商業出版と自費出版の違いとは?メリットとデメリット解説

商業出版と自費出版の違いとは?

商業出版と自費出版

あなたもどちらも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?でも、実際どう違うのか説明できる人はそれほど多くはないはずです。

自費出版はお金がかかるからやめておいたほうがよい、商業出版のチャンスはぜひトライすべきだ、といろいろな意見がありますが実際はどうなのでしょうか?

今回は自費出版と商業出版、それぞれのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのかを解説していきます。

 

商業出版とは

商業出版とは、出版社が出版にかかる費用の全てを負担して本を売り出す方法です。つまり、本の売れ行きが出版社の収益に直結する、ということです。

本の売上が出版社の利益と直結すると考えた場合、売れるためには出版社はどのような手段をとるでしょうか?

 

<出版社が求めるものとは>

出版社が多くの負担をするということは、出版物に対する様々な決定を出版社がすることになります。つまり、出版される本は出版社の意向が優先されがちで、著者が書きたい内容ではない出版物になる可能性も否定できません。

出版社が費用のほとんどを負担するのですから、当然売れる本を作ることが目的の出版社が求めがちになるのは世間に強い影響力を持つ作者ということになります。

商業出版の実現には出版社が売れると思うかどうかが重要になる、ということです。
近年は出版不況と言われ、著者の知名度に頼りがちとなってしまっていることもあるため、これまでに出版経験がない人の商業出版は狭き門と言えます。もちろん、だからこそ商業出版が実現した場合には「出版社からのお墨付き」があると言えるため、業界における影響力は強まると言えるでしょう。

 

自負出版とは

それに対して自費出版とは、その名の通り著者自身が出版する費用を一部、またはすべて負担して本を出版する方法のことを言います。

お金をかければそれだけ豪華な装丁をすることも、大々的な宣伝を行うこともできるのです。
それなりのお金を支払うことにはなりますが、その自由度は商業出版とは比べ物にならないぐらい高いといえるでしょう。

 

自費出版の現実

自費出版は著者の自由度が非常に高い出版方法と言えます。

例えば社長さんが本を書くとするなら会社の説明や宣伝を入れてもいいですし、一部にはウケるが大衆には向かない本でも、自己満足だけど書いてみたかった自伝本でも、また昔に書いたちょっと恥ずかしい小説でも、誰の文句を言われることもなく自由に本にすることができます。

しかし、先にも述べたようにかなりのお金がかかり、また多くの準備が必要になってきます。執筆から編集・校正・組版や、表紙を決める、印刷をするなど本を出版するにあたっては様々な作業が必要になります。

その必要な作業のどこまでを自分の手で行い、どこからを人に託すのかによって費用は大きく変わってきますが、商業出版のように全国に流通させたいと望むのであれば数百万円以上かかることも決して珍しくはありません。

お金をかけたとしても、書店に並ぶのは1冊しかないケースも多いのでどの出版社と手を組むのかについては慎重に考える必要があります。

 

まとめ

商業出版と自費出版にはお金の面・その出版物に対する自由度の面において大きな違いがあります。

自費出版にも商業出版にもそれぞれメリット・デメリットがありますが、どちらも簡単にできることではありません。

あなたが求めている出版の形はどんな形でしょうか?

仕事に使う本であれば、自由度の高い自費出版で出版を実現してしまうのも一手でしょう。費用がかかるとはいえ、本業の仕事で売上を大きく伸ばすことができれば十分にペイできるでしょうし、それこそ、費用はできる限り抑える形で自費出版して、その本を販売して売上を得つつ、さらに仕事につなげていくというハイブリッドな使い方もあります。

もちろん、商業出版は簡単ではないため話がきた際にはぜひ乗ってみることをおすすめしますが、「自費出版=費用が掛かるからやるべきではない」と考えるのは少し早計かもしれません。

 

無料配布中『マーケティング出版ガイド』ダイジェスト版

マーケティング出版ガイドダイジェスト版
今、無料メール講座の受講特典として、2020年6月発売の書籍『BtoB企業、高額商材販売のためのマーケティング出版ガイド』のダイジェスト版PDFをプレゼントしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
無料メール講座では以下の内容が学べます。
☑ 売上アップのための有効な本の使い方
☑ 読者に行動を起こさせるための本の書き方
☑ 今から3か月後に出版するための手順と方法
☑ 知らないと損する出版の基礎知識
☑ 小さな会社の出版戦略について
☑ 費用を抑えて出版する方法