代表者プロフィール

なぜ、処女作がいきなりベストセラーになったのか

 

企業出版の場合、ベストセラーを狙うことはそこまで多くはありません。

というのも、企業出版はもともとマス向けではなく、特定のターゲットに向けて本を作るためです。

 

ただ、この特定のターゲットのニーズをAmazonを使って調べ、その調査に基づいて本を作ることによってベストセラーとなったケースがあります。

今回は、HAコンサルティング株式会社の西山真一COOの例を紹介します。

 

出版で会社のブランディング

HAコンサルティング株式会社は、マネジメント人材の評価・育成に特化した専門サービスを提供する会社で、コンサルティングや研修の受託を事業として行っています。

 

コンサルティングやセミナーなど、目に見えるものがない商品やサービスの場合、出版によるブランディングは非常に大きな効果を発揮します。

 

もちろん、HAコンサルティングでも起業当初から出版でのブランディングに取り組むことは決めていたようなのですが、忙しさもあり、なかなか取り組めていなかったという現状がありました。

そんな中、弊社からのDMをきっかけに出版でのブランディングを決断してくださったとのことです。

 

Amazonを使った市場調査

出版プロジェクトをスタートするにあたり、西山COOが最初に取り組んだのは市場調査です。

 

これまで、どんな意見や質問をもらうことが多かったかについて社員からヒアリングをするなどしてまとめる一方で、Amazonで類書のレビューを調べていきます。

 

最近、弊社でもプロジェクトをスタートする時に利用させていただくことが多いのですが、類書のAmazonのレビューはいい本づくりのためのヒントがたくさん書かれています。

「〇〇についてもう少し詳しく知りたかった」
「××という書き方がわかりやすかった」
「最も知りたかった△△についての内容が含まれていない」
など、読者のニーズが書かれていることも多く、とても参考になります。

 

このように説明すると、
「いや、私は◇◇という内容が書きたいんだ」
とおっしゃる経営者もいらっしゃいます。

もちろん、決してこれは間違いではありません。

 

ただ、読者のニーズに応える本を作りたい場合には読者ターゲットの方に直接話を聞いたり、Amazonのレビューを見るなどの市場調査が効果的と言えます。

参照:西山先生のインタビューはこちら>>はじめてのプリントオンデマンド本出版がベストセラーになった理由

 

初速が大切。出版後にやるべき販促活動

入念に市場調査をして出版したら後は待つだけ・・・ではありません。

西山COOはフェイスブック広告などのWeb広告を利用したり専門誌に広告を掲載するなどして、販促活動に力を入れていきます。

 

売れる本の場合、Amazonが宣伝してくれることもあり、その後は順調に売れていくのですが、西山COOも

「あらかじめ販促については考えておくべきです。費用も用意しておく必要がありますし、特に出版直後の初速が大切だと考えて販促を展開しました」

とおっしゃっています。

 

出版プロジェクトは、どうしても出版した時点をゴールと考えてしまいがちでそこでホッと一息ついてしまうことが多いのですが、少しでも売れる本にしたい場合は、特に出版直後の販促には力を入れなければいけないと肝に銘じておきましょう。

 

弊社でお手伝いした本でベストセラーになった本のほとんどは、初速に勢いよく売れてくれた本だったという印象を持っています。

 

読者を考えた本づくりが大切

はじめて本を出版する場合には、どうしても書きたいことを優先してしまいがちですで、読者を置き去りにした自己満足本と呼ばれる本を出版してしまうケースが後を絶ちません。

 

出版プロジェクトの最初の段階ではまず、普段どんな質問をよく受けるのかを考えてみることが大切です。

 

その後は、類書のAmazonレビューを見るなどして、読者ニーズを探っていきましょう。

また、自己満足本と言われる本になってしまわないように、NOを言ってくれる人を身近に置くことをおすすめします。

 

弊社の場合、あまりにも読者目線を無視した内容になっている際は担当アドバイザーからアドバイスをさせていただくなどして原稿執筆を進めてもらっていますが、それ以外にも身内に読んでもらって意見をもらうことなどをおすすめします。

身内以外の方だと、当たり障りのない意見しかもらえないことも多いので、正直に言ってくれる身内の意見を大切にしながら執筆を進めていきましょう。

 

読者目線の本ができたら、最後はターゲットとなる読者が使う媒体等に販促活動することで、ベストセラーを狙っていきましょう。

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

梶田洋平
梶田洋平
出版ベンチャー企業「ラーニングス株式会社」の代表取締役。

大学卒業後は証券会社に入社し、2つの支店で法人、リテールの営業活動に尽力。
5年弱勤めて退社した後、出版事業を手掛ける会社を起ち上げる。

これまで自身が著者で出版した本は16冊、読んできたビジネス書は3000冊以上。

『出版を変える、出版で変える』を合言葉に、はじめて本を出版する企業や個人事業主の方を対象とした事業を展開。
出版でビジネスを加速させるお手伝いに力を入れる。

好きな本の分野は経営者の自叙伝やマーケティング、経営に関する実用書。
愛知県名古屋市出身。趣味は読書とスポーツ観戦。

近著:
「7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本」(2017年ソーテック社)
「7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本」(2018年ソーテック社)
「いちばんわかりやすい 60歳で2000万もらうiDeCo年金のはじめ方」(2019年ソーテック社)
「世界一やさしい 株・FX・投資信託の教科書」(2020年ソーテック社)

知識0から本を出版する方法7Step【無料】

一度は本を出してみたいという想いはあるけれど、よく分からないと悩んでいませんか?

出版までの手順を理解していただくために、7つのStepにまとめた資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

といった方にお役立ていただければ幸いです。


>知識0から本を出版する方法7Step

知識0から本を出版する方法7Step


これから本を出版したい方を対象とした資料を用意しました。

・本の出版に興味がある
・どんな手順で出版するのかを知りたい
・これまでに検討したが挫折した
・会社で検討のための資料が欲しい

上記の方を対象としております。
資料で不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。


CTR IMG