代表者プロフィール

出版はハードルが高い? 苦労しながらもチャンレジした結果やいかに・・・

 

出版というと、どうしてもハードルが高いと考える人が多いようです。

確かに、本一冊分の原稿というと、どれぐらいの労力が必要になるのかなかなか想像できないこともあり、とにかく大変そうと二の足を踏んでしまうかもしれません。

 

でも、実際にチャレンジしてみると意外にできる人も多いものです。

今回は、美大に通う娘さんと一緒に、初めての本の出版に取り組んだケースを紹介します。

 

一人でプロジェクトを進めるのは至難の業

本一冊分の原稿というと何文字ぐらいになるかご存じでしょうか?

 

本にもよりますが、おおよそ6~10万文字程度になります。

ビジネス用のサクッと読みやすい本にしたいのであれば6万文字程度で十分でしょうし、少しボリュームを持たせて「読み応え」を重視するのであれば8万文字ぐらい欲しいところです。

 

でも、これだけの分量を書くとなるとどのように進めればよいのかがわからない人も多いです。

今回紹介するスクールカウンセラーの吉野潤子さんは、普段は心理学講座の講師やカウンセリングを行っていますが、本の出版について最初は「とてもハードルが高い」と感じていたようです。

 

娘と一緒に取り組んだ吉野さん

吉野さんは、現在美術大学に通っている娘さんが中学生くらいの頃、

「私が絵を描いて、お母さんが文を書いて本を作りたいね」と話していたことがあったようです。

その時は現実味もなく、たわいもない会話の一部だったようですが、弊社の説明を聞いて出版プロジェクトを始めてみようという決断をしていただきました。

 

「娘との夢がいつか実現できたら・・」という思いと、「講座でお伝えしているような内容が目に見える形としてまとめられたら」という思いから出版プロジェクトをスタートする決断に至ったようです。

 

それでも最初はなかなか踏み切れず、迷い始めてから決断までは半年ほど時間がかかったようです。

決断した後は夢の実現のために、原稿を吉野さんが、イラストを娘さんが描くという作業を進めていくことになります。

 

参照インタビュー記事>>出版はハードルが高い?!やってみたら意外に出来ちゃったカウンセラーの話

 

苦労しながらも担当者と歩みを進める

プロジェクトを進めていく段階では、スケジュール管理が大切になります。

期日を設けないとなかなか筆が進まないものですが、だからと言って期日に縛られすぎて嫌々書くと、それが読者に伝わってしまうものです。

 

そこで大切なことは、担当者に相談するということ。

 

出版プロジェクトは多くの場合で出版社の担当者がつきます。

その担当者と二人三脚で進めていくことが、良い本づくりには欠かせません。

 

どうすれば良いのか相談しながら、時には意見を言い合い1冊の本を仕上げていく、その過程は実は結構楽しいものでもあります。

 

最初は原稿の執筆に苦労していた吉野さんも、

『担当のNさんに「こういう時に無理して書いても愛せる本が出来ないので、ずっと愛してあげられる本を作りましょう」というメールをいただきました。その言葉にすごく助けられて、「ずっと愛せる本を作るんだ」と思った途端、気持ちが楽になり、するする書き進めることが出来ました』

と話しています。

 

最初は苦労したものの、何かをきっかけにしてプロジェクトを一気に進められることも珍しくはありません。

吉野さんにとってはそのきっかけは、担当者からの一言だったようです。

 

やはり一番大変なのが実は

その後、一章を丸ごと書き直したりと、苦労がありながらも出版までたどり着くことができました。

 

「自分に書けるのだろうか」と最初は不安に思っていてなかなか取り組むことを決断できなかった吉野さんも出版が近づくにつれて、「何のために本を作るのか」という根本的な部分を思い出し、最終的には大満足いただける本を出版することができました。

 

実は出版において一番大変なことは、「出版する」という決断なのかもしれません。

 

出版後の利用方法について

カウンセラーとして働いている吉野さんは、出版後にカウンセリングに来ていただいた方に本を読んでいただくなどして活用しているようです。

 

吉野さんも、

「カウンセリングは悩みを抱えている方の話を聞いて共感や助言をしていきますが、多くは話を聞く時間に取られますし、そもそも知識を伝える場ではないんです。でも本当は、心のことを知識として学んで頂くと、問題解決がすごく早くなるし、色々な日常生活にも活かすことが出来るようになります。」

とおっしゃっていて、カウンセラーにとって本は非常に相性が良いことがわかります。

 

本を読んでもらうことで知識や情報をお伝えし、実際のカウンセリングの場面では相手の話をよく聞くことで効果的な問題解決を実現できているようです。

 

 

投稿者プロフィール

梶田洋平
梶田洋平
出版ベンチャー企業「ラーニングス株式会社」の代表取締役。

大学卒業後は証券会社に入社し、2つの支店で法人、リテールの営業活動に尽力。
5年弱勤めて退社した後、出版事業を手掛ける会社を起ち上げる。

これまで自身が著者で出版した本は16冊、読んできたビジネス書は3000冊以上。

『出版を変える、出版で変える』を合言葉に、はじめて本を出版する企業や個人事業主の方を対象とした事業を展開。
出版でビジネスを加速させるお手伝いに力を入れる。

好きな本の分野は経営者の自叙伝やマーケティング、経営に関する実用書。
愛知県名古屋市出身。趣味は読書とスポーツ観戦。

近著:
「7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本」(2017年ソーテック社)
「7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本」(2018年ソーテック社)
「いちばんわかりやすい 60歳で2000万もらうiDeCo年金のはじめ方」(2019年ソーテック社)
「世界一やさしい 株・FX・投資信託の教科書」(2020年ソーテック社)

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG