CATEGORY

出版後の本の使い方

自費出版でベストセラーになった事例

「自費出版」というと、一般的にはあまり発行部数が多くなく、売れる数は少ないでしょう。 大きな印税を得ることよりも、自分が書いた本を世に出したいという思いを持っている人が多いでしょう。 しかし、必ずしも自費出版でベストセラーが目指せないわけではありません。過去には、自費出版からベストセラーになった書籍がいくつかあるのです。 そこで今回は、自費出版のメリットやベストセラーの書籍、ベストセラーを目指すポ […]

自費出版した書籍の売り方は? 著者自身で販売する方法と出版社に依頼する方法

自費出版とは、出版社が出版の費用を負担する商業出版とは異なり、著者自身が出版費用を負担する出版方法です。 自費出版では、著者自身が書籍の編集から販売まで行う場合もありますが、出版社に費用を支払うことで出版に必要な作業を代行してもらうことも出来ます。 また、書籍の売り方は店舗での販売だけでなくアマゾンで販売することもできます。 今回は、様々なケースにおける本の売り方と宣伝方法をご紹介します。 &nb […]

ランディングページで本を配布してリストを集める方法

本は出版するだけでもブランディングやマーケティング上の効果を得られることもありますが、出版した後の使い方を詳細に考えてプロジェクトを進めることでより効果を発揮しやすくなると言えます。 出版後の使い方には様々な方法がありますが、今回は特にランディングページで本を配布して住所や氏名、会社名やメールアドレスなどの見込み顧客情報(リスト)を集める方法について見ていきましょう。 ※ランディングページとは ラ […]

出版が動画やコンテンツマーケティングにも使える3つの理由

本の出版は、会社経営者や個人事業主の方が自社や自社のサービスを理解してもらうために非常に使い勝手が良いものであることはこれまでにもお伝えしてきました。 実際に、展示会で配布したり、また名刺代わりに使うなど、見込み顧客獲得の為のマーケテイングや信頼の構築のブランディングなどに利用されてきたという背景があります。 ただ、本を出版するのであれば、それだけで終わらせるのではなく、コンテンツを二次利用、三次 […]

【営業ツール・展示会・名刺代わり】出版後の本の使い方3パターン

本の出版プロジェクトをスタートする際は、出版後のことを考える必要があります。 例えば、どうやって本を使えばより効果的かを考えておくことで、内容も固まりやすくなり、より充実した中身にすることができるためです。 また、そもそも本と相性がいい業種とそうでない業種もあります。 本を出版したいと考えたら、まずは一度、出版後のことを想像してみましょう。 ここでは、出版物にはどんな使い方があるのかについて見てい […]

>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG