企業のブランド認知度のリサーチ方法

 

近年、自社製品を購入してもらうためには品質や機能、オリジナリティなどに加えてブランドの力が重要視されています。

したがって、企業がマーケティング活動を行う際に、サービスや商品と言った企業ブランドとしての世間における認知度をリサーチすることは重要です。

本記事では、ブランド認知度調査の概要や目的、リサーチ方法、実施する上でのポイントについて詳しく解説します。

ぜひこの記事を参考に自社のブランド認知度調査を実施してみてください。

 

ブランド認知度調査とは?

そもそもブランド認知度調査について詳しく説明できない方も少なくないでしょう。

ブランド認知度調査とは、企業が世間や市場においてどのくらい認知されているのか、といったリサーチをすることを指します。

ここでは、ブランド認知度調査の概要と目的について詳しく解説します。

ブランド認知度調査の概要

これまでにも説明しましたが、ブランド認知度調査とは、企業ブランドイメージが市場や世間でどれほど認知されているのかをリサーチすることです。

競合他社と比較を行ったり、継続してリサーチしたりすることによって、企業のブランドについて客観的に把握することができます。

企業ブランドをリサーチしていくことで、ブランド戦略を策定するための必要材料としてリサーチ結果を利用することが可能です。

また、企業ブランドをさらに拡大するために、ブランドを立ち上げた後に実施する場合も多いと言えます。

ブランド認知度調査の目的

ブランド認知度調査を実施する目的は、企業のブランド認知度を把握するために行われます。

継続的なブランドリサーチをおこなうことで、市場での自社のブランドにおける認知度を掘り下げ、改善効果を時系列に沿って理解することが可能です。

また、ブランド認知度を向上させる方法を見つけ出すことによって、間違った方法を用いていた場合のコストの削減もできるでしょう。

他にも、ブランド認知度調査は、自社ブランドの市場における立ち位置を理解するために用いられることもあるでしょう。

競合他社と比較し、自社のブランドがどの位置にあるか把握することで、ブランド戦略を再度練り直す場合に役立てることができます。

 

ブランド認知度をリサーチする3つの方法

ブランド認知度調査は、「定量的に」リサーチを行う場合が多いです。

理由は、世間にどの程度企業のブランドが認知されているかを客観的にリサーチするためです。

ここでは、ブランド認知度調査によく実施される手法として3つの方法を紹介します。

場面に応じて適したリサーチ方法を適用することが重要です。

インターネットネットを利用した調査

インターネットで実施されるリサーチ方法はブランド認知度調査で最も定番なリサーチ方法といえます。

偏りなく多くの人に同時でリサーチをしていくことができるため、市場におけるその企業の認知度を把握できる可能性が高い傾向にあります。

また、オンラインで完結するため、コストも比較的少なく済ませることが可能です。

一方で、商品やサービスによってはオンラインを用いたリサーチが向いていない場合もあります。

例えば高齢者向け健康商品において、ブランドの認知度調査を行うとします。

高齢者はインターネットを利用している数が若年層と比較すると、圧倒的に少ないため、インターネット調査は向いていないといえるでしょう。

また、一部の地域に限定してブランド認知度調査をおこなう場合も、適切な結果が得られない可能性もあるので注意しましょう。

街頭調査

街頭調査は、限られた地域のブランド認知度調査をおこなう場合に効果的なリサーチ方法といえます。

たとえば、ある地域の特産物がその地域でも認められているかのような狭い範囲でリサーチを実施する場合には、インターネット調査でリサーチするよりも効率が良いといえるでしょう。

一方で、リサーチをおこなう場所や時間によってリサーチ結果が大きく変わる可能性もあります。

また、インターネット調査と比較するとリサーチ場所の確保にコストが発生する場合も少なくないです。

さらに、人と対面してヒアリングを行うため、コミュニケーションスキルも要求されます。

郵送を利用した調査

郵送を利用した調査では年齢やネットワーク環境などに影響されることなく、多くの方にリサーチを実施できます。

そのため、インターネット調査ではリサーチをおこなうことができない層に対しても郵送調査では実施できます。

たとえば、高齢者であったり、インターネットを利用しない方などが挙げられます。

一方で、郵送を利用した調査の場合、若年層の回答率が低い傾向にあります。

また、コストやスピードの面でインターネット調査や街頭調査に劣る場合もあるでしょう。

 

ブランド認知度調査を実施する上での3つのポイント

これまでに、ブランド認知度調査の概要や目的、リサーチ方法について解説しました。

ここでは、ブランド認知度調査を実施する上で大切な3つのポイントについて紹介します。

リサーチする上でのポイントについて理解することで、最適なブランドの認知度調査が可能となります。

リサーチをおこなうターゲットを明確にする

ブランド認知度調査を実施する上で、リサーチ対象者を明確に定義することは大切です。

リサーチをおこなうターゲットを明確にしない状態でリサーチを実施すると、目的とは異なったリサーチ結果になる場合も少なくありません。

たとえば、世間一般的な自社ブランドイメージについてリサーチすることが目的であったにもかかわらず、自社の支持者にのみリサーチしてしまい、認知度調査が失敗してしまう可能性もあります。

したがって、ブランド認知度調査をおこなう際には、リサーチする対象を明確にしましょう。

仮説などの思い込みは排除する

ブランド認知度調査を実施する上で、仮設などの思い込みを排除することも重要です。

リサーチ対象者に容易な質問を投げかけることで、対象者は心を開き、自身の意見を述べやすくなる場合は多いです。

一方で、自身の仮説などの思い込みを調査における質問のなかに反映しないようにすることも大切です。

リサーチ対象者の深層心理まで踏み込むために会話をはずませることも重要ですが、自身が期待した方向に質問の回答を誘導しないように気を付けましょう。

認知度ブランド調査は継続的かつ定期的に実施する

ブランド認知度調査をおこなうにあたって、継続的かつ定期的にリサーチを実施することも大切です。

企業のブランドイメージは宣伝の仕方や、商品やサービスの品質・価格などによって簡単に大きく変化します。

そのため、継続的にブランド認知度調査を実施する必要があります。また、コストの観点からリサーチの頻度に関しても考慮することも重要です。

 

適切な実施方法を理解し、自社に合ったブランド認知度調査を実施しよう

ブランド認知度調査とは、自社のブランドイメージが世間でどれほど認知されているのかをリサーチすることです。

ブランド認知度調査を実施するにあたって「リサーチ対象を明確にする」「仮説などの思い込みを排除する」「リサーチは継続的かつ定期的に実施する」ことが大切です。

企業のブランド認知度をリサーチする方法として「インターネット調査」「街頭調査」「郵送調査」の3つをご紹介しました。

それぞれのリサーチ方法にはメリットとデメリットがあります。

リサーチ対象者を明確にした上で、自社に合った方法でブランド認知度調査をおこなうことが重要と言えるでしょう。

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG