自費出版で推薦コメントをもらう秘訣

書店で売られている本の帯に、著名人や芸能人などの推薦コメントが載っていることがあります。

実際に見たことがある方は多いのではないでしょうか。

また、好きな芸能人の推薦コメントがあると、その本を手に取りたくなる可能性があります。

そのため、本を出すときには推薦コメントが重要です。

自費出版で本を出そうとしている方の中には、推薦コメントをもらいたいと考えている方もいるでしょう。

そこで本記事では、推薦コメントをもらう秘訣などをまとめました。

 

まずは自費出版の種類を知ろう

自費出版といえば、出版にかかる費用全てを著者が負担することをイメージする方は多いでしょう。

しかし、自費出版といってもいくつかの種類があり、出版費用を著者が支払う方法だけではありません。

具体的には、個人出版・企画出版・協力出版の3種類に分けられます。

それぞれの方法には、金銭面や契約面などの相違点があるため、出版の目的に合わせた方法を選ぶ必要があります。

自費出版に取りかかる前に、これら3種類の概要や特徴などを知りましょう。

責任をすべてもつ「個人出版」

個人出版は、出版におけるプロセスにかかる費用を、全て自分で負担する方法です。

執筆や編集、印刷だけでなく販売にも費用はかかるため、多くの出費が必要でしょう。

また、発行者としての責任も伴います。

しかし、自分で費用を負担して責任も負うということは、ある程度の自由があるということです。

個人出版のメリットだといえるでしょう。

なお個人出版にかかる費用は、どこまで自分一人で行うかによって変わります。

執筆や編集など全てのプロセスを担当する場合は、費用を抑えられます。

自費出版専門の出版社に作業を任せた場合は、費用が高くなるでしょう。

身内に配布するために本を出す場合などは、全ての作業を自分で行えるといえます。

しかし、流通に乗せて書店での販売を目的とする場合は、出版社の力を借りることも検討してください。

企業の企画として出版する「企画出版」

企画出版は、企業が原稿募集などの企画をおこなって本を出版する方法です。

原稿募集は新聞広告などで行われ、出版社は優れた原稿を集めます。

選ばれた原稿は出版社から実際に出版され、著者には原稿料が支払われます。

では、なぜこのような方法がとられているのでしょうか。

通常、書籍が出版される前には担当者同士で会議が開かれ、企画の立案などが行われます。

出版社にとって最も重要なのは、売れる本を出すことであるため、担当者はいつも売れそうな原稿を探しているのです。

それゆえ、一般人からの持ち込みや応募の原稿であっても軽視しません。

面白いと評価できる原稿は、積極的に買い取って出版されます。

ただし、簡単に選ばれるわけではありません。企業出版は新人作家の発掘が目的ではなく、絶対に売れると見込める原稿しか採用されないでしょう。

とはいえ、自分からアピールしなければ出版社の目に留まる可能性はありません。

企画出版で本を出したい場合は、積極的に応募や持ち込みを行ってください。

個人出版と企画出版の中間「協力出版」

協力出版は、個人出版と企画出版の中間といえるもので、初版にかかる費用を出版社が負担する方法です。

主に、出版社が「自社から出版したいが、採算が合わない」と感じた場合に利用されます。

協力出版には、全国の書店で置いてもらえる可能性がある、という特徴があります。

出版社が契約を結んでいる書店の棚に自分の本が並び、売れると印税を得られるのです。

個人出版との大きな違いであり、著者にとって嬉しいメリットでしょう。

また、内容についての責任も出版社が負うため、安心して自分が執筆した本を世に送り出せます。

クオリティの高い本が出来上がり、場合によっては、図書館に寄贈されることも考えられるでしょう。

協力出版で本を出したい場合は、協力出版に対応している出版社に依頼してください。

優れた内容の本の場合は、費用の負担を持ちかけることもできます。

ただし、様々な条件が提示される可能性があるため、出版社の担当者とよく話し合いましょう。

 

ベストセラーに欠かせない「帯コメント」

続いて、帯コメントの重要性について知っておきましょう。

ベストセラーの多くには優れた帯コメントが付いており、非常に重要な要素です。

実際に、帯コメントによって爆破的にヒットした事例もあるのです。

たとえば、外山滋比古氏の『思考の整理学』は1986年に出版されましたが、21年後の2007年には売上数が一気に増加しました。

その要因となったのが、書店員による手書きのPOPだったのです。

その後出版社はそのPOPを帯コメントとして採用し、約190万部の売上を誇るベストセラーに成長しました。

 

著名人に推薦コメントをもらう方法はあるのか?

では、自費出版で出した本に、著名人の推薦コメントをもらうことはできるのでしょうか。

中には、「出版社に依頼すれば好きな芸能人のコメントをもらえる」と考える方もいるでしょう。しかし、現実的にそれは難しくなります。

推奨コメントは、知り合いの著名人がいる場合に依頼して書いてもらうものなのです。

出版社から著名人に依頼する場合は、数十万~数百万円の費用がかかります。

大きな費用が必要であるため、自費出版で推薦コメントをもらうのはハードルが高いでしょう。

また、一般人が自費出版で本を出す場合は、知り合いに著名人がいないケースも少なくありません。

しかし、著名人といっても芸能人やスポーツ選手である必要はありません。

SNSのインフルエンサーやYouTuberであれば、少しは親近感があるでしょう。

インターネットが発展している現代ではむしろ、SNSやYouTubeで活躍している人のほうが、影響力を持っている場合もあります。

身の回りにいる、なるべくフォロワーや登録者数が多い人に依頼してみましょう。

 

本の売上が変わる帯のポイント

推薦コメントなどの帯を付けただけで、すぐに売上が上がるとはいえません。

インパクトや分かりやすさが大切で、コメントの内容によって効果が変わります。

そのため、本の売り上げに良い影響を与える帯のポイントを理解しましょう。

ターゲット層を絞り込んだ帯づくり

先ほどご紹介した『思考の整理学』の表紙には、長い英文や特徴的なイラストが描かれており、研究者向けの本という印象があります。

「難しそう」というイメージを持つ方は多いでしょう。

しかし、書店員によるPOPが話題になった後には、大きな帯が付けられました。

「東大・京大で1番読まれた本」や「もっと若い時に読んでいれば…」などの文章が書かれ、非常に目を引きます。

「東大・京大」という言葉を使うことで、大学生や高校生の興味を惹きつけたのです。

また、「もっと若い時に読んでいれば…」の言葉によって、中高年の共感を呼ぶことにも成功しています。

このように、若い世代と中高年にターゲット層を絞り込むことによって、帯が効果を発揮しています。

ジャンルによっては「口コミ」が生きる

ターゲットを絞り込んでキャッチコピーなどを書くだけでなく、口コミが効果的なケースもあります。

たとえば恋愛小説の場合は、帯に読者の口コミを載せることで、多くの人の興味を惹きつけるでしょう。

たとえば、映画化もされて大ヒットした七月隆文氏の『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、口コミを効果的に活用しています。

初版の帯は、主に小説の内容について言及した内容でした。しかし、2刷以降は「泣ける」などの読者の声が豊富に取り入れられています。

こうすることで、多くの人々が共感できる小説だということを示せます。

 

まとめ

本の帯は、その本の内容や読者の感想などを伝えるための重要な要素です。

帯コメントによって売上がアップし、ベストセラーになる可能性もゼロではありません。

著名人からの推薦コメントが欲しい場合は、まず身の回りのインフルエンサーなどに依頼してみましょう。

ただし、内容にはこだわる必要があります。ターゲットとする人物像がある場合は、その人物に沿った内容にしてください。

恋愛小説などの場合は、口コミを取り入れるのがおすすめです。

投稿者プロフィール

久保木 彩子
久保木 彩子
新卒で羽田空港で働いた後、卒業旅行で興味を持ったバンコクへ移住しホテル勤務。
2年半のバンコク生活を終えて帰国した後、Webライターとして活動中。

【一言あいさつ】
将来は自分の書いた文章で、たくさんの人をHAPPYにできる人になりたいです!!
好きなことは絵を描くこと、代々木公園をお散歩すること、散歩している犬を触ることです♡

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG