出版による差別化の意味|具体策付き

企業が他社企業よりも優位に立ち、市場で生き残っていくには、「差別化」が重要です。しかし、差別化の意味や理由が分からない方もいるでしょう。

また、差別化にはあらゆる手法がありますが、企業によってその最適な方法は違ってきます。自社の特長をアピールできて、効果の高い方法を選択できるように、まずは差別化についての理解を深めましょう。

本記事では、出版による差別化の意味や具体策、メリットなどをまとめました。

出版による差別化とは

企業が本を出版して、差別化戦略やブランディングなどに繋げる方法を、「企業出版」といいます。企業出版を行っているサービスでは、企業に関する多くの情報を整理して、一冊の本にまとめることができます。自社の事業内容や商品、サービスなどについてまとめることで、アピールしたい自社の特長を消費者に届けることが可能です。

本以外にも、自社サイトやSNSなどを活用することで、自社の情報を発信することは可能です。しかし本の場合は、他の媒体では伝えきれないような情報まで深く記載できるでしょう。したがって、表面的な情報だけでなく、企業文化や社会的意義などSNSの発信などでは伝えきれないさらにもっと深い事柄を伝えることができます。

これらの深い自社の想いを発信することで、読者が自社に興味を持つ可能性が広がります。その結果、同じような商品やサービスを展開する競合他社がいても、差別化を図ることができます。自社の理念や思いに共感した読者が、顧客に変化することが期待できるでしょう。

さらに、著者や出版社が明確な本は、他の媒体と比べて信頼度が高いといえます。年齢などのターゲットを絞らず、幅広い読者にアピールできることが出版による差別化の魅力といえます。

差別化する理由

商品やサービスが数え切れないほど存在し、選択肢が多すぎる現代は、「選択肢過剰の時代」だと言われています。もちろん、幅広い選択肢の中から1つを選ぶのは、消費者の自由です。しかし選択肢が多すぎて、選ぶべきものが分からない消費者は多いのです。

その迷いの結果、「分からないため買わない」という行動に繋がる可能性があります。これは「決定回避の法則」という心理的行動であり、選択肢が多いことにはメリットだけでなくデメリットも存在するのです。

決定回避の法則を避けるためには、自社が他社より優れているポイントを消費者に理解させることが不可欠です。そのためには、プロモーション活動やブランドイメージの確立によって、差別化を図ることが求められます。

 

差別化が認知度向上につながる理由

本は主に書店で販売され、書店は様々な性別・年齢の人が訪れる場所です。店頭や通路の目立つ場所に置いてもらうことで、不特定多数の読者に手にとってもらうチャンスがあります。

目当ての本を探しに書店に行った時に、他の本に興味を持ち購入したことがある方は少なくないでしょう。特に、あらゆる内容の本が置いてある大型書店で取り扱ってもらうことで、認知度向上につながります。

また書店では、小説やビジネス書、実用書などのジャンルごとに本が並べられており、特定のターゲットに向けたアプローチも可能。

このように、ターゲットを幅広く想定することも、絞ることもできる点が、企業出版の大きなメリットです。

本を出版してすぐに効果が出るとは限りませんが、徐々に話題となり広がる可能性はあります。

 

差別化をはかるなら「企業出版」がおすすめ

企業出版とは、出版社が費用を負担して本を出版する方法です。自費出版と違い、著者が費用を負担する必要がありません。

また、より多く本を売るために、出版社が営業活動を行います。個人で営業活動を行うのは非常に難しく、手間や費用がかかるため、著者にとって大きなメリットだといえるでしょう。

書店とのつながりを持つ出版社を選べば、自費出版よりも書店で本を販売してもらえる可能性が高いです。

さらに、執筆を進める際には編集者によって様々なサポートを受けられます。本を出版したことがない企業や、本の出版に詳しくない企業でも、安心して出版に挑戦できるでしょう。個人での自費出版よりも、ハードルが低いのではないでしょうか。

 

差別化の具体策とは

では、具体的にはどのような方法で差別化を図ればいいのでしょうか。方法は1つではありませんが、期待できる効果や実践までの労力は違います。

まずは、実践しやすい具体策から始めましょう。その後、他の手法を取り入れたり、組み合わせたりするのがおすすめです。

 

デザインの差別化

多くの企業が取り入れている方法が、デザインの差別化です。視覚によって非常に多くの情報を得ている人間にとって、商品のデザインは重要です。

一目見ただけで他社と違うことが分かれば、消費者はそれだけで興味を持つ可能性があります。競合他社との大きな差別化につながるでしょう。

近年、インターネットのサイトで商品を販売している企業は多いです。消費者も、ネットで商品を調べて購入する機会が増えています。ネット上では、あらゆる企業の商品を並べて比較するため、特にデザインの差別化が重要なのです。

興味を引くデザインにこだわって、まずは視覚情報での差別化を目指しましょう。

アフターサービスによる差別化

デザインによる差別化が重要ですが、そう簡単にデザインを変更できない企業もあるでしょう。この場合、デザインではなく付加価値などによる差別化が可能です。

たとえば、アフターサービスはいかがでしょうか。まずは、消費者に消費やサービスを購入してもらう必要がありますが、購入後に利用してもらうことも大切です。その上で、アフターサービスを充実させることが求められます。

購入後の保証やメンテナンスサービスなどが充実していると、消費者は安心してその商品・サービスを選択できるでしょう。

 

差別化の効果をさらに発揮するには

差別化のための具体策を実践しても、消費者に理解してもらえなければ意味がありません。消費者に届くように、あらゆる媒体を活用して差別化をアピールしていくことが必要です。

デザインなどの分かりやすい手法の場合は、消費者にも伝わりやすいでしょう。しかし、アフターサービスなどの手法をとる場合は、積極的な情報発信が不可欠です。

たとえば、自社サイトに掲載する方法がありますが、それだけでは不十分でしょう。消費者が、わざわざサイトを訪れて、全ての情報をチェックするとはいえないためです。そこで、TwitterやFacebookなどのSNSを利用して、自ら発信することをおすすめします。

他には、パンフレットの発行や本の出版、展示会の開催などが効果的です。

 

差別化を図るメリット

では、差別化にはどのようなメリットが期待できるのでしょうか。たとえば、差別化によって顧客数が増加し、売上が上がることで自社の知名度があがる可能性があります。その結果、採用活動において有利になることが考えられるのです。

企業が事業を継続するためには、優秀な人材の確保が不可欠です。本の出版といった差別化で、企業の思いや文化を伝えることで、「この企業で働きたい」と思う人が増えるのではないでしょうか。

ビジネスの拡大や自社の成長にもつながります。差別化を図ることによって、競合他社との差を発見できます。他社よりも優れている点はもちろん、劣っている点も見つかるでしょう。

長所はより伸ばすことで、さらに他社との差を付けて消費者に注目してもらえます。短所はしっかりと見つめ直すことで、改善していけます。

 

オリジナルを生み出して差別化をはかろう

企業が他社に対する優位性を示すためには、差別化を図ることが求められます。多数の方法がありますが、出版による差別化も検討してみてください。

自費出版と違って、企業出版は出版社が費用を負担しますし、宣伝も行ってくれます。それほどハードルは高くありません。

出版以外の方法を選択したとしても、消費者に知ってもらうための情報発信は欠かさないようにしてください。

他社との差を付けて自社だけのオリジナルを生み出し、幅広い消費者にアピールしましょう。

 

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

【無料】出版サービス資料

出版マーケティングサービス資料
一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版にかかる費用や弊社のサービスについてより詳しく理解していただくために、資料を用意しました。

資料では弊社やお客様が実際に出版に取り組んで

・気が付いたら自分の本が出版できていた
・一緒にビジネスをやりませんかというお誘いを受けた
・興味を持ってくださる方が集まった
・仕事が広がった

といったように出版マーケティングの効果を実感していただいたサービスを紹介しています。

過去に出版した書籍の試し読みPDFも用意しておりますので、ぜひ貴社のビジネスの発展のためにお役立てください。
>無料資料はこちら

無料資料はこちら

無料資料を用意しました。 あなたの会社に出版の力をプラスするために、ぜひご活用ください。

CTR IMG