企業の認知度が上がるメカニズムと上げ方

企業の利益を上げる為に「企業の認知度」を上げることはとても大切な鍵になりますが、企業の知名度を上げることは簡単なことではありません。

企業の知名度を上げるということは、「何をしている会社か、どのような特徴があるのか」を、人々に知ってもらう必要があるということです。

しかし、認知度を上げる方法は少なくありません。比較的簡単にできる方法もある為、積極的にチャレンジしましょう。

そこで本記事では、企業の認知度をアップさせるポイントや、効果的な方法についてまとめました。

 

「認知度」と「知名度」の違い

「認知度」と「知名度」は似た言葉ですが、意味は違います。

「認知度」というのは、その企業が何をしているのか、どのような会社なのかを知ることです。つまり「認知度が高い」状態とは、会社の事業内容やサービス、商品などの中身を人々が理解している状態です。

一方「知名度」は、文字通り名前が知られている状態のことです。どのようなサービス・商品を提供しているのかは知らないが、名前だけは知っているという人が多い場合は、「知名度が高い」といえます。

 

 企業の認知度をアップさせるポイント

知名度とは違い、企業の認知度をアップさせることは容易ではありません。

いくら企業側が努力しても、人々が興味を持たなければ、業務内容やサービスについて理解してもらうことは難しいでしょう。

そこでここからは、認知度アップのポイントを解説します。

短期で効果を出そうとしない

短期間で認知度を上げることは難しいため、長期的に考えることが大切です。たとえば、期間限定セールなどの派手な宣伝を行えば、人々の注目を集められるでしょう。

しかし、その効果は短期的であり、瞬間的な注目で企業の認知度は上げられません。したがって、派手な宣伝によって認知度向上を目指すのはおすすめできません。

短期的な宣伝ではなく、顧客が自社の商品やサービスを理解し、他社と比較する時間を設けてください。そうすることで、自社の特徴について深く理解してもらえます。

会社の強みを知ってもらう

企業や商品、サービスについて、名前を知ってもらえれば簡単なに顧客が増えると考える人は少なくありません。しかし、名前を知ってもらうだけでは大きな効果は期待できません。

イメージしにくい場合は、仕事で取引する時のことを想像してみてください。相手企業の名前を知っているだけで、その企業を信頼できる人はいないでしょう。

そこで、名前だけを知ってもらうことではなく、「自社の強み」をしっかりと理解してもらうことを重視してください。

競合会社と別の手段でアプローチする

どの企業にも競合会社は存在するでしょう。中には、自社よりも認知度が高い企業がいるケースもありますが、その場合はアプローチ方法を工夫するのがおすすめです。

絶大な認知度を誇る企業が既にある場合に、今までと同じ方法ではうまく戦えないためです。

たとえば、競合会社が採用していないような方法で宣伝を行ったり、キャッチフレーズを変更したりしてみましょう。そうすることで他社との差別化が実現し、認知度を効率的に上げられます。

ユーザーの立場になる

企業の認知度を上げることを目指す時、つい企業側の立場で考えてしまいがちです。しかし、企業について深く理解するのは企業ではなく顧客です。当たり前のことですが、このことを常に意識しましょう。

そこで、顧客の立場に立って「自社に解決してほしいこと」を考えてみるのがおすすめです。どのような悩みがあり、どのような方法で解決したいのかを想像しましょう。

より本格的に調査したい場合は、すでにいる顧客に尋ねるのもおすすめです。

 

 

企業の認知度を上げる方法

では、実際にどのような方法で認知度を上げるべきなのでしょうか。その方法はいくつかありますが、難易度や効果は異なります。

そこでここからは、企業の認知度をアップさせる方法を7つご紹介します。自社に合う方法を試してください。

WEBサイトの開設

現代において、インターネットは人々に欠かせないものだといえます。多くの消費者は、インターネットで検索したり、WEBサイトを閲覧したりして情報を得ています。

それゆえ、WEBサイトを開設して企業や自社製品をアピールすることは、有効な手段なのです。

しかし、インターネット上には数え切れないほどのWEBサイトが存在し、差別化が難しいです。

そこで、サイトデザインを魅力的なものにしたり、興味を持ってもらえるコンテンツを作成したりする必要があるでしょう。

SNSの活用

現代において、SNSも人々の生活に欠かせない存在になっています。TwitterやInstagram、Facebookなどは、新たなコミュニケーションツールとして定着しました。

さらに、SNSは情報を拡散する力を持っており、非常に多くの人の目に留まる可能性があります。そのため、企業もSNSを有効活用し、情報を発信する必要があるでしょう。

これらのSNSは基本的に無料で使用でき、自社の宣伝にも費用はかかりません。あまり宣伝に費用をかけられない企業であっても、気軽に始めやすいのではないでしょうか。

メール配信

定期的にメールマガジンを配信することも、おすすめの手段です。メールマガジンには、情報を提供したいターゲットを絞り、確実にその情報を届けられるというメリットがあります。

定期的な配信によって、企業の認知度アップが期待できるでしょう。

ただし、あまりにも頻度が多いとしつこいと思われる可能性があります。

メール配信の設定を解除されると情報が届かなくなるため、配信は的確に、そして慎重に行ってください。

ラジオ配信

実店舗を運営している場合は、周辺地域に住んでいる人を見込み客とするケースが多いでしょう。

その場合は、地域密着型の広告で宣伝する必要があります。その手法の一つが、ラジオ配信なのです。

ラジオ配信は、特に地方での宣伝に適しています。

なぜなら、車を移動手段としており通勤時などに運転している人が多く、車内で聞かれるチャンスがあるためです。運転中は耳が暇なため、ラジオ配信は想像以上に聞いてもらえます。

イベントの主催

地域に根ざした企業の認知度を上げる場合は、イベントを開催するのもおすすめです。実店舗などがある場合は、その場所に足を運んでもらうことで認知度を上げられます。

人が集まるということは、イベント自体が話題になることも考えられるのです。

さらに、イベント参加者限定のクーポンやプレゼントなどを用意することで、さらなる集客につながるでしょう。リピーターを獲得するチャンスにも、なり得るのです。

全国CMを流す

企業や商品、サービスの宣伝として最もメジャーだといえるのが、テレビCMです。全国CMを流した場合、その宣伝効果は大きいでしょう。

しかし、テレビCMを流せば自動的に効果が得られるわけではなく、CMを流すための戦略を考える必要があります。全国CMで失敗するのはリスクが大きすぎるでしょう。

そこで、まずは見込み客が多い地域でCMを流すことから始めることをおすすめします。その後、地域や放送時間を変えて効果を分析してください。

ネット広告

インターネットを使用する人が非常に増えていることから、ネット広告はとても重要な方法です。特に全国の消費者を対象にした商品やサービスの場合は、ネット広告が不可欠です。

まずは企業のホームページを作成し、基本情報を掲載しましょう。

また、ソーシャルメディアを活用することで、爆発的な拡散が行われる可能性があります。

さらに、スマートフォンのGPS機能を利用することで、限定的なユーザーに向けた広告も配信できるのです。

 

まとめ

以上のように、企業の認知度を上げるための方法は多数あります。しかし、企業の事業内容や規模、地域によって最適な手法は異なるでしょう。

効果がない手法を続けても、時間と費用がもったいないため、企業の目的を実現できる方法を選んでください。

まずは様々な手法を試して、その後方法を絞っていくのもおすすめです。

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG