ブランディング力を高めるための方法 必読本を徹底解説!

ブランディングとは、消費者にある企業の商品やサービス、そして企業そのものに対するイメージを持ってもらう活動のことです。

ブランディングに対するぼんやりとしたイメージや考え方が理解できても、何から手をつけたら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、ブランディングについての概要をはじめ、ブランディングを行うメリットやおすすめの勉強方法について解説します。

人気の必読本もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

ブランディングとは? その重要性を徹底解説!

ブランディングのことをなんとなく理解できていても、その重要性やメリットをきちんと理解できていない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ブランディングを怠ってしまうとどうなるのかや、ブランディングを行うメリットを解説します。

 

ブランディングとは?

ブランディングとは、消費者に企業の商品やサービスに対し共通のイメージを持たせる手段のことです。

ロゴや製品のデザイン、そして企業の立ち位置などで消費者が持つ共通のイメージのことを「ブランド」と言います。

ブランディングは、このブランドイメージを消費者に浸透させていくことを目的に行われていく手法のことです。

このブランディングを正しく行うことで、ロングスパンで利益を得ることができるので、企業を成長させるためにとても重要な戦略のひとつだと言えるでしょう。

 

ブランディングを怠るとどうなる?

ブランディングを怠ってしまうことで、「価格競争」に陥る可能性がとても高くなります。

ブランディングによる同業のブランドとの「差別化」やブランドへの愛着や信頼を表す「顧客ロイヤリティ」がうまく生み出せていない場合、価格を下げて顧客を集めるしかないからです。

 

価格を下げることで一時的に集客はできるでしょう。

しかし、その後値下げをすることで以下のようなデメリットが出てきます。

 

  1. 利益率の低下
  2. プロモーション費用が捻出できず新規顧客獲得が難しくなる
  3. 価格を下げることでしか集客できなくなる

 

このように負のスパイラルに巻き込まれてしまい、企業の成長が阻止されてしまい経営が危ぶまれることもあります。

 

ブランディングを行うメリットとは?

ブランディングを行うことで得られるメリットは大きく分けて次の2つがあります。

 

  • 収益面でのメリット
  • 採用面でのメリット

 

両者のメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

収益面でのメリット

収益面でのメリットは以下の通りです。

 

  • 価格競争を避けられる
  • 顧客ローヤリティ・リピート率の向上
  • 高単価でも商品が売れる
  • コスト削減ができる
  • 優良な取引先と提携できる

 

最大のメリットは、価格競争から脱却でき、自社の商品やサービスを守れることです。

ブランディングを確立させることで、消費者は多少価格が高くても価格を超える付加価値を見出すことができます。

また、顧客のリピート率が高まることで、新規顧客を獲得するための広告費や仕入れコストなどの削減にもつながります。

ブランディングを通して会社の信頼度を上げられた場合、優良な取引先と提携することもできるでしょう。

 

採用面でのメリット

採用面でのメリットは以下の通りです。

 

  • 優秀な人材を集められる
  • 社員のモチベーションや意識の向上

 

ブランディング戦略の中で、適材適所に人材を配置することはとても重要なファクターとして考えられています。

人材を一から育成していくことももちろん大切ですが、優秀な人材をヘッドハンティングすることも企業の成長には欠かせません。

ヘッドハンティングする際に重要になってくるのが「企業のブランディング力」です。

ブランディングが成功していれば、優秀な人材を引き抜くことはもちろん、他社へ流出してしまうことも防げます。

また、自社の商品やサービスが売れることで、社員のモチベーションアップや意識を向上につながるでしょう。

 

ブランディング力を高める方法とは?

ブランディングを高めていくためには、ブランディングに対する正しい知識を得るとともに、時代に応じたブランディングを行っていくことが必要です。

ここからは、ブランディング力を高める具体的な方法についてご紹介します。

 

  1. オンラインスクールやセミナーに参加する
  2. ブランドコンサルタントに依頼する
  3. 専門書を読んで学ぶ

オンラインスクールやセミナーに参加する

ブランディングを学ぶ方法として、オンラインレッスンやセミナーに参加するのもおすすめです。

専任の講師からブランディングの基礎や業界別のブランディング方法など、様々な内容を学べます。最近は新型コロナウィルスの影響もあり、オンラインスクールの需要が高まっているのです。

単発ものから複数回スクーリングするものがあるので、ご自分の勉強したい分野と投資できる時間を鑑みて参加する媒体を選びましょう。

無料で参加できるものもありますが、より発展的な内容になると参加費がかかるので注意が必要です

 

ブランドコンサルタントに依頼する

費用はかかるものの確実な成果を得たいとお考えの方におすすめなのが、ブランドコンサルタントに依頼する方法です。

月額定額制のものから、プロジェクトごとに費用が発生するものまで様々ですが、どれもかなりの金額がかかってくるので気軽に依頼できないのが難点でしょう。

 

専門書を読んで学ぶ

おすすめは「専門書を読んでブランディングの知識を得る」方法です。

ブランディングと一言でいってもその種類は様々です。

専門書を通して学ぶことで、コストを最小限に抑えながらより専門的な分野のブランディングの知識を深められます。

 

ブランディングを学ぶための必読本3選

ここからは、ブランディングを学びたい方におすすめしたい必読書をご紹介します。

より効果的にブランディングを実践していくためにとても役立ちますので、ぜひチェックしてみてください。

 

おすすめ1|ブランディング22の法則

1999年に初版が発売されてから20年以上経つ今でもバイブル的な存在として売れ続けている一冊です。

どんな時代にも必要とされるブランディングの原理のすべてを学ぶことができます。

ブランディング戦略に必要な22の法則を、事例をもとに紹介しているのでとても理解しやすいのも人気の理由と言えるでしょう。

 

おすすめ2|デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール

SNSや口コミをうまく活用したデジタル時代を生き抜いていくためのブランディングの方法論を紹介している一冊です。

ブランドとは何か、そしてブランド戦略の位置付けについてなど、ブランディングのいろはを学べます。

図解がたくさんあるためとても読みやすく、実務にも落とし込みやすいと人気です。

 

おすすめ3|グローバル・ブランディング

実は、グローバルブランディングに関する書籍があまりない中、グローバル市場で勝ち抜く法則をわかりやすくまとめた一冊として人気を集めています。

グローバルブランドの作り方の法則やブランドに関する基礎的な知識も紹介しているため、ブランディング初心者に特におすすめです。

 

まとめ

ブランディングとは何か、そしてブランディング力を高めていくための具体的な方法について解説してきました。

ブランディングがなぜ重要なのか、そしてブランディングを怠ることで企業の成長が危ぶまれることを理解しておくことはビジネスにおいて欠かせません。

今回ご紹介した方法や必読書を通して、ブランディングの基礎知識を学んでいただき今後のビジネスに活かしてみてはいかがでしょうか。

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG