代表者プロフィール

【個別指導塾の出版】自分の半生ではなく、今の仕事の本を出版しよう

 

「あなたの半生を本にしてみませんか?」
「波乱万丈の人生だから本にして伝えましょう」
といった謳い文句で宣伝をしている自費出版会社は多くあります。

本を出版したいと考えている人はいるかもしれませんが、現役の働く世代からすると「自分にはまだ早い」と考える人が多いのではないでしょうか?

今回は自身の半生をまとめるのではなく、集客やブランディングのために本を出版した個別指導塾の塾長の事例を紹介します。

 

横浜市本牧で個別指導塾を経営する村田さん

横浜市本牧で「ひざくら学習塾」を経営する村田明日森さんは、主に小学生から高校生を対象に1対1または1対2のスタイルで指導しており、一人ひとりに合わせたきめ細かい教育が地域でも話題になっています。

 

そんな村田さんは、毎日ブログを書き続けるなど情報発信にも熱心に取り組んでいます。

これまでも、本の出版に興味はあったようです。

 

「これまでにもいくつか他の出版社からも声をかけてもらっていました。
また新聞広告でも「あなたの半生を本にしてみませんか」と謳った言葉を見てきましたが、せっかく本を出版するなら「私の人生はこうでした」というような内容の本ではなく、お子さんや保護者の方々に響くような、もっとビジネスライクな集客に繋がるような本づくりを目指したいと思っていました。」

と、今回初めての本の出版にチャレンジを決断してくれました。

村田明日森(むらたあすもり)
1966年学習塾を営む両親のもとに生まれる。早稲田大学を卒業後に学習塾での講師経験や高校での教職経験をもとに、自宅で学習塾を立ち上げる。横浜本牧で開業した「ひざくら学習塾」では、大手にはない一人ひとりに寄り添った教育を実践するとともに、地域の活動にも積極的に参加している。「社会全体で、子供を育てる」事を目標に掲げ、小学生、中学生、高校生に限らず、大人の生涯学習に日々取り組む。

 

 

コロナ禍で集客が低調になりつつ出版の準備を進める

ただ、経営のみならず自身も教える立場であるため、執筆に割ける時間も少なく執筆には苦労されたようです。

村田さんに話を聞くと、

「今まで毎日ブログを書いていましたが、それを2日に1回にして、本の執筆に時間を割きました。またコロナの影響で生徒さんの数が減ってしまい残念でしたが、そのおかげで執筆作業にたくさん時間を費やすことができました」

と、コロナ禍で教室が思うように開けない時期に筆を進めていかれたようです。

対面の学習塾という業態を考えると、コロナ禍は本当に大変だったことが想像できますが、そんな時期こそ逆にチャンスと捉え執筆を進めたとのこと、本当に頭が下がります。

参照>>【「個別指導塾」の魅力を発信】一人ひとりに寄り添った教育を実践する塾長の自費出版事例

 

本を活用して

本来、学習塾は4月が入塾者が増えるタイミングですが、その時期にコロナ禍が直撃しました。

その間に準備を進めて8月に出版、その後コロナが少し落ち着ていてきたタイミングでは、体験入塾の希望者に本を手渡すなどして活用しているようです。

実際、本を読んで入塾を決めてくれる方も多いとのことで、コロナ禍の準備が少しずつ成果につながってきているようです。

 

ずっと使えるからこそ意味がある

本を広告代わりとして出版したいですという相談をよく受けます。

確かに、本は集客やブランディングという広告効果が期待できます。

しかも本の場合、一般の広告ではなかなか得られない効果もあります。

 

それは、長く使えるという効果です。

極端な話ではありますが、読んでもらえなかったとしても「本を出版したことがある」というのは一つの実績として残り続けることになります。

広告だと費用をかけたそのタイミングのみしか効果がないケースが多く、すぐに損得の結果が得られますが、損になればそれは戻ってこないお金となってしまいます。

 

また、今回紹介した個別指導塾を経営する村田さんのケースのように、地域に根差した事業展開している人にとって口コミや紹介が集客のためにはとても大切になります。

 

「あそこの先生は本を出版しているんだよ」という口コミにつながるような本の出版、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

投稿者プロフィール

梶田洋平
梶田洋平
出版ベンチャー企業「ラーニングス株式会社」の代表取締役。

大学卒業後は証券会社に入社し、2つの支店で法人、リテールの営業活動に尽力。
5年弱勤めて退社した後、出版事業を手掛ける会社を起ち上げる。

これまで自身が著者で出版した本は16冊、読んできたビジネス書は3000冊以上。

『出版を変える、出版で変える』を合言葉に、はじめて本を出版する企業や個人事業主の方を対象とした事業を展開。
出版でビジネスを加速させるお手伝いに力を入れる。

好きな本の分野は経営者の自叙伝やマーケティング、経営に関する実用書。
愛知県名古屋市出身。趣味は読書とスポーツ観戦。

近著:
「7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本」(2017年ソーテック社)
「7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本」(2018年ソーテック社)
「いちばんわかりやすい 60歳で2000万もらうiDeCo年金のはじめ方」(2019年ソーテック社)
「世界一やさしい 株・FX・投資信託の教科書」(2020年ソーテック社)

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG