おすすめの営業ツールとは?営業ツールの種類を紹介

近年、営業活動の効率の向上や改善を目指して営業ツールを導入する企業が増加しています。

営業ツールを活用することで、いままで手作業で管理していた商談情報や顧客情報を一元化して管理できます。

ほかにもさまざまな機能があります。

本記事では、おすすめの営業ツールや導入する際の注意点、営業ツールの種類について詳しく紹介します。

営業ツールについて知りたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

営業ツールとは?

営業ツールには「MA」「SFA」「CRM」の主に3種類があります。

それぞれ多くの製品が存在しているため、自社に合ったツールを選ぶことがおすすめです。

ここからは「MAツール」「SFAツール」「CRMツール」についてそれぞれ詳しく紹介します。

MAツール

MAとは「Marketing Automation」の略称です。MAツールとは、マーケティング業務を自動化するためのツールを指します。

MAツールを活用することで、見込み客をメールやチャットなどのさまざまなチャネルを用いたコミュニケーションで育成して、商談へと引き上げることができます。

顧客となる可能性の高い見込み客を分析して営業担当者に連携することが可能です。

SFAツール

SFAとは「Sales Force Automation」の略称です。SFAツールとは、営業をサポートするためのツールを指します。

営業の進捗状況を可視化したり、リアルタイムでプロジェクト案件や顧客情報を管理したりすることが可能です。

SFAツールによって、情報連携もスピーディーとなり、営業活動における業務効率が期待できます。

また、それぞれの見込み顧客に適したアプローチができるため、売上の向上も期待できます。

さらに、これまで営業担当者がおこなった活動をノウハウとしてSFAツールに蓄積することも可能です。

CRMツール

CRMとは「Customer Relationship Management」の略称です。CRMツールとは、顧客関係管理ツールを指します。

CRMツールを活用することで、顧客の満足度の向上や良好な関係を構築することが可能です。

そのため、売上の向上も期待できます。

 

営業ツールを選択する際の注意点

営業ツールにはさまざまな製品があります。

導入に失敗しないためにも、自社に合う営業ツールを選ぶことがおすすめです。

そのためには事前に確認しておく注意点があります。

ここでは、営業ツールを選択する際の注意点について詳しく紹介します。

導入にかかる費用

営業ツールの導入にかかる費用はさまざまです。

多くのベンダーでは、複数の料金プランを用意していることも多いです。

導入費用として、「初期導入費用」「月額費用」「オプション追加費用」の3つが主に挙げられます。

自社の予算や目的などを考慮して費用対効果などを検討することが重要です。

必要な機能が備わっているか

「多種多様な機能があるほうがおすすめ」と思われる方が少なくありません。

機能が増えるほど、コストは大きくなり、使いこなすのが難しくなる傾向があります。

そのため、必要十分なツールを選択することがおすすめです。

導入をおこなう事前に、自社の課題を明確にすることが重要です。

そして課題解決ができる機能をクリアにすることで、必要十分な機能が備わっている営業ツールを選択することができるでしょう。

サポート体制は充分にあるか

営業ツールを導入したとしても、定着させられないことも少なくありません。

導入が初めての場合、障害やトラブルが発生することが多い点が理由の一つとして挙げられます。

また、現場の営業担当者が操作しやすいかどうかも大切です。

したがって、営業ツールを初めて活用する場合にはサポート体制がしっかりしているツールがおすすめです。

また、サポートプランに関しても費用が発生する場合もあれば、無料でサポートを行ってくれる場合もあります。

また、無料トライアル期間を用意している製品も多く存在します。

導入前にサポート体制について把握しておくことは重要です。

 

おすすめな営業ツール3選

これまでに、営業ツールの概要や、導入する際の注意点について解説しました。

ここでは、おすすめな営業ツールを3つに絞って詳しく紹介します。

HubSpot

HubSpotとは、「HubSpot Japan社」が提供するSFAツールです。

マーケティングや営業などに特化しているツールが提供されているのが特徴です。

「Marketing Hub」「Sales Hub」「Service Hub」「CMS Hub」の4つのツールがあります。

営業やマーケティング、カスタマーサービスのツールが一体となったプラットフォームは、顧客との関係を良好に構築することが可能です。

よって、業務効率や売上の向上が期待できます。

機能は、すべてのツールにおいて一つのデータベースを利用しています。

そのため、社内全体でスムーズに情報共有をおこなうことができます。

料金プランは「Marketing Hub」「Sales Hub」「Service Hub」「CMS Hub」それぞれで異なるため、公式ホームページより確認することがおすすめです。

また、「Marketing Hub」「Sales Hub」「Service Hub」の3つのツールは無料トライアル期間が用意されています。

FlexCRM

FlexCRMとは、ノイアンドコンピューティング社が提供する顧客管理や営業支援などができるツールです。

FlexCRMは企業の売上を上げるために、「顧客管理」「営業支援」「マーケティング」「顧客サポート」を簡単で効果的に実現することができます。

また、FlexCRMの基本機能はすべて無料で利用することが可能です。

機能については、「FlexDB」を活用することで、業務で幅広く使用されている「リレーショナルデータベース」を未経験の方でも容易に活用することができます。

また、自由自在にカスタマイズできるため、業務で利用するメニューの項目をコーディング技術などが不要で簡単に作成することが可能です。

さらに、データベースを用いて情報を一元管理できるため、情報共有もスムーズにおこなうことができます。

料金プランは「フリー」「スタンダード」「プレミアム」「エンタープライズ」の4種類があります。

フリープランでは無料で利用することが可能です。

エンタープライズプランの料金は、公式ホームページに載っていないため、運営会社へ問い合わせる必要があります。

ちきゅう

ちきゅうとは、ジーニー社が提供している業績の向上が期待できるSFAツールです。

導入後の定着率が99%を誇る営業ツールであるため、初めて営業ツールを導入する方にも向いているといえます。

未経験の方でも容易に利用できるシンプルなユーザーインターフェースを使用しているのがちきゅうの特徴です。

そのため、営業活動の入力や設定、分析などが簡単におこなうことが可能です。

ちきゅうを導入することで、本来の業務のほうに時間を注げるため、業務効率の向上が期待できます。

営業ツールにはグラフ作成機能などがあり、営業活動を可視化することが可能です。

また、顧客管理機能やタスク管理機能によって、営業力や生産性の向上も期待できます。

さらに、商談プロセス管理機能やレポート機能によって、営業活動のノウハウの蓄積や情報共有など、さまざまな営業課題を解決することが可能です。

料金プランは4種類あります。用途によって月々にかかる料金は異なります。

おすすめされているのが月額4,980円の「プロプラン」です。15日間の無料トライアルの期間も用意されています。

 

自社に合った営業ツールを導入しよう!

これまでに、営業ツールの種類や導入する際の注意点、おすすめの営業ツールについて解説しました。

営業ツールには大きくわけて「MAツール」「SFAツール」「CRMツール」があります。

営業ツールを導入する際には、「コスト」「必要な機能があるか」「サポートが充分か」に注意が必要です。

そのためには、導入前に自社の課題を明確にすることや、営業ツール製品について詳細に調査することが重要といえます。

営業ツールの代表例として「HubSpot 」「FlexCRM」「ちきゅう」の3つを紹介しました。

営業ツールはこれらだけではなく多種多様にあります。

自社に合うツールを選ぶことが重要です。また、営業ツールに頼るだけではなく、商材に合った書籍を出版するなど営業活動において見直すべき点は多数あるでしょう。

ぜひこの機会に営業活動について見直してみることがおすすめです。

投稿者プロフィール

久保木 彩子
久保木 彩子
新卒で羽田空港で働いた後、卒業旅行で興味を持ったバンコクへ移住しホテル勤務。
2年半のバンコク生活を終えて帰国した後、Webライターとして活動中。

【一言あいさつ】
将来は自分の書いた文章で、たくさんの人をHAPPYにできる人になりたいです!!
好きなことは絵を描くこと、代々木公園をお散歩すること、散歩している犬を触ることです♡

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG