競合他社との差別化で行うべきは『出版』!?

競合他社との差別化は、企業が生き残る上で非常に大切です。しかし、なぜ差別化が必要なのか、どのような方法で行うべきなのか分からない方がいるでしょう。

また、差別化の方法がありすぎて、自社に合う最適な手法を見失っている方も少なくありません。

そこで本記事では、差別化の必要性や、あまり行っている企業がいない出版という方法について解説します。

差別化の方法自体に差を付けて、自社の強みやアピールポイントを強調しましょう。

 

そもそも差別化とは

そもそも差別化というのは、自社と他社の違いを明確に示すことを指します。ものやサービスが溢れている現代の市場において、自社と他社との違いを消費者へ明確にアピールすることは非常に重要です。

積極的に差別化戦略を立て実践することで、自社のブランドを確立できます。また、確立したブランドを活かした販売方法を採用できるのです。

さらに、価格競争を回避できるというメリットもあります。きちんとブランドを確立していれば、価格を下げることなく顧客を獲得できるためです。

なぜ差別化が必要とされているのか

差別化が必要な理由は、大きく分けて2つあります。利益を上げるため、そして市場で生き残るためです。

たとえば、どの企業も同じような内容・品質の商品やサービスだけを扱っていたとします。また、その市場は誰でも簡単に参入できると仮定しましょう。

このような市場は「完全市場」と言われていますが、完全市場では誰も利益を上げられません。

なぜなら、どの企業の商品も内容や質が同じであり、差を付けるには価格を落とすしかないためです。その結果価格競争が激しくなり、最終的にはほぼ利益が出ないような価格にしなければ生き残れません。

つまり、利益を出して市場で生き残るためには、価格以外で競合他社との差を付ける必要があるということです。

差別化の手法とは

効果的な手法は、「機能的価値での差別化」と「感情的価値での差別化」に分かれています。

機能的価値とは、自社の商品やサービスが持っている、基本的な価値のことを指します。たとえば、「スマートフォンでは電話ができる」、「鞄には物を入れられる」など実際にその商品やサービスが持つ機能の価値のことです。これらの機能は差を付けることが難しいため、機能的価値での差別化はあまりおすすめできません。

一方感情的価値とは、デザインなどの直感的に惹かれる価値のことを指します。たとえば、「スマートフォンのデザインがかっこいい」、「鞄の見た目が可愛い」など消費者の感情に訴えかける価値のことです。

デザインや見た目は差を付けやすいため、感情的価値での差別化がおすすめです。

 

差別化に「出版」をおすすめする理由

差別化には様々な方法がありますが、あまり他社と被らない方法としておすすめなのが、「出版」による差別化です。出版にはあらゆるメリットがあり、高い効果が期待できるでしょう。

ここからは、出版での差別化がおすすめの理由を開設します。

プロの作家などしか出版できないと思っている

「本を出版する」と聞くと、プロの作家や著名人、権威のある企業でなければできないと思い込んでいる方は多いです。ハードルが高く、そもそも「本を出版しよう」と思う方は少ないでしょう。

しかし、実は素人でも本を出版できるのです。必ずしも作家や著名人である必要はなく、自費出版であれば、出版費用を自分自身で負担することで誰でも本を出せます。

まずはこのことを正しく理解しておきましょう。素人でも出版ができると聞くと、ハードルが下がるのではないでしょうか。

取り入れている企業・人が少ない

先ほど説明したように、「誰でも本を出版できる」ことを知っている人や企業は少ないです。つまり、実践している企業はそれほど多くないということです。

差別化戦略として本を出版している企業が全くないというわけでははありませんが、全体で見ると数は少ないですし、他の差別化の方法よりも珍しいといえるでしょう。

しかし差別化の手法として本を出版することには、多くのメリットがあります。そのことに気がついている人や企業は少ないため、今なら出版によるメリットを独占できるのです。

ただし今後出版という方法がメジャーになり、取り入れる企業が増加する可能性はあります。そうなると手遅れになるため、今のうちに出版のメリットを理解しましょう。

信頼性が高い

ではここから企業の差別化として、「本の出版」を選択するメリットをいくつか紹介します!

まず一つ目のメリットは、本は他の企業の宣伝方法と比べて信頼性が高い媒体である点です。特にインターネットやSNSにも情報は溢れていますが、これらの情報は匿名性が高く、誰が発信したものか分かりません。

一方、本は事前に校正された上で出版されており、著者の正体が分かるため、「本に書かれていることは正しい」と判断する人が多いのです。したがって本は、インターネットやSNSよりも人々に信頼される可能性が高いでしょう。

このメリットを利用して、経営者の思いや企業のこれまでの歩み、商品の魅力などを書いた本を出版してみてください。

そうすることで企業に対する信頼性がアップして、商品やサービスの購入につながることが期待できます。結果的に、売り上げがアップするでしょう。

幅広い年齢層へPRできる

二つ目のメリットは、本を出版することで幅広い年齢の顧客に自社をアピールすることができます。

なぜなら本を出版して書店で取り扱ってもらえれば、書店に著書が並ぶためです。そして、書店に老若男女問わず多くの人が訪れることで、あらゆる年齢層に自社を知ってもらえるチャンスが高まるのです。

もちろん書店に著書が並んだとしても、必ず購入してもらえるとは限りません。しかし、購入してもらえなかったとしても、書店で多くの人の目に触れるだけで認知度のアップが期待できます。

さらに著書を購入して読んでもらえれば、さらに自社の事業や商品の魅力につい理解してもらえるでしょう。

このように本の出版には、不特定多数へのPRができるというメリットがあります。

採用活動が有利になる

競合他社との差別化を図るためには、企業が成長し続ける必要があります。

そのためには、優れた人材の確保が不可欠です。優秀な人材が企業に入ることで、新たなアイデアが生まれて差別化戦略が活発になることが考えられるでしょう。

差別化と採用活動は一見無関係のように思えますが、実は影響し合っているのです。

本を出版しているという事実を作ることで、信頼性がアップし、優秀な人材が集まりやすくなる可能性があります。その結果、採用活動で有利に働くことが予想できます。

 

差別化を図る際のポイント

差別化には出版が有効だということを解説しましたが、無闇に本を出版すればいいというわけではありません。

本を出版するなどの差別化を実施するのであれば、高い効果が得られるように工夫しましょう。

そこでここからは、企業が差別化を図る際のポイントをお伝えします。

ユーザーを明確にする・顧客のニーズに応える

競合他社との差別化を図る際には、最初にどんな顧客に対してアプローチするのかを考えましょう。特定の人物を描けるくらい具体的に設定してください。そうすることで、情報発信の方法などを絞り込みやすくなります。

たとえば、「鞄を探している方へ」よりも、「ビジネスバッグを探している男性へ」という言葉を使った方が、特定の顧客に向けて商品を宣伝できます。

もちろん利益を上げることは重要ですが、自社製品によってユーザーのどのようなニーズを満たせるのかを考えましょう。

商品のセールスポイントを分析する

自社製品を宣伝する時には、その商品やサービスの何をアピールしたいのか、どのようなセールスポイントがあるのかを自らが理解する必要があります。そこで、まずは特徴やアピールポイントなどを書き出してみてください。

また、アピールできるのは具体的な商品・サービスだけではありません。自社のこれまでの歩みや、歴史にも目を向けることをおすすめします。

 

まとめ

ものやサービスが溢れている現代において、市場で生き残っていくためには、競合他社との差別化が必要ということが分かったと思います。

その方法は企業によって異なるので、自社にとって一番効果的な手法を選択することがポイントです。

たとえば他の企業があまり使っていない手法に挑戦したい場合は、ぜひ出版を取り入れてみてください! そうすることで、信頼度や認知度のアップが期待できるでしょう。

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG