マーケティング環境分析とは? 環境分析の種類は?

38

マーケティングを行ううえで、環境分析は非常に重要です。環境分析は内外から経営環境を分析することによって競合他社との差別化を図るために必要なことで、戦略の方向性を決めるために行われるものです。

マーケティングにおいて環境分析は必要不可欠なので、どんな環境分析を行えばいいのか知ることが重要でしょう。ここでは、マーケティング環境分析とは何か、環境分析の種類について解説します。

マーケティング環境分析とは?

マーケティング環境分析とは、内部環境や外部環境の分析を行い、将来的に自社に関わるさまざまな要因を知ることで、事業に影響を与える可能性がある要因や戦略性を練ることです。

環境分析はマーケティングを行ううえで必要不可欠なものであり、経営環境を分析するために競合を把握しなければなりません。現在置かれている状況を正しく把握したり、得られた必要な情報を取捨選択したり、深い洞察力を持って、自社に課せられる戦略課題を導き出すことがマーケティング環境分析の狙いといえるでしょう。

マーケティング環境分析の一つである外部分析を行うことにより、市場にどんな機会があるのか、どんな脅威があるのか把握することが可能です。内部分析では自社のどんなところが強みなのか、どんな弱みを持っているのかが分かります。

企業が競合他社に負けない戦略性を打ち出すためには、定期的なマーケティング環境分析が必要になるでしょう。

マーケティング環境分析の種類

企業で行われるマーケティング環境分析にはさまざまな種類があります。いずれも環境分析を行うにあたって重要な分析方法なので、より正確な情報を取得して分析をするためにも、外部分析や内部分析は大切です。

自社が置かれている状況を正確に把握して的確に対処できれば、競合他社よりも実績を出すことができる可能性があります。

マーケティングで競合他社よりも良いものを顧客に提供するためにも、マーケティング環境分析について知ることが重要です。それでは、次にマーケティング環境分析の種類について解説します。

SWOT分析

SWOT分析とは内部環境分析の方法のことを指します。具体的には、自社の強みを明確化させ、自社に不足している部分や苦手としている部分を洗い出し、ビジネスチャンスになるような環境変化を見出し、長所を打ち消してしまうような脅威になる部分を見つける分析を行います。

内部環境分析を行うことによって自社にある弱みを見つけることにより、客観的に見て弱みに付け込まれないようにするにはどうすればいいのか、長所をさらに伸ばすにはどうすればいいのかなど、考えることは山のようにあるでしょう。

環境分析によって弱みや脅威になる部分が見つかったとしても、これをビジネスチャンスとして捉えることもできます。弱みになる部分が見つかったら強みに変えるにはどうすればいいのか、脅威となる部分が見つかったら逆にビジネスチャンスに繋がる機会に捉えるなど、ポジティブに考えることでマーケティングを促進させることができるでしょう。

マクロ環境分析

マクロ環境分析とはPEST分析とも呼ばれる方法です。政治的要因、経済的要因、社会的要因、技術的要因の4つから構成される環境分析を行うことによって自社の環境が今現在だけでなく、将来的にどんな影響があるのかを分析します。

マクロ環境とは、今現時点でどのような方向性になっているのか、世間はどうなっているのか分析することなので、自分自身でコントロールすることができない外部環境によってどんな影響をもたらすのかが分かります。

自分自身で将来、起こりうる影響を解決することができなくても、環境分析を行うことで起こりうる影響をシミュレーションできるのが最大のポイントです。どのような環境の変化にも対応できるように対策を講じたり、今後業界にどんな影響をもたらすものがあるのか分析したりできることから、将来的な備えに対する環境分析といえるでしょう。

競争環境分析

競争環境分析とはファイブフォース分析と呼ばれるもので、外部環境分析を行うことによって自社が置かれている状況を把握することができます。

たとえば、事業のライバルとなる競合他社同士の敵対関係や、供給企業の交渉力、買い手の交渉力、新規参入業者の脅威、代替品で脅威になるものを分析していきます。

競合他社に負けないようにするには、製品や価格、流通などの部分で競合他社に負けていないかを分析する必要性があります。

新規参入業者の脅威は非常に厄介なもので、今までにない方法で常識を覆される可能性を秘めているため、分析することが難しいことがあります。新規参入業者が増えるほど競争が激化していくため、常に新規参入業者に目を光らせておく必要があるでしょう。

特に代替品の登場は既存製品の価値を低下させる恐れがあります。代替品は基本的に高機能、高品質、低価格の3拍子が揃っているため、市場競争力が低下する前に新製品を打ち出す必要性があるのです。

顧客分析

顧客分析とは3C分析とも呼ばれるもので、市場環境と自社環境、競合環境の3種類を分析します。

自社製品を購入する顧客に関する分析を行うものであり、顧客がどこから自社製品の購入に繋がっているのか、どんな顧客ニーズがあるのか、購入を決めているのは誰なのか、購買に繋がった要因、購入に繋がるプロセスを分析していきます。

潜在地域や年齢層、誰が購入の意思決定をしているのか、顧客がどんな問題を抱えているのか、価格、ブランド、興味、いつどこで誰が何をどのようにして購入しているのかなどを分析することで、より顧客のニーズに応える製品を開発できることがポイントです。

環境分析がどれだけ重要なのか

環境分析はマーケティングを行ううえで必要不可欠な手法です。

マーケティングの最終目的は競合他社に勝つことだけではなく、顧客のニーズに応え、競合他社よりも優れている商品を提供することです。理想を現実のものにするためには、競合他社がどんな商品を開発しようとしているのか、代替品が開発されていないか、新規参入業者の動向を探るなど、さまざまな外部分析を行う必要があります。

内部分析を行うことで自社の弱みを克服するきっかけを造り、強みをさらに伸ばすことも重要です。特に市場の把握はマーケティングにおいて急務だといえるでしょう。顧客のニーズは常に変動していますし、自社だけでなく競合他社でもさまざまな手を打っているので、何も対策を取らず、手をこまねいていると市場競争力が低くなってしまいます。

競合他社に遅れを取らないためにも、マーケティング環境分析を積極的に行うことが大切です。

マーケティング環境分析を行って、自社を成長させよう

マーケティング環境分析は自社の業績を向上させることだけでなく、顧客のニーズに応える競合他社よりも優れた商品を提供するために必要です。マクロ環境分析や顧客分析、競争環境分析、SWOT分析を行うことで、自社が置かれている状況を正確に判断し、競合他社を取り巻く環境や新規参入業者の存在、代替品の登場などに備えることができます。

市場の競争力を維持するためには積極的に新商品を開発する必要性がありますが、顧客のニーズを満たしていなければ意味がありません。いかに現状を把握して将来的な環境の変化などをシミュレーションできるかどうかも重要になってくるでしょう。

投稿者プロフィール

下村(むーさん)
下村(むーさん)
大学卒業後に出版社に就職して漫画の編集に携わる。
その後、さらに別の出版社を経てラーニングス株式会社に入社。
編集業務に従事している。

社内では『むーさん』の愛称で親しまれ、お父さん的なポジションを務めている。

プライベートでは野球観戦が趣味(広島ファン)で二児の父。

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG