信頼度と知名度が上がるセルフブランディングのやり方

「セルフブランディング」という言葉をご存じでしょうか。ブランディングと聞くと、企業が行うブランディング戦略を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、個人でもブランディングはできるのです。 自分自身をブランド化することで、活動や仕事において多くのメリットがあります。個人で何らかの活動をしている方は、積極的に実践してみてください。本記事では、セルフブランディングの概要やメリット、やり方などを解説し […]

自費出版と著作権の関係|どこまで適用!?

文章を書くことが好きな方の中には、本を出してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。小説やエッセイを書き溜めているのなら尚更です。 近年では、素人の方でも「自費出版」という方法で、だれでも本の出版ができるようになりました。個人が自由に書いた本や、趣味に関する少しマニアックな本は、商業出版とは一味違った魅力があります。そこで今回は、自費出版と著作権の関係について紹介します。   自 […]

自費出版と同人誌の違い

出版社が出版費用を負担して、本を作成し売り出す「商業出版」が主流でした。しかし近年では著者自身で出版費用を負担し、自叙伝やビジネス本など自分の経験から学んだことを自由に出版できる「自費出版」も需要が増えています。 しかし、まだあまり認知度がないため自費出版と聞くと、同人誌と認識している方も多く存在しています。しかし、自費出版と同人誌とは大きな違いがあるのです。それぞれに明確な定義はあるのでしょうか […]

自費出版に必要な文字数とは!?原稿サイズ・行間などでここまで差が出る!?

自叙伝やビジネス本など、近年誰でも本を出版できる方法「自費出版」が広まっています。そもそも自費出版とは、著者自身で出版費用を負担して本を出版する方法のことです。自費出版でも大型書店に並ぶことも稀にあり、映画化が決まった作品も存在します。 そんな自費出版に興味があり実際書いてみようとなった場合、必要な文字数は最低どれくらいなのでしょうか。他にも、原稿サイズや行間など、決まりはあるのでしょうか。自費出 […]

出版が差し止めになるケースと注意点

時間をかけてようやく出版できた本。しかしさまざまな理由から、出版が差し止めになるケースがあります。せっかく出版したのに差し止めになってしまうという、最悪の事態を回避するためにも、差し止めになるケースと注意点について確認しましょう。 今回は、そんな出版が差し止めになるケースと、実例、注意点について、詳しくご紹介します。   出版の差し止めとは 「出版の差し止め」とはその名のとおり、何らかの […]

自費出版のデメリット|クレームが発生する!?

本を出版する方法といえば、出版社が費用を負担する「商業出版」をイメージする人が多いでしょう。しかし、著者自身で出版費用を全額負担して本を出版する「自費出版」という選択肢もあります。 自費出版にはメリットが多いですが、デメリットも存在するため、慎重に検討しなければいけません。 そこで本記事では、自費出版の概要やデメリット、起こり得るトラブルについて解説します。デメリットを理解した上で、自分に向いてい […]

企業の認知度が上がるメカニズムと上げ方

企業の利益を上げる為に「企業の認知度」を上げることはとても大切な鍵になりますが、企業の知名度を上げることは簡単なことではありません。 企業の知名度を上げるということは、「何をしている会社か、どのような特徴があるのか」を、人々に知ってもらう必要があるということです。 しかし、認知度を上げる方法は少なくありません。比較的簡単にできる方法もある為、積極的にチャレンジしましょう。 そこで本記事では、企業の […]

出版不況の本当の構造~今の時代こそ出版で会社を宣伝すべき理由~

「若者の○○離れ」という言葉をよく耳にするようになりました。車やタバコなどと同じようによく聞くのは、若者の活字離れ、または本離れです。 そうなると出版業界はその影響を大きく受けることになります。現に、今出版業界はかなり厳しい状態です。 しかし、本当の原因は若者の活字・本離れだけではありません。今の時代だからこそ会社を宣伝するために出版というものを利用すべきだと言えるでしょう。 今回は、出版不況の構 […]

副業禁止の企業でも自費出版は問題ない?

本業での稼ぎが心もとないという場合、副業したいと考える人も多いのではないでしょうか。 「自費出版」は、印税という形で収入が得られる魅力的な副業です。しかし、会社勤めを本業にする人の中には、就業規則により副業が禁止されているケースもあるでしょう。 また、就業規則に定めはないけれど本当にやって良いのか分からない、と悩んでいる方もいるかもしれません。 今回は、副業禁止の企業で自費出版が問題になるのかにつ […]

出版企画書の書き方 出版社の目に留まるには

本を出版するためには、出版企画書を書いて出版社に提出する必要があります。 出版企画書は、本の内容や出版の目的などを提示するためのもので、非常に重要な書類です。 出版企画書の内容によって、実際に本を出せるかどうかが判断されるといっても過言ではないでしょう。しかし、実際に書くべき内容やポイントなどが分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、出版企画書の概要や項目リスト、本の売り上 […]

>無料資料はこちら

無料資料はこちら

無料資料を用意しました。 あなたの会社に出版の力をプラスするために、ぜひご活用ください。

CTR IMG