不動産会社が企業出版するメリットは?得られる効果を解説!

最近の不動産は住宅としてだけでなく、富裕層の投資先としても大いに注目を集めています。

しかし投資に対する不安、および各不動産会社の違いが分からないといった悩みから、不動産投資に興味を持ちつつも実践に踏み切れないという人が少なくありません。

こうした層に効果的なアプローチをし、やがて自社の顧客となってもらうには、企業出版を用いたブランディングが非常に有効です。

本記事では企業出版が不動産会社に適している理由を様々な角度から解説していくので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

不動産会社が企業出版するメリット

不動産会社の成長に最も大切な「認知度」と「信頼性」を向上させるうえで、企業出版以上に着実な成果を見込めるブランディング手法はまずありません。

また、本を通じて自社が広く知れ渡れば、顧客の増加に加えてターゲット層そのものを拡大していくことも可能です。

会社のブランディングができる

特定の商品・サービスを宣伝する「マーケティング」に対し、ブランディングは企業そのものの注目度アップを主目的とした事業です。

高額商品の取引においては商品そのものと同じくらい販売元の情報も重視されるため、不動産会社が利益向上を目指すうえでブランディングは絶対に欠かせません。

企業出版では創業理念や開発エピソードなど、読者の感情に訴えかける要素を書中の随所に盛り込むことで、効率的に自社のファンを増やしていくことができます。

そうして企業イメージが上がれば新規顧客の獲得を見込めるだけでなく、既存客からのリピート率も格段に上昇することでしょう。

また、企業ブランディングは身内に対しても効果があり、既存のスタッフらの勤労意欲が上向くのはもちろん、熱心な求職者を自社へ誘導することも可能です。

人的資源が増強されることも間違いなく売り上げアップにつながるので、認知度不足にお悩みの方はぜひ企業出版を検討してみてください。

新たな層にリーチできる

本による企業ブランディングは、ウェブ媒体や交通広告などに比べてはるかに効果が長続きします。

事業の幅を広げる際や全く新しいビジネスを始める際、企業出版で培った自社のネームバリューが新たな客層からの注目をただちに集めてくれるため、改めてブランディング手法を模索する必要がありません。

また、すでに自社のファンとなっている顧客は大抵新事業にも興味を持ってくれるため、新しい市場でもある程度スタートダッシュを切ることが可能です。

企業出版は百万円単位のお金を要するプロジェクトですが、将来の市場拡大にかける手間を大幅に抑えられると考えれば、十分に元が取れる投資といえるでしょう。

ただし販路の拡大を意識しすぎると本の内容が錯雑としたものになり、本来の顧客・ターゲット層からの関心は薄まってしまいます。

将来的に新規ターゲット層の発掘を見据えつつも、まずはターゲット層を絞ったうえで「狭く深く」の情報発信を心がけてください。

信用を得ることができる

日用品レベルの市場であれば、とりあえず商品の購入に誘導した後、口コミなどを通じて事後承諾的に信用を得ることも可能です。

しかし不動産は気軽に買いなおせる商品でないうえ、投資目的となると失敗のリスクが必ずついて回るため、購入させるためには事前に確固たる信頼感を与えなければいけません。

企業出版の本は情報の正誤は厳重にチェックされるため、ウェブサイト等でのブランディングとは比較にならないほどの信頼感を各所に与えることができます。

また事業1つとっても背景から実例まで網羅的に解説でき、顧客や同業者から「透明性のある企業」として認知されやすい点も魅力です。

そもそも本の出版実績がある時点で、「できる企業」というイメージを与えるのに何ら不足はありません。

企業出版の本はセミナーや講演会でも活用しやすく、人脈を広げていくうえでも非常に効果的なアイテムなので、不動産業界で存在感を発揮したいと考えている方はぜひ本の出版による企業ブランディングを検討してみてください。

不動産会社の経営で重要なこと

最大手クラスの企業でもない限り、不動産業で一度に大量の顧客を抱える機会はほとんどありません。

そのため利益を着実に伸ばすためには、客単価のアップや見込み客の育成といった様々な工夫が必要です。

新規顧客獲得

不動産商品は需要の大きさに対して顧客の分母が少ないため、新規顧客を増やす施策が不十分だとあっという間にシェアを失ってしまいます。

企業の認知度で同業他社を出し抜くためには、CMや交通広告といった表面的なプロモーションだけでなく、企業出版などによる網羅的な情報発信が必須です。

また不動産クラスの高額商品を購入してもらうためには、1つ1つの情報が確かな信頼性を兼ね備えていなければなりません。

本は書店の目立つ場所に陳列することでターゲット層に認知してもらいやすく、そのうえ各情報のエビデンスも余すことなく記載されるため、不動産会社のブランディングには最適といえます。

見込み客の獲得・育成

見込み客とは将来的に自社の商品・サービスを利用する可能性がある人を指し、主にメルマガ登録者や資料請求ユーザーなどがこれに該当します。

見込み客を顧客に換えるうえで企業出版以上の手段はありませんが、見込み客そのものを増やすためには展示会などによる積極的なプロモーションが重要です。

また見込み客のさらに一歩手前には、対象の業界に興味があり、かつ自社の存在を知っている「潜在顧客」が多く眠っています。

SNSやブログなどを活用した積極的な情報発信により、この潜在顧客を見込み客へと育成することが、企業出版で着実に成果を挙げるための第一歩といえるでしょう。

客単価のアップ

不動産会社を成長させるうえでは顧客の「数」だけでなく、「単価」を増やしていく作業も避けて通れません。

リフォーム等の付加価値で一契約あたりの粗利を上げるなど、自社のビジネススタイルに応じて様々な施策を試していきましょう。

ただしあまりに利益偏重なイメージを与えてしまうと、既存顧客の離脱につながる点は要注意です。

また各商品に特別な付加価値をつけずとも、価格競争に巻き込まれないことだけ意識していれば客単価は十分に確保できます。

「良いものを高く買ってくれる顧客」を一人でも増やしたい経営者の方は、ぜひ企業出版を通じて自社のファン獲得に挑戦してみてください。

不動産会社は自社ならではの強みを明確にしなければならない

高ければ億単位のお金が動く不動産売買は、一度失敗すると中々取り返しがつきません。

そのため買い手の多くは物件そのものの価値に加え、それを提供する不動産会社の信頼性も入念に見定めてきます。

信頼を得る手段としては誠実な客対応や契約面の明瞭さも大切ですが、それ以前にまず重要なのが「自分のニーズはこの会社でしか満たせない」と顧客に思わせることです。

そのためには自社商品の良さをアピールするだけでなく、他社と何が違うのかをはっきりさせなければいけません。

ブランディングを行う際はまず以下の作業を一通り網羅し、他社との

  • ブランドイメージの確立(広告やサイトのデザイニング、および理念や社史といったストーリー要素の発信)
  • 商品・サービスの唯一化(斬新なシステムや付加価値の創出、および新規ターゲット層の発掘)
  • プロモーション戦略での差別化(企業出版やテレビCMなど、複数のメディアを活用することで情報戦をリード)

また自社の能力を信用してもらうためには、対象の商品・サービスを実際に利用した顧客の声も欠かせません。

自社ならではの強みを明確にしたうえで、それぞれのアピールポイントにどこまで説得力を持たせられるかが、不動産会社のブランディングにおける一番の課題といえるでしょう。

企業出版は自社にマッチしたユーザーを集客することができる

書籍自体のヒットを目指す一般的な商業出版と異なり、企業出版では予めターゲットを絞ったうえで読者に特定の行動を促すための本作りが行われます。

以下の項目を通じて「自社ならではの強み」を企画段階で確立するため、本の内容がブランディング方針とかけ離れてしまう心配はありません。

<企画書作りの際に固めておく要素>

  • 想定読者像
  • 本書を読むメリット、および読者に目指してほしいゴール
  • 同業他社ないし類似書籍との差別化点

実際の原稿作成も出版社の編集が大なり小なりサポートしてくれるため、不動産にあまり詳しくない潜在顧客にも効果的に自社をアピールできます。

また出版前後のプロモーションにおいては本以外の様々なメディアの併用、セミナー等リアルイベントの活用を通じ、ターゲット層に対する訴求の機会を限界まで増やすことが可能です。

企業出版は決して安価なプロジェクトではないものの、しっかり本を作り上げれば顧客の増加によって確実に元を取れることでしょう。

不動産会社が出版する本の利用方法

不動産会社が企業出版を行うと、顧客の増加以外にも様々なメリットを享受できます。

業界内で地位を高めたい、つながりを強めたいという方は、ぜひ企業出版を通じてブランディングに挑戦してみてください。

名刺代わりに使用できる

企業出版本がネット広告などに勝る要素の1つとして、情報をその場で手渡しできるという点が挙げられます。

店舗や展示場などで顧客と対面する際、名刺と一緒に自社の本を紹介できれば、サービスをただ口で紹介するよりもはるかに大きな信頼感を与えられることでしょう。

また目の前の顧客にしか認知されない名刺と異なり、本の存在は口コミなどを通じて際限なく広まっていきます。

すなわち企業出版は多くの見込み客・潜在顧客に対して一挙に名刺を渡せる優れものであり、認知度不足を課題とする不動産会社には間違いなくおすすめのプロジェクトです。

営業ツールとしても利用できる

企業出版本は顧客に対する名刺代わりとしてだけでなく、取引先企業に対する営業ツールとしても活用できます。

新しく営業をかける際、自社の説明に苦心し中々本題に入れないケースも少なくありません。

しかし企業出版本には会社の理念や商品・サービスのイロハが一通り詰まっているため、先方の担当者に一読してもらえば着実に自社への関心を引くことができます。

また本を出版すること自体が業界全体への営業として機能するため、新規開業して間もないなど、各方面へ積極的に出向する余裕がないときにもおすすめです。

本の存在が順調に知れ渡り、複数の企業から仲介の依頼などが舞い込むようになれば、不動産会社として最高のスタートダッシュを切れることでしょう。

話の話題になる

企業出版で本を世に出すと、その実績自体が業界内で大なり小なり話題を呼びます。

そこから雑誌等の取材や経営者同士の対談などに発展することも多く、それらがまた新たな話題となれば自社を長期的に注目の的とすることが可能です。

また本がある程度売れて企業のブランドイメージが向上すれば、セミナーや講演会などの依頼が舞い込んでくることも少なくありません。

それらの席で自社の本を要領よく紹介できれば、人脈の増大をはじめとした様々なブランディング効果が期待できます。

ザイオンス効果を得られる

ザイオンス効果とは、同じものに触れ続けることで自然と好印象を抱くようになる心理現象です。

一般的にはテレビCMを一定期間流し続けたり、同一の営業マンを何度も訪問させたりといった施策に活用されますが、多忙な中でも短期間でザイオンス効果を実感するには企業出版を利用するほかありません。

企業出版本をターゲット層の人々の手元に行き渡らせることは、彼らを自社の情報と接触させ続けるうえでこの上ないアドバンテージとなります。

テレビCMや交通広告に勝るのはもちろん、担当者による直接の営業よりもはるかに早くザイオンス効果を得られるので、特定の顧客や取引先を狙っている場合はすぐにでも企業出版を始めてみてください。

不動産会社は企業出版して他の企業と差をつけよう!

企業出版は自社の信頼性と唯一性を同時に高められるプロジェクトであり、不動産のような高額商品を扱う会社にはピッタリであることがお分かりいただけたと思います。

企業出版に興味を持たれた不動産関係の方は、ぜひ既存の書籍を参考にしつつ「自社にしか伝えられないこと」を探してみてください。

投稿者プロフィール

マーケティング出版プラス編集部
マーケティング出版プラス編集部
学生や子育て中のママなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが所属。

出版をもっと身近に感じてもらうために、自分の家族や友達にも読んでもらえるような、分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けています。

これからも有益な記事を日々発信できるよう、尽力していきます!

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG