今の時代だからこそ! 出版による差別化戦略を立てよう

今の時代だからこそ! 出版による差別化戦略を立てよう

今の時代だからこそ! 出版による差別化戦略を立てよう

競合他社に負けないためにも、なんとかして差別化を図ってユーザーにアピールしたいところ。

しかし、なかなかいい案が浮かばず悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが「出版」による差別化です。
この記事では自社サービスを差別化し用途考えている方に向けて、出版による差別化戦略のポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

 

そもそもなぜ「出版」で差別化するのか

競合他社に対して差別化を図る際にはさまざまな選択肢があります。

テレビCMやメディア出演、オウンドメディア運営など、あらゆる宣伝方法がありますが、自社のサービスを「深く」知ってもらいたいのであれば、出版はうってつけなのです。

テレビCMには時間制限がありますし、自社のサービスの存在そのものを知ってもらうことはできるかもしれませんが、深く理解してもらうことはできないでしょう。
オウンドメディアにしても長大な文章はウェブには不向きであり、コーポレートサイトも同様です。

 

そこでおすすめしたいのが「出版」なのです。

CMではどうしても会社やサービスの存在、またはそれらの表面的な部分しか伝えることができません。
それに対して出版であれば、会社やサービスのこと、経営哲学、起業の際の心境など、「幅広く、なおかつ深く」情報をユーザーに届けることができるのです。

一般的に本を一冊書き上げることは非常に労力のいる作業で、本業がある中で執筆活動も並行して行うのは大変ですし、「やりたがる人は少数」なのです。
ですから、他の人と違うことをしてアピールする、つまり差別化という目的を達成するには出版という方法は大変魅力的なのです。

 

出版は「求めている人に届く」

企業が宣伝する方法にはさまざまなものがあります。
テレビCMは王道の宣伝方法ですし、最近ではウェブ広告が存在感を示しています。しかし、これらの宣伝方法はあまり得策とは言えないかもしれません。
テレビCMやYoutubeの動画の間に差し込まれる広告は、「多くの人々にリーチする」という点で非常に大きなメリットがあります。
出稿費用を考えたら、できるだけ多くの人々に広告を届けたいと考えるのは当然のことでしょう。

しかし、この宣伝方法は「広告を見る側」を果たして考えているのでしょうか?

自社のサイトで自社商品の宣伝をするのとは違い、テレビCMやYoutubeの動画広告、ウェブサイトのバナーリンクなどは、「無理やり広告を見せつけている」のです。
好きなテレビ番組の最中に流れるCM、人気ユーチューバーの動画を見ていたら現れた動画広告、興味のあるウェブ記事を読んでいたら脈略もなく表示されるバナー。
果たしてこれらの広告は本当に効果的と言えるのでしょうか?

 

一方、出版による広告はどうでしょうか。
基本的に本は興味のある人しか手に取らないため、「無理やり見せつける」ということはないでしょう。
前述のような宣伝方法では興味のない人にも宣伝してしまうため、場合によっては反感を買うこともありますが、本ならそのような心配をする必要はありません。

また、本はカテゴリー別に分けられて陳列されるというのもポイントで、企業に関する本に興味がある方に届きやすいという魅力があります。

 

差別化戦略として出版することにより生まれる多くのメリット

差別化戦略の方法にはさまざまな方法がありますが、ここでは出版することによるメリットをいくつか紹介していきたいと思います。

 

認知度がアップし波及効果が生まれることも

本を出版することにより、企業の認知度がアップするのが最大のメリットと言えます。
しかし、企業の認知度を上げるだけならそれこそテレビCMなど、大勢にリーチする広告のほうが優れていると考える方もいるでしょう。

確かに本はお金を出さなければ買うことはできません。
多くの人に情報を届けるという意味ではテレビCMなどの広告のほうが有利かもしれません。

しかし、先程も述べましたが、出版の目的は「自社の情報を深く伝える」ことなのです。
上辺の部分だけを宣伝していては、一時的な効果はあったとしても永続的なものではありません。
その点、自身の考えの深層部まで表現することができる出版という方法は、差別化のための最高のツールと言えるでしょう。

出版により会社のブランディングに成功すると、認知度がグッと上がるため、メディア出演の依頼を受けることもあるかもしれません。
テレビCMを打たなくても、テレビに出演することによって自社の宣伝ができるとしたら、費用対効果が非常に大きいですよね。

出版からさまざまなメディア出演を経て会社の知名度をさらに上げることができれば、企業イメージは一気に優れたものになり、差別化を成功することができます。
企業イメージが良くなれば、それだけ優秀な人材を集めることができるでしょう。

出版を起点とするサイクルを上手に回すことができれば、会社の規模をより大きくすることも可能です。

手間もかかり即効性はないですが、その点、競合他社もとりかかりにくく、差別化にはうってつけの方法が「出版」なのです。

 

「ブランディング出版」を全て自力で行うのは不可能?

出版によるブランディングの魅力についてここまでご紹介しましたが、そもそも本を書くことは非常に骨が折れます。
文才のある方なら一冊書き上げることは可能かもしれませんが、本業と並行して執筆を進めていくことは大変でしょう。
そんなときに力になってくれるのが、「マーケティング会社」の存在です。

 

ある程度の大きな企業の経営者が書いた本であれば、既にブランディングに成功しているため部数は伸びるでしょう。
しかし、知名度のまだ低い企業の経営者が出版した本では、なかなか尖った内容で無ければ手にとって貰えないのが現実です。
せっかく労力をかけて宣伝しようと思ったのに、空振りに終わってしまってはダメージが大きいですよね。

 

出版が初めてで、会社の知名度でもまだ低いのであれば、「ブランディング出版」を得意としているマーケティング会社を利用するのが得策です。
自社の魅力や経営哲学を知ってもらうために、自分の力だけで文章を書き上げたとしても、それが伝わらない可能性は十分あります。
文章に問題がある、表紙デザインがイマイチ、構成が悪いなど原因はさまざまですが、「ブランディング出版」を得意としている会社に出版を協力してもらえば、そのような問題は一気に解決するでしょう。

「ブランディング出版」を得意としている会社は、出版により差別化を図ろうと考えている起業のサポートに関するプロなので、初めて出版するという方をしっかりと支えてくれます。
本を出したいけれど文章を書くことが苦手な場合は、プロのライターに執筆を代行してもらうという方法もあります。

 

マーケティング会社の選び方で重要なこと

マーケティング会社の中には出版をゴールと考えている会社もありますが、本を出すことが目的ではありません。

「本を出すことにより他社との差別化を図り、ビジネスを拡大する」ことを目的としているのです。

依頼するマーケティング会社がブランディング出版の経験が豊富なことは必須条件。その上で、自分の目的を果たしてくれるだけのサポート体勢が整っているかどうかを見極める必要があります。

 

まとめ

出版による差別化戦略は長いスパンで見ると非常に有効です。
出版が初めてなら、ブランディング出版を得意としているマーケティング会社のサポートを受けることをおすすめします。

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG