違いを著書で打ち出してみてはいかがでしょうか。

まとめ

さまざまな情報があふれ、誰もが簡単に入手できる時代となった今だからこそ、差別化マーケティングが必要です。
本の出版であれば効果的な差別化マーケティングが可能となるため、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

本を出版し、認知度や知名度、信頼性を向上させ、収益の拡大を実現しましょう。

 

 

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

【無料】出版サービス資料

出版マーケティングサービス資料
一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版にかかる費用や弊社のサービスについてより詳しく理解していただくために、資料を用意しました。

資料では弊社やお客様が実際に出版に取り組んで

・気が付いたら自分の本が出版できていた
・一緒にビジネスをやりませんかというお誘いを受けた
・興味を持ってくださる方が集まった
・仕事が広がった

といったように出版マーケティングの効果を実感していただいたサービスを紹介しています。

過去に出版した書籍の試し読みPDFも用意しておりますので、ぜひ貴社のビジネスの発展のためにお役立てください。
marketing wording stack on books
最新情報をチェックしよう!