代表者プロフィール

全国から問い合わせがくる地方の整体、接骨等の治療院になるには?

 

接骨院や整体院などの治療院と言えば、コンビニエンスストアや歯科医院などと同様に半径数キロ以内を商圏としたサービスというイメージがあります。

 

実際、街を歩いていても整骨院や整体院などを見かける機会が多いのではないでしょうか?

 

弊社は本の出版のお手伝いを事業としているのですが、実は整体院や接骨院等の治療院の先生からの出版の相談を非常に多くいただきます。

 

今回は、福岡県の大橋駅より徒歩15分という立地ながら全国から問い合わせがくる福岡らくらく整体院の高松栄伸さんの話を参考にさせていただきながら『治療院×出版』について紹介していきます。

 

「よく相談される深い悩み」×「自身の持っているコンテンツ」

高松さんはすでに2冊の本を出版されており、2冊ともオスグッドについての本です。

オスグッドは特に成長期において、成長する体と骨の関係から生じる症状で、高松さんの整体院にもよくオスグッドで悩まれている親御さんがよく来院していました。

そして、治療によってオスグッドの症状が改善するケースが多数あったことが高松さんの出版企画立案の際に役立つことになります。

 

「自分が何を書きたいか・何を発信したいか、よりも悩みがたくさんあるのに解決するための情報が少ないものをテーマに選んだ」

と高松さんは言います。

 

実際、企画を考える際にオスグッドについての本を調べたところ、1冊も出版されていなかったそうです。

「これは、多くの人の役に立つ」

そう確信して出版プロジェクトに取り組んだとのことですが、2冊の本を出版するとどうでしょう?

なんと、福岡県内だけでなく、全国から問い合わせが来るようになったとのことです。

 

本は広告と違って即効性はないものの長く効果を発揮してくれるので
「今も佐賀など、近県からの来院者が定期的に来てくれます」
とおっしゃっています。

そして、そのうちほぼ全ての人が「本を読んで来ました」と言ってくれるそうです。

参照>>整体院の強みを出版で発信して成功した高松さんのインタビュー

 

悩みの深さと情報の非対称性

実は高松さん、オスグッドを専門にした整体院ではありません。

それこそ、来院する方のほとんどが腰痛や肩痛などということで、本人はよくある普通の整体院と変わらないとおっしゃいます。

 

それではなぜ本の題材としてオスグッドを選んだのでしょうか?

それは、何よりも情報の非対称性です。

 

スポーツに取り組む成長期の学生にとって、オスグッドは非常に大きな悩みです。

にもかかわらず、医者に行っても「どうすることもできません」と言われてしまうことが多いようで、人によっては満足にスポーツに取り組めなくなってしまうケースも少なくないようです。

深い悩みがありながらネットにも情報が少なく、医者に行っても諦めざるを得ないケースが多いのにもかかわらず、自分の知る限りは改善例が多数あること、これがロングセラー本の出版につながりました。

 

また、今回は情報を伝えるために本という手段を選びましたが、これにも理由があるようです。

 

「本は出しているだけで権威性が高まって信用度が大きくアップします」

とのことで、治療院の待合室で宣伝するのはもちろん、メルマガやブログなどで積極的な情報発信を続けています。

それどころか、実は次回作(3冊目)に向けても着々と準備を進めているとのことです。

 

費用は回収できました

自費出版で本を出版する場合、その売上印税で費用回収を図るのは賢明ではありません。

でも、本業の売上アップにつなげることを目的とするとどうでしょうか?

高松さんの場合は本の出版が集客やブランディングにつながり、結果として
「出版にかかった費用の回収はできました」
とおっしゃっています。

 

地域の方に愛されている整体院であるのはもちろん、それに加えてオスグッドをはじめとした成長期の体に関する悩みに強いというプラスポイントが福岡らくらく整体院の好調の秘訣のようです。

 

他との違いは発信してこそ意味がある

差別化が大切というのはよく聞いたことがある話です。

でも、他と違うということだけでは意味がありません。

 

情報を発信して、利用者に
「ここは他と違う」
ということをわかってもらう必要があります。

 

今回は、整体院の高松さんの話を紹介しましたが、高松さんは来院される方の悩みから自分の強みを見つけました。

そして、同時にそれをメルマガ、ブログ、そしてなにより本を通じて発信してきたことにこそ意味があるのではないでしょうか。

 

そして、強みの発信以前に、まず地域に根差した愛される整体院であることを忘れてはいけません。

基本ができた上での強みのプラスアルファということですね。

今回は高松さんにたくさん勉強させていただきました。

 

 

投稿者プロフィール

梶田洋平
梶田洋平
出版ベンチャー企業「ラーニングス株式会社」の代表取締役。

大学卒業後は証券会社に入社し、2つの支店で法人、リテールの営業活動に尽力。
5年弱勤めて退社した後、出版事業を手掛ける会社を起ち上げる。

これまで自身が著者で出版した本は16冊、読んできたビジネス書は3000冊以上。

『出版を変える、出版で変える』を合言葉に、はじめて本を出版する企業や個人事業主の方を対象とした事業を展開。
出版でビジネスを加速させるお手伝いに力を入れる。

好きな本の分野は経営者の自叙伝やマーケティング、経営に関する実用書。
愛知県名古屋市出身。趣味は読書とスポーツ観戦。

近著:
「7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本」(2017年ソーテック社)
「7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本」(2018年ソーテック社)
「いちばんわかりやすい 60歳で2000万もらうiDeCo年金のはじめ方」(2019年ソーテック社)
「世界一やさしい 株・FX・投資信託の教科書」(2020年ソーテック社)

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG