商業出版と自費出版の違いとは?メリットとデメリット解説

商業出版と自費出版の違いとは?メリットとデメリット解説

商業出版と自費出版の違いとは?メリットとデメリット解説

出版方法には大きく分けて商業出版と自費出版の二種類ありますが、実際どのように違うのか説明できる人はあまり多くはないでしょう。

自費出版はお金がかかる、商業出版のチャンスが与えられればひトライすべきだ、などいろいろな意見がありますが実際はどうなのでしょうか?

今回は自費出版と商業出版、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

 

商業出版とは

商業出版とは、出版社が出版にかかる費用の全てを負担して本を売り出す方法です。つまり、本の売れ行きが出版社の収益に直結する、ということです。

本の売上が出版社の利益と直結すると考えた場合、売れるためには出版社はどのような手段をとるでしょうか?

 

<出版社が求めるものとは>

出版社が多くの負担をするということは、出版物に対する様々な決定を出版社がすることになります。つまり、出版される本は出版社の意向が優先されがちで、著者が書きたい内容ではない出版物になる可能性も否定できません。

出版社が費用のほとんどを負担するのですから、当然売れる本を作ることが目的の出版社が求めがちになるのは世間に強い影響力を持つ作者ということになります。

商業出版の実現には出版社が売れると思うかどうかが重要になる、ということです。
近年は出版不況と言われ、著者の知名度に頼りがちとなってしまっていることもあるため、これまでに出版経験がない人の商業出版は狭き門と言えます。もちろん、だからこそ商業出版が実現した場合には「出版社からのお墨付き」があると言えるため、業界における影響力は強まると言えるでしょう。

 

自負出版とは

それに対して自費出版とは、その名の通り著者自身が出版する費用を一部、またはすべて負担して本を出版する方法のことを言います。

お金をかければそれだけ豪華な装丁をすることも、大々的な宣伝を行うこともできるのです。
それなりのお金を支払うことにはなりますが、その自由度は商業出版とは比べ物にならないぐらい高いといえるでしょう。

 

自費出版の現実

自費出版は著者の自由度が非常に高い出版方法と言えます。

例えば社長さんが本を書くとするなら会社の説明や宣伝を入れてもいいですし、一部にはウケるが大衆には向かない本でも、自己満足だけど書いてみたかった自伝本でも、また昔に書いたちょっと恥ずかしい小説でも、誰の文句を言われることもなく自由に本にすることができます。

しかし、先にも述べたようにかなりのお金がかかり、また多くの準備が必要になってきます。執筆から編集・校正・組版や、表紙を決める、印刷をするなど本を出版するにあたっては様々な作業が必要になります。

その必要な作業のどこまでを自分の手で行い、どこからを人に託すのかによって費用は大きく変わってきますが、商業出版のように全国に流通させたいと望むのであれば数百万円以上かかることも決して珍しくはありません。

お金をかけたとしても、書店に並ぶのは1冊しかないケースも多いのでどの出版社と手を組むのかについては慎重に考える必要があります。

 

まとめ

商業出版と自費出版にはお金の面・その出版物に対する自由度の面において大きな違いがあります。

自費出版にも商業出版にもそれぞれメリット・デメリットがありますが、どちらも簡単にできることではありません。

あなたが求めている出版の形はどんな形でしょうか?

仕事に使う本であれば、自由度の高い自費出版で出版を実現してしまうのも一手でしょう。費用がかかるとはいえ、本業の仕事で売上を大きく伸ばすことができれば十分にペイできるでしょうし、それこそ、費用はできる限り抑える形で自費出版して、その本を販売して売上を得つつ、さらに仕事につなげていくというハイブリッドな使い方もあります。

もちろん、商業出版は簡単ではないため話がきた際にはぜひ乗ってみることをおすすめしますが、「自費出版=費用が掛かるからやるべきではない」と考えるのは少し早計かもしれません。

投稿者プロフィール

梶田洋平
梶田洋平
出版ベンチャー企業「ラーニングス株式会社」の代表取締役。

大学卒業後は証券会社に入社し、2つの支店で法人、リテールの営業活動に尽力。
5年弱勤めて退社した後、出版事業を手掛ける会社を起ち上げる。

これまで自身が著者で出版した本は16冊、読んできたビジネス書は3000冊以上。

『出版を変える、出版で変える』を合言葉に、はじめて本を出版する企業や個人事業主の方を対象とした事業を展開。
出版でビジネスを加速させるお手伝いに力を入れる。

好きな本の分野は経営者の自叙伝やマーケティング、経営に関する実用書。
愛知県名古屋市出身。趣味は読書とスポーツ観戦。

近著:
「7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本」(2017年ソーテック社)
「7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本」(2018年ソーテック社)
「いちばんわかりやすい 60歳で2000万もらうiDeCo年金のはじめ方」(2019年ソーテック社)
「世界一やさしい 株・FX・投資信託の教科書」(2020年ソーテック社)

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG