代表者プロフィール

「本を読んで来ました」赤裸々な告白で遠方からも入塾希望者が来る塾の話

「本を出版している塾」と聞くと、子供を通わせている親御さんにはどのようなイメージを持ってもらえるでしょうか?

きっと
「信頼できると思う」
「ノウハウをたくさん持っている塾だろう」
といったプラスのイメージを持ってもらえるはずです。

今回は、学習塾が本を出版する場合について深堀りしていきます。

 

塾長が赤裸々に過去を告白

塾が本を出す場合、著者は誰になるでしょうか?

塾の名前を著者とする場合もないわけではありませんが、基本的には塾の経営者(塾長)が著者となるはずです。

今回紹介する東京都調布市にある塾、調布ゼミでも塾長の薄井氏が著者として本を出版することになりました。

 

基本的に塾が本を出版するとなると
・こんな考えで塾を経営していますといった方針
・こういった年齢の子にはこんな指導が効果的といったノウハウ
・成績が伸びた事例を紹介する内容
上記のようなコンテンツを本としてまとめて出版するケースが多いのではないでしょうか。

 

もちろん、上記のようなコンテンツは集客や塾のブランディングとして効果的であることは言うまでもありません。

 

でも、調布ゼミの薄井氏の場合は少し違った本を出版します。

それが「大丈夫。君はやれる。不登校、パーソナリティー障害、発達障害の君たちへ。」という本です。

参照>>【個別指導】居場所のない子供達の為に塾を開く社長の自費出版事例

 

引きこもりだった塾長だからこそ、出版で得られた効果

なんと薄井氏は学校が嫌いだった過去や引きこもりだったこと、さらには発達障害と診断されたことなど、それまであまり人に言ってこなかった過去の話を本にまとめて出版したのです。

 

過去を赤裸々にまとめて出版するとどうでしょう?

薄井氏の知人からは
「お前そんな奴だったのか」
という驚きの声が多数届き、同時に発達障害やパーソナリティー障害の子の親御さんからの問い合わせが増えたと言います。

 

最近ではパーソナリティー障害といった言葉は認知が広がってきていますが、まだまだ悩んでいる方は多く、特に親御さんにとっては相談できるところが少ないこともあり、大きな悩みとなっているようです。

そこで、薄井氏の本を読んで遠方から問い合わせをしてきてくれるという流れにつながったようです。

 

トップが赤裸々に情報を発信する価値

今回は塾の経営者でしたが、塾に限らずその会社のトップが本を出版するということには多大なメリットがあります。

昔は経営者が本を出すというと、いかにも「俺はこうして成功したんだ」という自叙伝が多かったですが、最近は赤裸々に過去を告白するタイプの本が増えています。

 

こうした本の場合、著者に共感してくれることが信頼につながり、結果として問い合わせなどにつながっていくようです。

 

会社のトップが出す本は必ずしも、集大成のような自叙伝でなくてもよいわけですし、それこそ弱いところを見せてしまうのも一手ではないでしょうか。

もし、仕事につながる本を出版したいということであれば、多かれ少なかれ、トップの人となりが伝わるようなコンテンツを本に含めることを強くおすすめします。

 

上手な文章が書けることがよいことではない!?

ちなみに、経営者は忙しいので、原稿執筆にはライターを使うケースが多いです。

でも、薄井氏はそれをしませんでした。

「上手な文章でなくてもよく、とにかく自分の言葉で伝えてみたい。本を書いてみたい」という意向からそうなったのですが、結果としてしっかりと入塾希望者の増加につながっているのでよい選択だったと言えるのではないでしょうか。

 

「とてつもなく成功者というわけでなくてもよい」
「文章が必ずしもうまくなくてもよい」
とおっしゃる薄井氏の話を聞いていると出版することへのハードルは大きく下がりますね。

 

1冊目の出版後、2冊目へ

実は薄井氏は1冊目の出版後しばらくして2冊目の出版プロジェクトを開始しました。

「え?そんなに何冊も出版するものなの?」
と驚かれる方も多いかもしれませんが、1冊目の出版後に2冊目、3冊目と出版を進めるケースは決して珍しくありません。

というのも本は1冊にあれもこれも詰め込んでしまうと何を伝えたい本かわかりづらくなってしまうためです。

 

それぞれの本において、ターゲットと伝えたいことを明確にして、別のターゲットや別に伝えたいことがあれば、それぞれについて本を出版していくというのが効果的な出版方法と言えるでしょう。

 

実際、出版している著者を見ると、2冊、3冊と出版し続けているケースが驚くほど多いものです。

薄井氏の場合、2冊目は「方法論」について、つまり勉強のノウハウについて紹介する本ということです。

1冊目とはまた違った趣で完成が楽しみです。

 

コンテンツを発信しよう

塾は本との相性がよいので、マーケティングやブランディングのためにぜひ出版をおすすめしたい業種です。

ただ、塾に限らず会社のトップ(経営者)であれば、
・自身や会社の沿革について
・会社のノウハウについて
といったコンテンツを発信してみてはいかがでしょうか?

 

伸びている会社は、ほぼ例外なく情報発信に熱心に取り組んでいると言われますが、本となると少し遠慮してしまう人も少なくありません。

気軽に出版できる方法も増えてきておりますのでご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

ご連絡、心よりお待ちしております。

 

投稿者プロフィール

梶田洋平
梶田洋平
出版ベンチャー企業「ラーニングス株式会社」の代表取締役。

大学卒業後は証券会社に入社し、2つの支店で法人、リテールの営業活動に尽力。
5年弱勤めて退社した後、出版事業を手掛ける会社を起ち上げる。

これまで自身が著者で出版した本は16冊、読んできたビジネス書は3000冊以上。

『出版を変える、出版で変える』を合言葉に、はじめて本を出版する企業や個人事業主の方を対象とした事業を展開。
出版でビジネスを加速させるお手伝いに力を入れる。

好きな本の分野は経営者の自叙伝やマーケティング、経営に関する実用書。
愛知県名古屋市出身。趣味は読書とスポーツ観戦。

近著:
「7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本」(2017年ソーテック社)
「7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本」(2018年ソーテック社)
「いちばんわかりやすい 60歳で2000万もらうiDeCo年金のはじめ方」(2019年ソーテック社)
「世界一やさしい 株・FX・投資信託の教科書」(2020年ソーテック社)

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG