ブランディングのメリットと効果

ブランディングとは、簡単に言えばある商品やサービスに対してより良いイメージを持ってもらい、選択する人々の目を向ける一種のイメージ戦略です。

いくつかの方法があり、例えば流行するような商品に成長させたり、一定の分野では一番の強みを持ったりするようにしていくのがブランディングの主流です。

 

ブランディングは、現在では企業戦略の一つとして見逃せないものになっており、ブランドの認知度によっては今後の売り上げなどに直結するシビアな面があります。

ブランディングの方法やターゲットをしっかりと認識することで、新たな販路への道筋を拓く可能性もあるでしょう。

ここでは、ブランディングの意味やメリット、効果などを解説します。

 

ブランディングの意味とは

ブランディングを行う意味は、どういったところにあるのでしょうか。

単純に人目につくために変わったことをするだけでは効果はありません。

商品を欲している顧客層にダイレクトに届くような魅力的なオリジナリティーを持つことが大切です。

 

企業にとって武器になるメリット

ブランディングに成功すると、ある一定の分野において強みを持つことができます。

消費者の脳裏に最初にイメージが浮かぶようになると、売り上げもそれに比例して伸びていきます。

意味あるブランディングを行い、いかに馴染みのあるものにしていくかが問われます。

 

会社を成長させるためにはブランディングの成功は必要不可欠であり、拡散させるスピードが速いほど瞬間的な利益が入ります。

継続して利益を出していきたい場合には、時代背景をしっかりとくみ取ったブランディングが必要です。

 

浸透度合いによっては、企業の強力な武器にもなり得るのでブランディングを利用したさらなる事業展開が可能となります。

 

分かり易い特徴を得るというメリット

例えば、何百年も続いている伝統の和菓子店などは、その歴史と認知度から既にブランディングに成功しています。

ここに新しく挑戦していく企業が商品に対してイメージ戦略を行い独特な特徴を掴んでいけば、老舗の占めるシェアに食い込んだり、追い抜いたりすることができます。

 

ただし、他と同じことをやるのは、単なる二番煎じなので注意が必要です。

 

老舗が持っている特徴を超えるような分かり易い良いイメージを持たせることで、今までは縁の無かった若年層などの訴求にもつながる可能性が有ります。

現在ではインターネットの普及により瞬く間に情報が広がっていきますので、より特徴が分かり易ければ拡散率が上がり効果も絶大です。

 

人のイメージに思い浮かべやすくなるメリット

「〇〇といえば■■」といったイメージを持つことも多いのではないでしょうか。

これは、既にブランディングに成功した企業イメージであり、世間の人がある商品について真っ先に思い浮かべるようになった証拠です。

 

いつ、どこにいても、顧客が同じイメージを持つようになったとき、同業他社に勝るアドバンテージを得たといっても過言ではありません。

 

拡散次第で更に売り上げの向上につながるメリット

今やすべての作業が手元で完結するようになった世の中です。それだけに情報が拡散されるスピードも速く、「バズる」と瞬く間に世間に知れ渡ります。

最も広い情報網を所有している世代は、主に「ミレニアム世代」です。

 

「ミレニアム世代」とは1980~2000年頃に生まれた世代を指し、WindowsやiMacなどのパソコンに加え、インターネットの普及によりワールドワイドな情報を入手することに成功した年代です。

流行の最先端を追いかけて乗り遅れないようにしているミレニアム世代が、さらにその後の世代にも影響を与え現在の情報社会を形成しています。

したがって、ブランディングのターゲットとして一番最適なのがこの年代と言えるでしょう。

 

2000年代生まれとはいえ、早い方ではもう成人しており自己意思決定権も持っています。

そんな人たちが手に取って「良い」と感じた商品やサービスであれば、そこからより広い世代に拡散されていくでしょう。

 

ブランディングとマーケティングの関係

企業戦略の大切な要素として「マーケティング」があります。

どのような商品がどのような層に支持されていて、どれだけ売り上げを上げたかを分析することで、商品やサービスの価値などが読めるようになるのです。

マーケティングは商品開発からリリースまで欠かせない行動であり、ほぼすべての企業で戦略が緻密に練られています。

満を持してリリースされた後も、売れ行きなどを左右する行動です。

ここからは、マーケティングをうまく駆使してブランディングに役立てるにはどうすればいいのかを見ていきましょう。

 

マーケティングとは何か

マーケティングとは、主に企業が顧客の欲求やニーズを満たすためにどのような販路や宣伝などを計画していけばいいかを考えることです。

広く世間に知られるためにどうすればいいかを考え、商品が売れる仕組みを作っていきます。

 

例えば競合他社がいる場合、その会社をリサーチしたり、自社が開発したものに欠けている部分や足りない要素を洗い出したりして改善していくのも一つのマーケティング行動です。

 

ブランディングとの違いは何か

マーケティングを簡単に言うと、商品を展開する道筋を作って世に出すことです。

 

それに対し、ブランディングは出た後の商品に対していかにしていいイメージを持ってもらうかを考えることです。

もちろん良い商品は売れるでしょうし、他社と違う特徴が発見されれば広い年代の目にも留まりやすくなります。

そこで、マーケティングとブランディングを合わせて考えていくことで、新しい商品価値を生み出しより多くの方に訴求できる環境を作っていくことができるのです。

 

また、一度獲得した顧客でも、信頼し続けてもらうためにどのようなアプローチをすればいいかを考えるのもマーケティングの仕事です。

どちらも会社の成長には欠かせない戦略なので、様々な分野での経験を必要とします。

 

ブランドとは何か

そもそもブランドとはどのようなものなのでしょうか。

日常生活において、特に意味を考えることはあまりないかもしれませんが、意味を知ることによりブランド構築のためにどのようなアプローチが必要かが見えてきます。

 

ブランドの語源

ブランドについては「高級であればブランド」であるとか、「伝統や年数によるもの」というイメージが強いのではないでしょうか。

ブランドという言葉の語源は、古ノルド語の「brandr(ブランドル)」だと言われています。これは「焼き印を押す」という意味です。

つまり、他ではない何かを象徴することで、より多くの人の目に留まりイメージに残りやすくするのがブランドの語源だったのです。

 

ブランドという言葉は、消費生活において入手する商品やサービスが持つ多種多様な「差」について意味を見出した状態を指すと言えるでしょう。

「ここにしかないもの」や、「ここでしか手に入らないもの」も等しい意味です。

 

ブランディングは、いかにしてその「意味」を商品やサービスに持たせていくかを生み出す戦略です。

もちろん意味を付けるだけではなく、消費者がイメージしやすいものでないと訴求効果は出ませんしブランディングが失敗しかねません。

 

世の中のニーズをうまく汲み取って、求められているものについて正しくマーケティングを行い、今後商品やサービスにどのような付加価値を付けていくべきかを考えるのが成功するブランディングの第一歩です。

 

ブランド構築のために意識すること

目的やターゲットが決定していても、ブランドとして知名度が上がらない理由として挙げられるのが「伝えるポイントが不明瞭」ということです。

 

いくら良い商品で他社との差別化もしっかりできていても、その内容が複雑すぎると消費者はどうしても馴染みのある商品の方を手にしてしまいます。

訴求する側は内容をよく理解していても、一般的なエンドユーザーはそれほど深く理解していません。

そのため、よりシンプルなアプローチが必要です。

 

役割や存在意義を意識して、一目で分かり易い違いと好意的な印象が持てるものに仕上げていくことで、比較されても脱落することなく消費者に手に取ってもらえる可能性が高まります。

 

まとめ

商品価値や会社の経営にダイレクトに影響するブランディングは、情報社会の現代において欠かせない企業戦略です。

エンドユーザーと企業で共通のイメージを認識することで、双方にメリットのある市場が生まれます。

ブランディングは、大きな企業に限定されるものではなく、地方の商店やサービスのお店でも通用する戦略です。

まずは、現在の商品やサービスについて分析しながら、時代の流れと顧客のニーズを読み解いていくことがブランディングへの第一歩となるでしょう。

 

 

 

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG