代表者プロフィール

商業出版27冊を経験した著者が自費出版にトライ!その魅力とは!?

書店に並んでいる本の多くは商業出版です。

商業出版の本は、出版社が企画し、著者を探して本を書いてもらう、という流れで出版社メインでプロジェクトが進んでいきます。

一方、自費出版では、主に著者自らが企画を考えて出版プロジェクトを進めていきます。

 

今回は、これまでに27冊の商業出版経験がありながら、自費出版にチャレンジしていただいたフリーランス講師の石原鉄郎さんにお話を伺いました。

石原鉄郎
危険物取扱者、消防設備士、1級ボイラー技士、建築設備士、建築物環境衛生管理技術者、エネルギー管理士、電気主任技術者ほか。ビル管理会社、不動産会社を経て、現在はフリーランス講師。ビル管理、施工管理、電気関連の技術系国家資格の受験対策講習会や収録、特別教育などに年間100日以上登壇している。大手資格予備校のweb講座、大手通信教育会社の指導講師も務め、技術系国家資格の著書も多数発刊している。また、著書以外にも多数の技術系資格の書籍の執筆、校閲、校正業務にも携わる。

 

これまでは資格試験に関する書籍を多数出版

石原鉄郎さんはフリーランスの資格講師の仕事をメインとしていますが、最初はセミナー会社に登録した講師だったと言います。

資格をとったもののそれを直接仕事として活かすのではなく、資格試験の講師として活動したところ、出版のオファーが来て、以降はとんとん拍子に本を出し続けていつのまにか27冊もの本を出版するようになっていったとのこと。

 

最初の1冊をきっかけに次々と別の本の執筆依頼も来るのは珍しい話ではなく、実際、出版社の編集者は著者をアマゾンなどで探すことも多いと聞きます。

 

一冊本を出版していれば、「本を書ける人である」というお墨付きがあるようなものです。

商業出版の著者を探す際には、それこそ立派な実績よりも過去に本を出版しているかどうかが重要視されるケースが多いと言えます。

 

書きたい本を書いた

最初の1冊の本を皮切りに資格試験に関するテキストや本を商業出版で出版し続けてきた石原氏ですが、今回はあえて、著者自身の費用負担が伴う自費出版に取り組んでいただきました。

この理由について石原氏にお伺いすると、

ずっと自分の好きなように本を作成してみたいという気持ちがあったので挑戦してみようと思いました・・・(中略)・・・人生でくすぶっている方に向けて、「こんな道もあるよ」と自分のこれまでの人生の事例を出して指南するような内容にしました!」

とおっしゃっていただきました。

 

自費出版はその名の通り費用を著者が負担することもあり、そのぶん自由度が高く、伝えたい想いを込められる点が大きなメリットとなります。

 

自費出版のイメージが変わってきている

自費出版と聞くとどんなイメージを持つでしょうか?

句集や写真集などを趣味で制作して、知人などに配るものを想像する方が多くいるのではないでしょうか?

実際、私(梶田)の祖父も、趣味の俳句の本を自費出版で出版したことがあります。(下記写真参照)

 

 

そして、最近は昔と比べて、自費出版のイメージや実態も変わってきています。

石原氏も以下のようにおっしゃっています。

「昔は“自費出版”というと、自分で自伝などを出版してみんなに無料で配るみたいなイメージがありましたが、最近だとAmazonでしっかり販売もしてくれます。

“自費出版”という言葉のイメージがなんとなく悪いので、自分で自由に企画して本を作れるということで「自企画出版」と捉えていただければいいかなと思います」

 

高額費用を後から請求されたり、また、費用を支払ったのに潰れてしまったというような会社もあります。これらのことから、自費出版にはこれまで負のイメージを持つ方が多かったのは否めません。

ところが最近は、仕事に活かす本や商業出版としては実現できない本を自ら企画して出版するケースが着々と増えてきているのです。

 

自企画出版にチャレンジしてみるのもよいかも

これまで自費出版というだけであまりいいイメージを持っていなかった方も多いかもしれませんが、自費出版は企画内容を自身で決められて、ビジネスを加速するために多いに役立つものであると考えています。

石原氏も、

「特に自分で会社経営をしているような方でしたら、本を一冊出版しておくと自分の営業に使えたり、PRにもなるのでぜひ自費出版に挑戦すべきだと思います。

HPに何百万円かけるよりかは、本一冊を出版している方がブランディングにも繋がると思います」

とおっしゃっていただいておりますが、経営者や士業の方などには本当におすすめです。

 

まずは、どんな企画が貴社のビジネスの加速に役立ちそうか考えてみていただけたら幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

投稿者プロフィール

梶田洋平
梶田洋平
出版ベンチャー企業「ラーニングス株式会社」の代表取締役。

大学卒業後は証券会社に入社し、2つの支店で法人、リテールの営業活動に尽力。
5年弱勤めて退社した後、出版事業を手掛ける会社を起ち上げる。

これまで自身が著者で出版した本は16冊、読んできたビジネス書は3000冊以上。

『出版を変える、出版で変える』を合言葉に、はじめて本を出版する企業や個人事業主の方を対象とした事業を展開。
出版でビジネスを加速させるお手伝いに力を入れる。

好きな本の分野は経営者の自叙伝やマーケティング、経営に関する実用書。
愛知県名古屋市出身。趣味は読書とスポーツ観戦。

近著:
「7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本」(2017年ソーテック社)
「7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本」(2018年ソーテック社)
「いちばんわかりやすい 60歳で2000万もらうiDeCo年金のはじめ方」(2019年ソーテック社)
「世界一やさしい 株・FX・投資信託の教科書」(2020年ソーテック社)

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG