企業が競合他社と差を付けるためには、差別化戦略する必要があります。実際に差別化戦略を行い、成功を収めた大手企業は少なくありません。

しかし、差別化戦略にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。そこで、メリットとデメリットの両方を理解した上で、適切な手法を採用することが大切です。

本記事では、差別化戦略のメリットやデメリット、具体例や実際の大企業の成功例などをご紹介します。

差別化戦略とは

そもそも「差別化戦略」とは、自社の商品やサービスが、他社とは大きく異なることをアピールする行動のことです。効果的なアピールのためには、自社の機能や品質、デザインなどを消費者に理解してもらわなければいけません。

具体的には、ブランディングやプロモーションが差別化戦略に該当するでしょう。

商品やサービスが身の回りにあふれている現代において、多くの消費者はどの企業のものを選ぶべきか迷います。そんな時、自社が選ばれるようにするためには、差別化戦略が必要不可欠なのです。

多くの消費者が「○○を買う時は□□社が定番だ」と思うようになった時、差別化戦略は成功したといえるでしょう。そのためには、一般消費者を味方につける必要があります。

差別化戦略のメリット

ではここから差別化戦略のメリットについて紹介していきます。

差別化戦略の1つ目のメリットは、自社の強みが明確になることです。差別化戦略には他社との比較が不可欠であり、市場分析を徹底的に行う必要があります。比較や分析の中で、おのずと他社と違うポイントが見つかり、自社の強みを発見するきっかけになるでしょう。

強みだけでなく、弱みを見つける機会でもあります。強みを活かして弱みを改善することで、商品やサービスの質を向上できます。

2つ目のメリットは、価格競争に巻き込まれないことです。他社との違いを出す方法として、価格を下げることは1つの方法ですが、価格を下げると儲けが減って利益に反映されにくい状態になります。商品やサービスの質が落ちる可能性もあるでしょう。

しかし、価格以外の点でしっかりと他社との違いを示すことで、価格を下げなくても商品が売れるのです。

差別化戦略のデメリット

ではここから反対に差別化戦略のデメリットを紹介します。

差別化戦略の1つ目のデメリットは、価格が高くなる可能性があることです。他社との差別化を図るためには、付加価値を新たにつけていくことが大切です。しかし、付加価値をつけることによって、従来の価格を上げる必要性が出てきます。そうなると顧客が離れて、自社よりも低価格な商品やサービスへと移ることが予想されるでしょう。

差別化戦略によって、かえって顧客を失う可能性があるのです。

2つ目のデメリットは、差別化戦略が成功するかどうか予想しにくいことです。自社のイメージを変えるために商品パッケージやロゴを変更したとしても、「以前のほうが好きだった」と思われるとイメージダウンにつながります。

企業側の思いと顧客の思いが一致するとは限らないことが、差別化戦略の難しいところです。

差別化戦略の具体例

差別化戦略の具体例としては、商品デザインやパッケージのリニューアルが一般的です。消費者にとって最も分かりやすい方法であり、変化に気づいてもらいやすいでしょう。成功すれば、イメージアップにつながります。

また、商品やサービスの質を上げることでも差別化が図れます。新しい機能を追加したりサービス内容を充実させたりすることで、顧客満足度をアップさせましょう。

企業の認知度を上げるために、CMに有名タレントを起用する手法もあります。より多くの人に自社や商品、サービスを知ってもらうには、有効な手段です。

さらに、手厚いサービスをつけてアピールする方法もあります。たとえば、送料無料やアフターケアなどが考えられるでしょう。

ブランドイメージを立ち上げる

他社との差別化には、「ブランドイメージ」の立ち上げも効果的です。ブランドイメージとは、商品・サービスと企業が、「○○といえば□□会社だ」というように結びつくようになることを指します。

ブランドイメージの確立には、テレビCMやロゴマークなどが効果的です。

消費者にブランドイメージが浸透することで、商品を購入する時に自社を思い出してもらえます。そして差別化を図ったり、リピーターを獲得したりできるのです。

差別化で成功を収めた大手企業

効果的な差別化によって成功を収めた大手企業は少なくありません。誰もが知っているような有名な会社は、きちんと差別化戦略したことで成功したともいえます。

そこでここからは、実際の成功例を4つご紹介します。

スターバックスコーヒー

コーヒーチェーンとして、比較的価格設定が高いスターバックスコーヒー。しかし非常に人気で、全国に数多くの店舗を出店しています。価格が高いにもかかわらず、なぜ成功しているのでしょうか。

その秘密は、コーヒーの品質と、店舗のインテリア・エクステリアにあります。コーヒーの品質にこだわり、インテリアやエクステリアに高級感を持たせたことで、消費者の心を掴んだのです。

今では、「スターバックスコーヒーでコーヒーを飲むこと」自体に価値を感じている消費者も、少なくありません。

ワークマン

ワークマンは、作業服を始めとするワークウェアを販売している大手企業です。以前は、作業服をメインとしておりターゲットが絞られていました。

しかし、新たにアウトドアウェアを手掛けるようになり、ターゲットが一気に広がったのです。また、高品質・低価格であることも特徴的です。

ワークマンがアウトドアウェアを販売する以前は、アウトドアウェアの多くは高品質で高価格でした。しかし、高い品質を維持したまま、低価格で販売することに成功したのです。

モスバーガー

モスバーガーといえばハンバーガーショップのチェーン店ですが、非常に大きな競合企業があります。それば、「マクドナルド」です。マクドナルドは、オペレーションを簡易化するためにメニュー数を減らしています。また、回転率が高くなる内装にすることで、薄利多売を目的としていました。

この形態を真似するのでは、マクドナルドとの差別化は図れません。そこでモスバーガーは、マクドナルドとは違いメニュー数を増やしました。また、居心地の良い店内にこだわり、見事に差別化戦略を成功させたのです。

ファミリーマート

今や全国に数え切れないほどあるコンビニは、大手企業が多く競争が激戦化しています。そんな中、ファミリーマートがコンビニ大手にまで成長した理由には、差別化戦略の成功があります。

ファミリーマートが実践した差別化は、「店内環境の整備」でした。積極的にイートインスペースを設置することで、多くの顧客を獲得したのです。コンビニ最大手である「セブンイレブン」に、商品開発で勝負することは難しいと判断しましたが、店内環境で差を付けることに成功しました。

業種問わず差別化にチャレンジできる「出版」

以上のような差別化戦略の成功例を紹介しましたが、これらの企業は以前からある程度の成功をおさめていました。それゆえ、資金や人材が豊富にあり、様々な手法にチャレンジしやすかったといえます。

しかし、これから成長したいと考えている企業の場合は、大規模な方法に挑戦しにくいでしょう。

そこで、業種問わず差別化にチャレンジしやすい差別化戦略として、「出版」があります。企業が本を出版することで、事業に対する誠実さをアピールできるのです。

また、消費者に自社の本を読んでもらうことで、企業の内容やサービスについて深く知ってもらえます。ただ単に知名度が上がるだけでなく、深い部分まで知ってもらうきっかけになるでしょう。

まとめ

ここまで説明してきたように、企業が成長して生き残っていくためには、効率的に自社が他社より優れている点をアピールする差別化戦略がとても重要です。競合他社と同じような商品やサービスを展開しても、消費者の興味を引くことはできません。付加価値を付けたりパッケージを一新したりして、イメージアップを目指すことが必要なのです。

大々的な宣伝が難しい場合は、本を出版するという方法もおすすめです。ただ単に知名度を上げるだけではなく、深く自社を知って貰えるチャンスでもありますよ!ぜひ検討してみてください。

自社の強みを、最大限アピールできる方法で他社との差別化を図りましょう。

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

【無料】出版サービス資料

出版マーケティングサービス資料
一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版にかかる費用や弊社のサービスについてより詳しく理解していただくために、資料を用意しました。

資料では弊社やお客様が実際に出版に取り組んで

・気が付いたら自分の本が出版できていた
・一緒にビジネスをやりませんかというお誘いを受けた
・興味を持ってくださる方が集まった
・仕事が広がった

といったように出版マーケティングの効果を実感していただいたサービスを紹介しています。

過去に出版した書籍の試し読みPDFも用意しておりますので、ぜひ貴社のビジネスの発展のためにお役立てください。
>無料資料はこちら

無料資料はこちら

無料資料を用意しました。 あなたの会社に出版の力をプラスするために、ぜひご活用ください。

CTR IMG