スタートアップ企業のブランディング戦略の重要性

 

ブランディング戦略は企業を成長させるために欠かせない大事なものです。

特に、スタートアップ企業のブランディング戦略は非常に重要であり、企業のその後を左右すると言っても過言ではありません。

 

今回は、スタートアップ企業のブランディング戦略の重要性について解説します。

 

ブランディング戦略とは?

ブランディング戦略という言葉を聞いたことはあっても、具体的な内容をよく知らないという方も少なくないでしょう。

まずは、ブランディング戦略とはどんなものなのかをご紹介します。

 

ブランディングについて

ブランディングとは、「ブランドを作る」という意味です。

生産物や家畜の産地をわかりやすくする目的で、焼印をしていたことに由来し「焼き印」(burn)が語源となっています。

 

ブランドと聞いてどんなものをイメージするでしょうか。高級車やファッションなどは簡単にイメージできます。

また、「インターネット」と聞いた時には、ヤフーやグーグルをイメージするというように、多くの人が抱くイメージもブランドだと言えるでしょう。

 

企業のブランディングは、共通したイメージを顧客に抱いてもらうために行います。

商品と社名がすぐに結びつくような、印象に残るブランディングが会社の成長にとって重要になってきます。

 

戦略的に行うブランディング

企業のサービスや商品を知ってもらうことを目的としたブランディングを、ブランディング戦略と言います。

ブランディング戦略は、商品やサービスを売るための戦略の一環としてブランディングを行うもので、企業立ち上げの時点で明確にする場合が多いです。

スタートアップの企業の場合、知名度があまりない状態なのでまずは知名度を上げることが非常に重要です。

 

ブランディングに力を入れることで、企業やサービスの知名度を上げ、より高い売上・利益を目指すことができます。

私たちがAppleやヤフー、グーグルに抱いているイメージも各社のブランディング戦略の賜物と考えて問題ないでしょう。

性能の高さや商品の良さを少しでも多く知ってもらうためにも、ブランディング戦略は欠かせません。

 

ブランディング戦略を重視するメリット

ブランディング戦略を重視するメリットを知り、ブランディング戦略を重視するかどうか検討することが大切です。

ここからは、ブランディング戦略を重視するメリットについて詳しくご紹介します。

 

目的をはっきりさせることができる

どんなものを販売したいのか、どんなサービスを提供したいのかという目的がはっきりするというのがブランディング戦略の大きなメリットです。

企業の目的がはっきりすることで、商品の需要があった場合、優先的に依頼や問い合わせが来るようになるでしょう。

 

特にスタートアップの企業は知名度がないだけでなく、どんなサービスや商品を扱っている会社なのかも知られていない状態です。

サービスや商品を知ってもらう、会社と合わせて認知してもらうということがスタートアップ企業の最初の大きな仕事と言えるでしょう。

 

また、ブランディング戦略がしっかり行われている企業の場合、社員のモチベーション維持にもつながります。

企業がどんなサービス・商品を提供したいのか、方向性がはっきりわかるようになるので社員の意欲も高まります。

社員のモチベーションの向上により生産性アップも期待できます。

 

 

ブランド戦略に効果的

ユーザーやクライアントに共通のイメージを持ってもらえるというのも大きなメリットです。

 

例えば、大人気のAppleは、Apple製のスマートフォンやパソコンの需要が高く、一大ブランドとして世界中に広く認知されています。

Apple社の製品を一つも知らないという方はかなり少数だと言えるでしょう。

 

性能の高さはもちろんですが、ブランディング戦略が大当たりし、今では世界一売れているスマートフォンという確固たる地位を築いています。

知名度が上がれば、広告費をあまりかけなくても売上を伸ばすことができます。

 

もちろんApple社以外にも、ブランディングによって確固たる地位を築いている会社は多く存在します。

広告費をかけなくても商品やサービスが売れていくようになるので、会社の成長や利益率アップへの近道とも考えられます。

ブランド戦略を重視するということは、自社が提供したい価値や商品が何かをしっかり考えることにもつながるので、会社の成長に大きくつながるでしょう。

 

ブランディング戦略を重視しないデメリット

ブランディング戦略が重要だということを理解してもらうためには、ブランディングを重視しなかった場合のデメリットを知っておく必要があります。

以下で詳細を説明していきます。

 

利益を上げにくくなる

スタートアップ企業の多くは、人脈作りに走りやすくなります。

新しい会社ということもあり、利益を上げるために関係地のあるところに声をかけるのは非常に有効な戦略です。

しかし、過去の顧客や知り合いに声をかけるという作業が重要ではあるものの、当然新規顧客にかける時間はなくなってしまいます。

 

既存顧客に依頼をもらっている間は良くても、新規顧客の開拓は進まないので利益は徐々に低下する可能性があります。

会社経営自体は問題ないかもしれませんが、会社の成長はあまり見込めません。

ブランディング戦略を行わないことで、会社を年々成長させたり利益率を高めたりすることは難しいと言えるでしょう。

既存顧客から依頼された業務だけをとにかくこなすことが重要になるので、会社の成長にまで作業は回らなくなります。

 

既存顧客から仕事をもらいながら新規顧客を開拓するためには、ブランディング戦略は欠かせないと言えるでしょう。

 

離職率が高まる

ブランディング戦略をしっかり行っていない企業の社員は職務への意識が低く、一般社員の離職率が高まる可能性があります。

 

社長や重役、役員などは会社の動きや理念を理解しやすい中枢にいるので、ブランディングを重視しなくても仕事へのモチベーションの低下の心配はあまりないでしょう。

しかし、会社の運営や経営などに触れる機会の少ない一般社員には、会社の理念や方向性が伝わりにくい場合が多くあります。

 

結果的に、企業の方向性や理念が社員一人一人に伝わらず、社員同士がちぐはぐな状態になる可能性があります。

社員の統率が取れていない企業は当然、大きな成長が見込めません。

仮に、高い水準の給与を出していたとしても仕事そのものにやりがいを感じられず、退職の道を選ぶ社員も少なくないでしょう。

社員のモチベーションを維持するためにも、優れたブランディング戦略はとても重要です。

 

スタートアップ企業はブランディング戦略が重要

ブランディングは、企業のその後を決定づける重要な要素です。

特にスタートアップ企業の場合、最初のブランディング戦略がとても重要になります。

ブランディングによって印象付けられたイメージは会社を大きくし、社員のモチベーションを高めてくれるでしょう。

どんな商品を販売するのか、どんなサービスを提供したいのかをしっかり整理し、会社の成長につながるようなブランディング戦略を行うことが大事であると言えます。

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG