Friends hold hands, go out of a huge phone

宣伝と広告の違い 利用すべき宣伝手法とは

Friends hold hands, go out of a huge phone

自社の商品やサービスを多くの人に知ってもらい購入してもらうために、多くの企業は宣伝や広告を活用しています。

宣伝と広告と一言で言っても、両者の違いを詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか。また、宣伝方法は多数存在するため、どの方法が特に効果があるなのか知りたいという方もいるでしょう。

本記事では、宣伝と広告の違いや、利用すべき宣伝方法などについて解説します。

 

「宣伝」と「広告」は違う?

宣伝と広告は、似たような意味を持つ言葉です。同じような意味として使っている方もいるでしょう。

しかし、実は両者には細かい違いがあります。

ここからは、宣伝と広告の違いについて解説します。

宣伝とは

宣伝というのは、商品やサービスの特徴や性能などを、多くの人に理解してもらうために説明する活動のことです。

商品やサービスの名前を知ってもらうだけでなく、中身についても知ってもらいたい時などに実施されます。また、宣伝することが購入に繋がることを目的とされます。

宣伝には、放送や雑誌、新聞といったマスメディアが活用されるのが一般的です。宣伝の対象は、主に商品・サービスの存在や名前をすでに知っている人たちとなります。

もともと宣伝という言葉は、人々に主義や主張を理解させて賛同を求めるための「プロパガンダ」の訳語として使われていました。

一方現在では、主に商業宣伝のことを指しています。

広告とは

広告は、商品・サービスの存在、名前自体を広く知ってもらうための活動のことです。

宣伝とは違って、特徴や性能の理解までは求められません。また、宣伝とは異なり、購入までは求めないケースもあります。

広告は、広告主が管理できる媒体によって世に流されるケースが多いでしょう。広告の対象は、主に商品・サービスの存在や名前を知らない人たちです。

 

効果的な宣伝手法とは?

顧客に商品やサービスの内容を理解してもらい、購入してもらうためには宣伝することがとても大事です。

では、どのような方法で商品やサービスの宣伝ができるのでしょうか。

ここからは、効果的な宣伝手法について解説します。

メディアの活用

メディアには、テレビや新聞、雑誌やラジオなどの媒体が含まれます。これらのメディアを活用するためには、ニュース性と地域性、季節性が重要です。

メディアで注目されやすいのは、ニュース性がある話題。たとえば、日本初や世界初などの特徴を持つ商品・サービスはメディアで取り上げられやすくなります。

メディアで取り上げてもらって宣伝する場合には、ニュース性を積極的にアピールしましょう。

地域限定のフリーペーパーやラジオといったローカルメディアでの宣伝を目指す場合は、地域性のある商品やサービスを強調しましょう。地域限定の商品の場合、対象としている地域の顧客への宣伝に効果が期待できます。

季節性も重要です。飲食店やイベント関係の宣伝をする場合は、発売時期や季節のイベントなどに合わせた宣伝を行うと効果的です。

インターネットの活用

スマートフォンやパソコンが普及した現代において、インターネットでの宣伝は不可欠といえます。

インターネットと一口に言っても、ホームページやSNS、動画などさまざまな種類があるため、それぞれの効果を知り使い分けましょう。

ホームページ

近年では、当たり前のようにどの企業も自社のホームページを持っています。あらゆる情報を掲載することで、インターネットユーザーに対して広く宣伝できるでしょう。

ただし、単にホームページを作成するだけでは足りません。

競合他社よりも優れたホームページを開設したり、SEOを意識したコンテンツ作りを行う必要があります。

SNS

近年、SNSも一気に発展しています。SNSの種類も多岐にわたり、TwitterやInstagram、Facebookなどのアカウントを運用している企業は少なくありません。

SNSを活用した宣伝がうまくいくと、膨大なSNSユーザーに情報が届きます。

また、SNSを通じて顧客とコミュニケーションをとることも可能です。基本的には無料で利用できるというメリットもあります。

ただし、エンターテイメント性が求められる側面があり、ユーザーを楽しませる方法を模索する必要があるでしょう。

動画

さらに、動画サイトの発展によって、YouTubeなどで気軽に動画を楽しめるようになっています。そこで、動画を使って商品やサービスを宣伝するという方法も考えられます。

動画では、文字よりも多くの情報を伝えられますし、消費者の記憶に残りやすいでしょう。これからの宣伝では、動画も積極的に活用してみてください。

メールマガジンの配信

顧客のメールアドレスが分かっている場合は、メールマガジンの配信で宣伝ができます。メールマガジンは、特定のターゲットに情報を届けたい時に便利です。

また、定期的に送ることで継続したコミュニケーションがとれます。新規顧客を開拓するよりも、宣伝効果は高いでしょう。

ただし、メールマガジンを送りすぎると鬱陶しいと思われて宣伝の逆の効果になるため、頻度や内容には十分に注意しましょう。

なお、特定電子メール法によりメールマガジンを配信する際は事前に承諾をとる必要があります。

 

イベントやセミナーの開催

イベントやセミナーを開催して消費者を集めることで、商品やサービスを宣伝できます。消費者に直接商品を見てもらうことで、購買意欲の向上が期待できるでしょう。

企業にとっても、消費者と直接交流するチャンスだと言えます。消費者からの質問に答えることで、改善点などが発見できるでしょう。

ただし、イベントやセミナーで大変なのが集客です。人が集まらなければ意味がないため、事前の準備によって多くの人を集める必要があります。

チラシのポスティング

エリアを絞り込んで宣伝する場合は、チラシのポスティングや新聞への折り込みが効果的です。各家庭に確実に情報を届けられるからです。

地域にある飲食店やスーパー、美容室などの宣伝方法として有効です。

ただし、チラシをポスティングしたとしても見てもらえるかどうかは分かりません。見たくなるようなチラシを作る、クーポンを付けるといった工夫が求められます。

 

ユニークな宣伝手法を紹介

ここまで説明したものは、一般的に活用されている手法ですが、もう少しユニークな方法で宣伝したいと思う方もいるでしょう。

例えば、キャンペーンに応募してもらうことで宣伝する方法があります。

具体的には、製品を買って集めたシールをはがきに貼り付けて送ることで応募し、抽選に当たればプレゼントがもらえるといった方法です。

近年では、SNSを活用したキャンペーンもたくさんあります。

応募の条件としてリツイートや共有、いいねをすることなどとして、キャンペーン参加者以外にも情報が広がっていくようにします。

 

宣伝を行う上での注意点

あらゆる方法で宣伝を行う上で、注意すべきポイントがいくつかあります。

以下に挙げる注意点に気をつけましょう。

 

短期的な効果を期待しない

宣伝によって商品やサービスを多くの人に理解してもらったとしても、すぐに効果が出るとは限りません。

「すぐに効果が出ればいい」と考えて宣伝を行うと、一時的な効果にとどまってしまいます。リピート率が悪くなる可能性もあるでしょう。

多くの消費者は、商品について調べたり、口コミを見たりした上で最終的に購入まで進みます。

この見込み顧客を長期的に育成し、顧客として獲得することを目指しましょう。

 

ターゲットを広げすぎない

宣伝するターゲットを決めることは大切ですが、欲張って広げすぎることは避けるのが賢明です。

無差別にチラシを配布したりメールマガジンを配信したりしても、効率が悪いでしょう。

ターゲットは見込み顧客に絞り込んで、性別や年齢などを考慮した上で宣伝方法を選択することがおすすめです。

例えば、若年層にはSNSを活用、高齢者層には新聞広告を利用するといった使い分けが考えられます。

 

まとめ

本記事の冒頭で述べたとおり、広告と宣伝は違います。

商品やサービスの存在を知ってもらいたい時には広告を、内容や特徴を理解してもらいたい時には宣伝を行って商品やサービスの購入につなげましょう。

宣伝方法は多岐にわたります。

メディアやインターネット、メールマガジンやイベントなどの特徴を理解し、ターゲットを絞り込んだうえで実行に移すことが大切です。

 

 

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

【無料】出版サービス資料

出版マーケティングサービス資料
一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版にかかる費用や弊社のサービスについてより詳しく理解していただくために、資料を用意しました。

資料では弊社やお客様が実際に出版に取り組んで

・気が付いたら自分の本が出版できていた
・一緒にビジネスをやりませんかというお誘いを受けた
・興味を持ってくださる方が集まった
・仕事が広がった

といったように出版マーケティングの効果を実感していただいたサービスを紹介しています。

過去に出版した書籍の試し読みPDFも用意しておりますので、ぜひ貴社のビジネスの発展のためにお役立てください。
>無料資料はこちら

無料資料はこちら

無料資料を用意しました。 あなたの会社に出版の力をプラスするために、ぜひご活用ください。

CTR IMG